2011/06/01

Vermilion -Bind of Blood- 感想

ヴァーミリオンじゃないよ。
ヴァーミリアンだよ。

公式はこちら。
応援中
Diesが色々話題になったlightの新作燃えゲーです。
結構時間がかかりましたけどコンプしたので感想をば。
総プレイ時間は20時間以上ぐらいは行ってるはず。
うちの環境では何度か強制終了を食らいましたけど、
画面表示関係を瞬間に設定すると切り抜けられました。

ちなみに今回はこれ以上ないほど完結していますし、
バッチリ燃え尽きるのでそちらに関しては心配ないかと。
エロゲなのにヒロインより男の方が目立っていますけど、
燃えゲーとしてならこれはむしろ長所と言えるので問題なし。

シナリオはヒロイン4人に加えてグランドルートの5本。
ネタバレを考えるとシェリル→アンヌ→ニナ→アリヤと来て
ラストにグランドで締めるのがいいような気がします。
この順ならシナリオロックも気にしなくていいですしね。

個人的には良作と言える出来だったと思いますけど、
そういう作品の例に漏れず結構癖が強い作品なので
体験版での予習は必須かと思われます。
特にキャラが多くて視点が結構入れ替わる点や
戦闘での理屈っぽさなどは好みが別れるところかも。
ついでに主人公であるトシローさんのおっさん臭さや
この世界の吸血鬼観なども体験していただきたいところ。
逆に体験版のノリが合うならまず最後まで楽しめるはず。
体験版がしっかり体験版としての役割を果たしています。

私的には燃えは当然として展開の面白さも光る作品でした。
予想外の対決や予想外のコンビはそれだけで燃えますし、
戦闘も小細工と根性論のバランスが良く飽きさせない展開。
シナリオも王道と王道外しの両方をしっかり押さえていて
体験版で感じた期待にしっかり応えてくれる出来でした。
何気に深いテーマも含んでいる辺り只者ではない。

以下ダラダラと長文感想です。
ネタバレだらけなのでご注意を。

続きを読む