FC2ブログ
2011/03/30

これはゾンビですか?第11話 感想

「ああ、オレの所にいろ!」

前回爆砕した歩のパーツを集めるハルナ、セラ、トモノリ。
一応パーツにモザイクかかってるけどほぼ見えとるがな。
とりあえず元通りに身体をくっつけてはみたものの、
何故か歩が目を覚まさず困り果てるハルナ達。
お約束とばかりにチューで目を覚まさせようとする
ハルナとトモノリは可愛い奴らだと思います。

肝心の歩はというと自分の心の中で引き篭もり中。
しかもそこで妄想ハルナ達に罵倒されまくってどんどん
欝になるというネガティブスパイラルに陥っています。
これはあれか、妄想ユーのネガティブバージョンか。
あれ? でもセラの罵倒っぷりは普段と変わらないような?

何とか歩を叩き起こしたいハルナは、大先生の力を借りて
歩の心の中に突入し、ヘタレてる歩をボコボコにします。
「あたしぐらい強引にやってみろよ!」
「ユーにウザイって思われそうで」
ウザイ発言でショックを受けるハルナにワロタ。
いやいや、ハルナはそのウザカワイイところがいいんです。
暴力的で無茶苦茶なハルナですがその心意気は歩に
伝わったようで、見事に歩の目を覚ますことに成功しました。


そして珍しくアイキャッチがないままCM。
毎回楽しみにしてたのでちょっち残念。


ユーを迎えに来た歩とハルナ。
歩はユーに帰ってくるように説得するものの、
ユーはなかなか頑固で「うん」と言ってくれません。
とりあえず夜の王を倒そうと殴りかかる歩ですが、
例の霧のせいで夜の王に触れることすらできずに苦戦。
しかしそこで突然ミストルティンが唸り出し、それに応えて
歩とハルナはクライマックスらしくダブル変身します。
ミストルティンって意志あったのね…。
それにしてもなんか久々な気がするなー魔装少女。
終盤なんだからバンク以外の変身がみたかったところですが。

その頃、セラはというとタワーの上でバイオリンを演奏し、
次々と現れるメガロっぽいものをどんどん成仏させていました。
メイド服は吸血忍者の正装か何かなのかしら。
メガロの多さに弱気になるセラですが、そこへ他の
吸血忍者たちも駆け付けオーケストラすることに。
トモノリはトライアングル担当か…なんてモブっぽい扱い。

ダブルミストルティンキックで夜の王を攻撃する歩とハルナ。
例の霧でキックを防ごうとした夜の王ですが、
「キックじゃない!?」
夜の王すら引っかかるフェイント攻撃ぱねぇっす。
歩とハルナは石破ラブラブミストルティンキックで夜の王の
霧を破壊したものの、ハルナはどっかに飛ばされてしまいます。

その後はゾンビらしく血塗れの殴り合い。
ユーの心情を叫びながら殴り付ける歩の熱さに夜の王も
説得され、最後はユーの言葉で成仏するという決着でした。
夜の王はペンギンが好きだったらしい。

ラスト、ユーに対して歩が全力で告白しユーもそれに応えます。
てゆーか、

ユーが喋った!
ユーが喋った!
ユーが喋った!

個人的には好きなタイプの声で安心した!
しかも特殊エンディングだしこれ最終回じゃねの?

と思っていたところでハルナが振ってきました。
どうやら世界一周しちゃうほどぶっ飛ばされたようですが
今更このアニメで驚くほどのことじゃありません。おかえり。

予告。
ここぞとばかりに喋り捲るユーに萌え。
最終回が水着回っていうのは珍しい気がしますが、
コメディと終わるのはある意味この作品らしい気も。
今回も地味だったトモノリの出番に期待して待ちます。