手を出したものの感想を書き溜める場所
『すじぼり』福澤徹三 感想
すじぼりすじぼり
(2006/12)
福澤 徹三

商品詳細を見る

色んな意味でIターンとは反対のお話。
あっちは冴えない中年男のドタバタ物でしたけど
今回は駄目学生のほろ苦い青春物といった感じでしょうか。
これはこれで読後感が悪いという訳ではないのですが。
>>続きを読む

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学