手を出したものの感想を書き溜める場所
『厭な小説』京極夏彦 感想
厭な小説厭な小説
(2009/05/14)
京極 夏彦

商品詳細を見る

タイトル通り、厭な小説を集めた短編集でした。
理不尽な不可思議現象という点ではホラー小説に
近いものがあるのですが、読後感としては恐怖より
不快感が強いというなんとも不思議な一冊です。
この発想はなかったわ。

基本的には登場人物の周囲で嫌なことが起こり、
それがじわじわと日常を侵食していって最終的には
登場人物が壊れてしまうという流れなのですが、
これがなかなかバリエーション豊富で飽きないです。
ただ、登場人物だけでなく読者に対してまで
嫌がらせをしているような内容が多いため、
ある程度の覚悟を持って読まないと読んだ後に
ぶち切れして本を燃やしたくなるかもしれません。

私としては面白さと不快さが半々というかんじですが、
こういう不快感を狙って出せる京極さんは流石です。
厭な子供と厭な彼女は物凄くぶん殴りたかったなぁ。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学