2010/10/24

あかときっ!体験版 感想

公式はこちら

ゲーム性に拘りのあるEscudeの新作です。
今回はこの業界では定番ジャンルである魔法少女物で
戦闘はコマンド選択方式のゲームになっています。
なんとなくティンクルくるせいだーずを思い出した。

魔法少女物でありながら体験版は主人公メイン。
魔砲の才能がある幼馴染二人とまったく才能がない主人公の
友情が描かれ、紆余曲折の末に三人で勝利を掴む物語でした。
……うん、悪くないというか個人的には良かったんですけど、
ヒロインである魔砲少女隊がびみょーに地味でしたね。
というか素で幼馴染・橘美優がヒロインだと思ってました。
体験版では一番目立っている女の子でしたし、主人公ラヴ。
これでヒロインじゃないのはちと酷いような気が。
どっかで見たような顔のせいかしらん。

しかし体験版ではヒロインとのイベントよりも幼馴染達との友情を
重視しているせいか、ラノベやテレビアニメっぽい印象を受けました。
まあ、戦闘で服が脱げるところはエロゲっぽいとも言えますけど、
最近の深夜アニメだと似たようなことをやってますからねぇ。

魔砲少女隊の個々のキャライベントが欲しかったところですが、
この体験版自体が綺麗に纏まってしまっているせいでイベントを
追加するとかえってバランスを崩しそうなのが悩みどころ。
やるとしたらシーン集みたいな形しかないかな。
ヒロインのキャラ自体は問題なしかと。
ツインテールとロリ先輩のお馬鹿コンビは面白いですし
お姉さまはお姉さましてますし…ピンクは次回に期待します。

売りである戦闘システムはいまいちテンポが悪いような気が。
行動順システムなどは一見クルくるに似ていますね。
しかしクルくるがお手軽な爽快感重視だったのに対して
こちらは戦術重視なのか、今のところ全体的に妙に遅い感じ。
すぐにMP切れになってガンガン攻められないですし。
奥は深そうですけど、個人的には微妙なシステムです。
クルくるは攻めも必殺技も撃ちまくりだったからなぁ。
あ、戦闘で脱げる点はこっちが素晴らしいと思います。

今のところ、話は面白いもののそれ以外で引っかかる作品。
まあ戦闘にしても投げたくなるほどではないですし、
魔砲少女隊のキャラの掘り下げもこれからが本番でしょう。
あとは悪堕ちフラグの建っている幼馴染達がどうなるか。
一番イロモノっぽいヒロインが出ていないことや
敵の首領様とのエロがあるのかも気になるところです。