2012/01/20

妖狐×僕SS第2話 感想

「淋しがり屋の犬」

なんかしっとりとした始まり方ですけど
今期の変態アニメ枠だから間違えてはいけない。
今回からOPが入りましたけど雰囲気重視な感じかな。

いきなり一反木綿の染み抜きしてる凜々蝶が可愛い。
SSである御狐神の怪我を心配していたりと
既に毒舌が毒舌としてまったく機能してないんだぜ。
一方、御狐神は相変わらずの変態っぷりを発揮。
まあこんな可愛い主人なら世話焼きたくなるのは
分かりますが、焼かれる方は大変ですね。

御狐神と反ノ塚を連れてお買い物に出かけた凜々蝶。
この作品、何気に凜々蝶のモノローグが多いですが、
それが凜々蝶のいい子っぷりを見せ付けています。
そして御狐神は安定して変態ぷりを見せ付けています。
二回言って脅迫するところとかもうね。
妖館に残ってかるたにハァハァしている雪小路さんも
たいがい変態ですが…やっぱ変態アニメだ。

携帯を買いに行こうとして哀れまれる凜々蝶がナイス。
こんなに面白い娘なのに友達いなかったなんて(ホロリ
カタログを手に眼鏡してるところとか超可愛いのに。
でも内心で御狐神に気遣いまくっているところとかは
付き合うにはちょっと重いかもと思わなくもない。

出かけたかるたが夕方になっても帰ってこない!
ということで心配した凜々蝶達は探しに行くことに。
どこかで触手攻めとかなにそれ超見たいんですけど。

風に飛ばされた反ノ塚を追っていたら
なんか緑のキモイ壁に閉じ込められた凜々蝶。
って上から入れるんかい。
しかも塗り壁なんかい。
塗り壁と聞くとやっぱ水木イメージが強いなぁ。

とりあえずぶっ壊して進むことにした凜々蝶は
妖怪の本性を出してあっさり壁を切り裂きました。
角ってことは苗字の通り鬼なのか凜々蝶ちゃん。
妖怪姿が可愛いコスプレにしか見えないのが萌える。

妖館に帰ってきた凜々蝶達は住人総出で出迎えられ
そのまま凜々蝶と御狐神の歓迎会へなだれ込みます。
序盤の話としては定番のオチですけどええ話や…。

ED、最初は乙女ゲーぽくやるのかと思ってたら
途中から凄い勢いで気持ち悪い方向へ行って噴いた。
写真乱舞とかなかなかのストーカーっぷりである。
うんまあ凜々蝶ちゃん可愛いから気持ちは分かるが。

最後は凜々蝶が御狐神へ挨拶メールを送って次回へ続く。
メール慣れしてなくて凜々蝶は実に可愛かった。
予告の御狐神通訳もキャラが立っていて良かったです。

塗り壁登場は唐突でしたけど凜々蝶の可愛さと
御狐神の変態ぷりの相性がよくじんわり面白かった。
話の本筋はわかりませんけど雰囲気は好みな作品です。