2011/11/12

『翠の海』 感想

公式はこちら。
Cabbitデビュー作「翠の海」応援中!
SkyFishの姉妹ブランドCabbitのデビュー作。
まったりと進行してようやくクリアです。

体験版はサスペンス色が強い展開だったのですが、
最後までプレイしてみるとサスペンスというよりは
サスペンスっぽい雰囲気のゲームという感じでしたね。
後半は事件の謎解きよりヒロインとの絆描写がメインで、
意外と普通のエロゲらしい構成だったと思います。

ただ、エロゲ的には予想以上に楽しめた反面、
サスペンスとしてはちょっと拍子抜けだったかも。
実際、物語としてのバランスを見ても館の謎より
ヒロイン個人の問題の解決に重点を置いていますしね。
とはいえサスペンスらしいバッドエンドもあるので
私としてはプレイしていて結構ニヤッと出来ました。

女性キャラが多いゲームですが、ガチ幼女以外の
全ての女性キャラにルートがあったのは好印象です。
ルートが少ないことも覚悟していただけに嬉しい誤算。
どのヒロインも後半は意外な一面を見せてくれます。
そのせいか作品スレで賛否両論なキャラもいますけど。

個別ルート自体は短めなのですが、全16ルートという
破格の多さでカバーしているためボリュームは十分。
バッドエンドでも即死ではなく徐々にヤバイ方向へ
話が進むため、何気に読み応えがあったりします。
状況がシリアスなのでヒロインとのイチャラブは
少なめであるものの、萌えるシーンも結構ありました。
ヒロインと仲良くなる過程も概ね良かったかと。

流石にガチサスペンスを期待するとダメですけど、
このしっとりとした雰囲気に浸りつつヒロイン達の
予想外の可愛さを楽しむゲームとして考えれば
十分に値段分は楽しませてもらったと思います。
お気に入りキャラは双子や紡というロリキャラ勢。
そっち方面では余り期待していなかったのですが、
意外にも良ロリキャラを楽しめる逸品でした。

以下ネタバレ多めの感想。

続きを読む