手を出したものの感想を書き溜める場所
仮面ライダーOOO 第6話感想
オーズにコアメダルを奪われ弱体化したウヴァは撤退。
今回のようなオーズ変身不能の危機を防ぐため、
アンクはダトバのメダルをひとまず映司に預けることに。
オーズのキャラは相変わらず事態への対応が早いですね。
逃げ帰ったウヴァはカザリに喧嘩売ったりガメルの城を破壊したり
メズールに慰められたりして凄く小物アピールしていました。
まあこれからいいこともあるさ。

映司はヤミー、アンクは鴻上会長を相手に行動開始。
比奈とともにヤミーの宿主であるセレブ女子大生に迫る映司ですが、
ヤミーのことを尋ねても当然のごとく相手にされません。
まあこういうときは実物でも見せないとどうにもならんわな。
むしろ目の前で変身した方が早いかも。

映司の考えとしては欲望を持つことが悪いのではなく
それを上手く処理できないのが悪いということなんですかね。
一見物分りが良さげですけど実はかなり現実主義な考え方。
これも映司の今までの人生経験から来るものか…。
しかし結局セレブ女子大生の物欲を止められないまま
ピラニアヤミーが部屋から大量発生してしまう事態に。

一方、鴻上会長を倒してメダルを独占しようとするアンクですが、
鴻上会長の意思がなければメダルシステムが使用できないことが判明。
モニターで自販機相手に四苦八苦するオーズを見たアンクは
結局メダルの6割を鴻上会長に渡すことに同意してしまいます。
自販機にまたがるオーズの姿には噴いた。
メダルシステムが使えない云々は鴻上会長のハッタリでしたけど
流石のアンクもそこまで見抜くことは不可能でしたね。

ともかく、ようやく手に入れたバイクで戦うオーズですが、
敵が多過ぎてバイクじゃとても間に合わず新コンボを試すことに。
……アンクはメダルシステムに頼らずコンボに頼るべきだったんじゃ?

それはさておきガタキリバモードに変身したオーズは
分身による数の暴力でピラニアヤミーを撃破することに成功。
分身多過ぎて無敵な気がしましたけど映司の身体にかかる負担も
かなりのものだったらしく、変身解除した時点で映司はダウン。
しかし分身って強すぎて逆に使いにくいような気がします。
雑魚ヤミー相手だとリンチになってしまいますが、
逆にボス級の敵相手だとまとめてぶっ飛ばされそうですし。
アンクの発言を見るとしばらくは登場しないようですが…。

次回はいよいよオーズの頭だけが変わるみたい。
ちょうど頭の効果が気になっていたので期待したいところです。

テーマ:仮面ライダーオーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ