2011/12/30

『美少女万華鏡-呪われし少女の伝説-』 感想

公式はこちら。

今年最後の一本、買っちゃいました。
今週発売の美少女万華鏡シリーズの1作目。
廉価ゲームに手を出したのは本当に久し振り。
体験版をプレイした印象では主人公とヒロインが
私好みだったのと、値段の手軽さが決め手です。
ヘタレ攻め+銀髪ツインテコンボが私狙い過ぎた。

さて、感想ですが。
正直、私的にはほぼ文句なしと言ってもいい出来でした。
エロシーンの数や1シーンのボリュームは流石の一言。
ヒロインは一人でありながらシーンは15個ありますし、
1シーンで数回こなすことも多いため結構濃い印象です。
1回のエロを複数の回想に分けているゲームとは逆で、
シーンの数と濃さをしっかり両立させていたと思います。
動くエロが思ってたより少なかったのは残念ですが、
コスプレが結構あったのは良い誤算でした。

エロも良かったのですがシナリオも予想以上でした。
吸血鬼ネタだけあって暗めの雰囲気ではあるのですが、
エロの妨げになるほど重くはなく、ちょうどいいです。
話の大筋は主人公であるロリコン中年教師が盲目的な愛で
ツンデレ吸血鬼をじわじわ落とすというだけなのですが、
両者の描写がなかなか丁寧で最後まで面白く読めました。
下手な萌えゲーよりもずっと萌えましたし。

何気に抜きゲーには良主人公が多いと思うのですが、
この主人公もなかなかの物で見ていて楽しかったです。
教師だけあってたまに正論を言ったりもするのですが、
やってることは生徒であるヒロインの私物を集めたり
縛り付けて強引に襲ったりと結構むちゃくちゃですね。
ヘタレぽい言動とエロゲ向けな行動力のギャップが魅力。
美形で金持ちで生徒からも人気のある中年教師という
完璧超人で始まったときはどうなるかと思ったのですが、
全てを台無しにしてくれる変態っぷりは好印象です。

ヒロインであるキリエは分かりやすいツンデレですが、
相手がストーカーな中年教師というところが面白い。
主人公が割と気持ち悪い奴なので最初は嫌っていたものの、
無様ながらも愛しまくってくれる主人公に押されて
ちょっとずつ打ち解けていく様子は非常に可愛いです。
こういうかっこ悪い愛でごり押しする展開は大好き。
ツンデレというものは普段はその強気さに押されつつも、
たまに愛で押し倒すパターンが一番いい気がします。

まとめ。
キャラ良しエロ良しでシナリオも結構楽しめるという
高いレベルで纏まったお手軽抜きゲーではないでしょうか。
ツンデレ好きな人にとっても隠れた良作と言えるかも?
タイトルや雰囲気からは暗い印象を受ける作品である割に
後味は悪くない…というかむしろかなり良かったぐらいで、
意外にも万人向けな安くて楽しいエロゲだったと思います。

次回作はヒロインがちょっと好みじゃない雰囲気ですが、
この出来でこの価格なら手を出してみようかな。