2011/08/23

仮面ライダーOOO第47話 感想

「赤いヒビと満足と映司の器」

関西2話連続回の2話目です。

グリード化し暴走する映司と戦うアンク。
映司はグリードにもプトティラにも変身できるのか。
映司に対して本気で攻撃できないアンクは、
とりあえずぶん殴って映司をダウンさせることに。
てゆーかアンク普通につえーなぁ。

映司に止めを刺そうとしたドクターですが、
大方の予想通りそれを止めに入ったのはアンク。
前回の「ありがとう」と今回のアイス代の件で
一気に感情の天秤が傾いちゃったっぽいなぁ。
巻き添えを食ったキヨちゃんが燃えちゃったせいで
ドクターは戦いどころでなくなり大パニック。
その隙に映司は里中さんに回収されアンクはどこかへ。

しかしやられっぱなしで終わるドクターではない。
アンクの感情が人間に近付いていると見切った
ドクターはアンクを襲って今までのコアメダルを回収。
その際アンクのコアにヒビが…死亡フラグきたわー。
しかしアンク自身は自分の行動に満足している様子。
映司に認められたことで生きた実感を得ちゃったか。

映司の行方を探すバースコンビは里中さんから
貰ったマスターキーで財団ビルの地下へ。
この番組で一番かっこいいのは間違いなく里中さん。
しかし地下で待っていたのは他人を助けるという
欲望に取り付かれた映司とテンションの高い会長。
どうやら映司は膨大なセルメダルを飲み込み
万能の力で人助けをするつもりらしい。

そこへ映司のメダルを狙うドクターが襲来。
映司とバースコンビが立ち向かうものの、
先走る映司のせいでチームワークがダメダメ状態。
完全体でもないドクター一人に手も足も出ません。
ドクターと伊達さんのやり取りがちょっと切なかった。

ドクターの圧力に対抗しようとグリード化する映司。
そしてその映司を止めようとするバースコンビ。
流石の伊達さんも珍しくマジ切れ気味に止めるものの、
力への欲望に取り付かれた映司は聞く耳を持ちません。
バースコンビは非常に健全な思考で見ていて安心できる。

それをこっそり見守っていたウヴァさんですが
ドクターにメダルを投げ与えられなし崩しに完全体に。
そんな適当なパワーアップでいいのかウヴァさん。
しかも調子に乗って「虫けらが」とか言ってますし。
「俺の天下だ」なんて思わず噴き出しちゃいましたよ。
まあ短い天下になるんでしょうけどね!

一方、比奈ちゃんと再会したアンクはもうすぐ
お兄ちゃんの身体を返すことをほのめかし、
映司を助けるために最後の力を振り絞り戦いへ。
映司のお礼で満たされたアンクですが比奈ちゃんにも
心配されたことでもう思い残すことはなさそうな勢い。
果たしてアンクは生き残ることが出来るのか…。

次回はついに最終回…ってもう最終回なんかい!
てっきり49話かと思っていましたよ!
後一話でウヴァさんとドクターを粉砕するとなると
かーなーり忙しいことになりそうだなぁ。
会長の思惑とかもなんかよく分かってないですし。
まあ会長は冬映画で活躍するのかもしれませんが。

なんか例年以上に終盤が駆け足に感じるオーズです。