2011/08/25

『老人賭博』松尾スズキ 感想

老人賭博老人賭博
(2010/01/07)
松尾 スズキ

商品詳細を見る

耄碌した老人俳優が何回台詞をトチるかに賭ける
なんとも下種な博打をメインにした作品。
だからタイトルは老人賭博。

爆笑がやがて感動に変わるハイパーノベル!
という紹介文ですがそんな大層なもんじゃありません。
ただのしみったれたくっだらない娯楽小説です。
しかしだからこそ気楽にダラダラ読むことができます。
小さな意地に小さな娯楽に小さな欲望。
現実離れしたミラクルではなく普通の人でも
もしかしたら届くかもしれないちょっとした事件。
結末にしてもなんとも冴えないオチでした。

でも自分の小ささを自覚しているような人なら
読後に何か感じるものがあると思います。
笑うだけで済ませられない後味が何か不思議。
ネタがネタだけに不快に思う人も多そうですけどね。