手を出したものの感想を書き溜める場所
未来日記第5話 感想
「ボイスメモ」

危機に瀕して由乃の圧倒的武力を目にした
ユッキーは自分の無力さに凹むことに。
確かにユッキーは主人公としては頼りないですが、
流石に由乃様と比較するのは酷というものです。
戦闘力面でも精神力面でも。

OP後は椿の過去が明らかになります。
両親の死後に教団で慰み者にされていた椿。
やはり一般アニメにしてはキツイ設定である。
この描写を見たら同情せずにはいられません。

ユッキーを連れて脱出を図る由乃ですが、
ユッキーはどうしても椿を連れて行きたい様子。
しかしそこへ我らがヒーロー、12thの姿が!
5人揃って512thキター! このイベント大好き。
それにしてもピンクの存在感が凄いなこれ。

12thは数に任せてユッキー達をかく乱するものの、
由乃の機転により本物を見切られあえなく死亡。
走りながら12thを切り捨てる由乃様かっけぇ。
様々な奇行で我々を楽しませてくれた12thですが、
由乃様の狂気には勝てずにここでリタイヤです。

12thを倒したものの由乃は発熱でダウン。
この好機を逃がさず椿は裏切ってユッキーにチュー。
由乃は怒りパワーで椿の腕を叩き切ったものの、
流石にそこまでが限界で教団に捕まってしまいます。
そして相変わらず逃げるしかないユッキー。
ヘタレ描写が安定過ぎる主人公である。

そんなユッキーも由乃がれいぽぅされそうになり
ヒロインを守るために主人公らしく出陣します。
そして手毬を投げて出来た一瞬の隙を突いて
椿の日記にダーツを刺し、椿はお亡くなりに。
描写はアッサリでしたけど、椿が手毬を見て
呆然としながら消えるのはちょっと切ないです。

なんだかんだで由乃を信用することにしたユッキー。
一方、来須はコッソリみねね様とのパイプを
作るという怪しい動きを見せつつ次回へ続く。

今回のおまけは12th編。
12thはあの外見ゆえに今まで苦労してきたようだ…。
ってこれは自業自得なんじゃなかろうか。
せめてもう少しまともなコスならあるいは。

そんな感じで1話で2人脱落という忙しさでしたが、
その分テンポも良くて今回も楽しめました。
このペースなら2クールでちょうどいいかな。
次回からの新展開にも期待です。

テーマ:未来日記 - ジャンル:アニメ・コミック