手を出したものの感想を書き溜める場所
日産・リーフ 試乗感想
日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞おめでとうございます。

ということで今更ですがリーフに試乗してきました。
このリーフはいわずとしれた日産の電気自動車。
補助金含めて300万という価格の割には航続距離が
200キロ程度というのが大きな壁にはなっていますが、
将来的に距離が伸ばせて価格を抑えられるようになれば
ガソリン車に取って代わる存在になるでしょう。
ガソリンスタンドが滅亡しちゃいそうですけど。

インテリアはちょうどいい感じの未来っぽさ。
先進的ではあるのですが落ち着かないわけでもなく、
あくまで既存の車の延長線上のデザインになっています。
ただ、内装の素材の質感はプラスチック丸出しなので
200万級のセダンと比べても劣るように感じました。
デザインである程度は誤魔化せていますけどね。

メーター周りはガソリン車とは異なっているものの、
ハイブリッド車とはそう大差がない感じですね。
流石にエコ系の表示が多くてごちゃごちゃしていますが、
速度や残り航続距離は分かりやすいので問題はないかと。
運転によってちょこちょこ反応してくれるエコ表示は
ゲーム的な楽しみ方ができるかもしれませんね。
付属ナビでは近場の充電ポイントを教えてくれるので
そう簡単には電気切れにはならないでしょう。

シフトノブはプリウスのようなスティック形式で
パーキングブレーキはシフト後方の爪のような部分。
このパーキングブレーキはまったく手応えがないので
最初はかかってるのかどうか戸惑うと思います。

中から見た車体の見切りについては普通程度かと。
後方については横ラインがないおかげでプリウスや
インサイトよりもスッキリしているように感じました。
広さについても普通のハッチバック程度で語る部分なし。

さて、ここからは走ってみた感想です。

エンジン音がないのにはすぐ慣れそうですが、
それよりもアクセルとブレーキのフィーリングに
ちょっと癖があるのは要注意かもしれません。

通常のガソリン自動車ならアクセルを踏んだ後に
一瞬遅れてスピードが出るのですが、電気自動車は
低速トルクがモリモリあるせいでちょっとアクセルを
踏んだだけでも滑るように走り始めます。
この独特の加速感は爽快ではあるものの、お年寄りが
迂闊にアクセルを踏むとカッ飛んでいきそうな気も。
営業マンさんの言葉では本気だと加速が激し過ぎるので
これでもリミッターで抑えているらしいですが。

ブレーキは踏んだ量と効きが一致していない印象。
アクセルと違ってちょこっと踏んだだけではあまり
効いていない感じなのですが、ある程度以上踏むと
ガツンと効くのでいまいちスムーズに止まりにくい。
同乗者がいる場合は丁寧な踏み方を要求されそうです。
これが回生ブレーキの特性なのか?

意外だったのが結構スポーティに走ってくれること。
街乗り程度しかしていませんが、それでも曲がる際に
しっかり安定して曲がっていくのが体感できました。
これは床下バッテリーのために低重心であることと、
バッテリーのために床下剛性強化が効いているらしい。
これでももう少しハンドルが重ければ楽しそうです。

エンジン音はもちろん皆無ですね。
少しモーター音はありますがそこはむしろ未来ちっく。
ただ、エンジン音がないせいかロードノイズがはっきり
聞こえるのでそれほど静かとは感じられませんでした。
もちろん騒音の総量では減っているとは思いますが、
できれば高速で乗り比べをしてみたいところです。

まとめ。
流石に純EVだけあって革新的な車ではありますが、
総合力ではまだまだガソリン車が有利ですね。
やはり一番大きいのは航続距離の問題。
ちょっと遠出をする際でもいちいち電力を補給しながら
走るというのは精神的にあまりよろしくないです。
これなら新インプやアクセラの2リッターで十分かなぁ。
とはいえ、リーフの価値はそういう実用的な部分ではなく、
量産EVとして存在することにこそあるのでしょう。
EVの本格普及はまだ先になりそうですけど近場の日産で
手軽に試乗できるというのは素晴らしいと思います。

テーマ: - ジャンル:車・バイク