手を出したものの感想を書き溜める場所
『学☆王 THE ROYAL SEVEN STARS』体験版 感想
公式はこちら。
学☆王- THE ROYAL SEVEN STARS - 応援中!
ちょっと変な学園物を出し続けている中堅メーカー、
Lump of Sugarの最新作をプレイしてみました。
原画の梱枝りこさんはケロQ系の印象が強いですね。
個人的にケロQ系の原画陣は好みだったりするのですが、
金髪ツインテがみんな同じに見えてしまうのが難点。

宇宙人の王子様が学生生活を送るために
巨大学園都市にやってきたところから始まる今作。
しかし主人公が所属する学園は学生が7人しかおらず、
更には学園都市全体に関わる陰謀に巻き込まれて…。

という感じで初っ端から飛ばしてる設定が満載ですが、
いい意味でカオスな雰囲気があって私は気に入りました。
異星人、学園都市、学校復興のうちどれか一つだけでも
十分ネタになりそうなのに詰め込んでいるところが面白い。
ただ、今のところは設定紹介でガンガン押していますが、
それらを上手くオチに繋げられるかは不安要素です。
舞台もキャラも癖が強いだけにどうなることやら。

主人公は真っ直ぐないい奴タイプで押しが強く、
ヒロイン達とのやり取りはストレスなく楽しめますね。
王子様という設定ですが品のいい江戸っ子みたいなノリ。
ヒロイン側もツンデレ、元気馬鹿、純粋無垢、知的と
一通り揃っていてバランスが取れているように見えますし、
男サブも賑やかし役としてしっかり仕事をしています。
ライターがクルくるの人だけあってテンポのいい
ボケ突っ込みで押しまくるのは似ているような気が。
今のところはシリアスシーンでも結構軽めのノリですが
適度に軽いまま最後まで行く方が雰囲気に合ってるかも。

ヒロインについてもう少し詳しく。

初対面ではキツめのツンデレっぽい近衛 光莉。
一歩間違えればやり過ぎになりそうなキャラですけど、
世話好き要素やヘタレ要素も書かれていたのでセーフです。
むしろボケキャラが多い作品だけに、この娘がちゃんと
突っ込んでくれないと安心できない気がしてきました。
でもエロネタには弱い。

元気でお馬鹿な天宮寺・アクアリウス・海月。
エロゲだと悪友系ヒロイン属性になるのかしらん。
主人公と一緒に日常イベントを引っ張る役でもあります。
光莉と同じくエロネタには弱い。

年下担当アンネマリー・ローエンシュタイン。
ツンデレではなく純粋無垢担当な金髪ツインテール。
ボケ担当ですが基本的に純粋なので見ていて癒されます。
ヒロインというよりはマスコット枠な気もしますが。
エロ知識は薄いけどおっぱいは大きい。

年上ロリ担当の黛 比奈夕。
クールで頭脳明晰で年上ロリというストレートなキャラ。
無表情というわけではなく表情が少ないという感じで、
喜怒哀楽自体は割と分かりやすい娘だと思います。
公式でドSって書いてあるけどそれほどSには見えない。
エロ耐性はそれなりにある?

まとめ。
変な学園物というのが狙いなら当たっているかも。
全体としてはほのぼのした雰囲気で進みつつも
裏では何か大きなことが動いている描写もあったりして、
最終的にどういうオチになるのか気になる内容でした。
体験版として作品への引き付けには成功しているのか?
私的には強烈な魅力のある娘がいないのが惜しいですが、
一応、1月の購入候補の一つとしてメモっておきます。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム