手を出したものの感想を書き溜める場所
『跪き、道の声を聞け』ヒキタクニオ 感想
跪(ひざまず)き、道の声を聞け跪(ひざまず)き、道の声を聞け
(2011/03/23)
ヒキタ クニオ

商品詳細を見る

とある広域暴力団体の組長が行方不明になり、
ヤクザの下請け専門の探偵である主人公が
ヤクザの若造と一緒にその行方を探すことに。
捜査を進めていくうちに消し屋や敵対組織、
更にNGOまで絡んできて事態は予想外の方向へ…。

という感じで、主人公が持ち前のタフさと機転で
数々の危機を潜り抜けていくハードボイルド小説です。
主人公が野球賭博に手を染めた元プロ野球選手という
前歴は面白かったですし、そこが少しひねた性格や
物語のラストへ繋がっていたりするのも良かったです。

最近は経済ヤクザをテーマにした小説も多いですが、
この作品は更に一歩先を書いた内容になっています。
ヤクザと海外NGOを絡めて見せたのは新鮮でした。
ヤクザサイドが昔ながらの人情重視なのに対して
ホワイトカラー側が金の亡者みたいに描写されるのは
ヤクザ物の宿命のような書かれ方ではありますが、
それでも人情重視なヤクザって好きなんですよね。

それなりに経験豊富で抜け目のない主人公と
未熟で馬鹿だけど憎めないヤクザの若造という
組み合わせは定番ですが読みやすかったですし、
二転三転する話の展開にも振り回されっぱなしで
最後まで目が離せないまま読み終わりました。
終わり方も実にハードボイルドだったと思います。

読み終えてみるとタイトルが非常に深く感じるなぁ。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学