2011/12/13

『鉄駆ギア』体験版 感想

公式はこちら。
鉄駆ギア
今回は同人ゲームの体験版の感想です。

内容はタイトルからも分かるようにバリバリのメカSF。
舞台はお約束の高度な機械化文明が発達した世界。
そこで脳以外機械化された主人公がある女の子と出会い、
敵側の機械たちから狙われることになるという流れです。
分かりやすい王道ゆえにとても入り込みやすい展開で、
このままアニメ化できそうなぐらい手堅く纏まってます。
ペットに生身の犬がいるというのもお約束か。

主人公はもともと現代日本人で、コールドスリープ後に
改造されたという設定のおかげで感情移入しやすいです。
メンタル面が現代風なのもこの設定で説明できますね。
人間と機械が争っているという世界観のせいで
若干疑り深さはありますが、決めるところは決めます。
体験版終盤で女の子を助けるシーンは純粋に熱い。
でも戦闘でついかっこつけてしまうのは中二病っぽい。

戦闘は純粋にかっこいいですね。
等身大のメカ戦闘でも巨大ロボのメカ戦闘でも
いかにも機械っぽい戦闘方法で雰囲気が出ていますし、
一枚絵や立ち絵を大量に使った演出も素晴らしいです。
やっぱロボのカメラアイがグルグル動いていると嬉しい。
某オルタほど立ち絵が移動するわけではないのですが、
純粋に絵の量が多いため迫力では決して負けていません。
もともとは3D畑だった人たちで作っているらしく、
複雑なメカ絵も大量投入できるのは大きな強みですね。
音楽もメタリックな感じでいい仕事しています。

まとめ。
メカSF物としては涎が出そうになるぐらい面白かった。
このかっこ良過ぎるバトルは一見の価値ありです。
バックログ枠が狭過ぎてちょっと使い辛かったですが
そこら辺は今後の改良に期待というところでしょうか。
ともかく、続きが楽しみ過ぎる作品でした。