2010/10/04

スズキ・スイフト 試乗感想

試乗してきました。
グレードは中間のZC72S・XLで。

やっぱ内装は段違いですね。
かっちょいいですし樹脂の質感もアップしてます。
こういう鋭角的なインテリアは好みです。
ドアトリムも心なしかがっしりしたような。

ダッシュボードが上方向にボリュームアップしているのは
高級感があるんですが、前方向の見切りは悪くなったかな。
シート生地は前のが好きでしたけど座り心地では新型ですね。
頭や腰のサポートが良くて疲れにくそうです。

シフトがゲート式じゃなくなったのには違和感あるなぁ。
まあ、使ってれば慣れるでしょうけど。
サイドミラーは見やすくなったんですけどリアウインドウが
上下に狭いせいか後ろがかなり見にくくなったような気が。
背後の確認は出来るんですけど圧迫感がありますね。

一番驚いたのは静かさ。
明らかに騒音が少なくなっています。
その分遮音し切れないロードノイズが目立ってますが。
個人的に嫌な感じの音質だったのでちょっと残念。

最初違和感があった外見はもう慣れました。
釣り上がった目もリアランプも精悍に見えてきましたし。
でもフロントが伸びたせいで急な坂道がちょっと怖い。

足回りは流石にスイスポモンローと比べるとフワフワです。
旧ノーマルスイフトと比べてもちょっと柔らかいかな?
しかし素のグレードとしてはそこそこ柔らかさで
そこそこ安定している方が受けるんでしょうね。
ボディ剛性はありそうですしまた真スイスポが出たら
またサスだけ移植して乗り回すのがいいかなぁ。
タイヤはミシュランで。

エンジン音はまだちょっと軽い感じですけど
旧スイフトよりは力強くなった印象を受けました。
モッサリ感は旧型より少しはマシになったようですけど
それでも4ATより切り替えが遅く感じますね。
パドルシフトだとかなり変わるらしいですし
機会があればそっちも試乗したいところ。

他のコンパクトカーと素の状態で比べるなら
広さ以外では一歩リードしていると思いますが、
アフターパーツも少ないですししばらくは様子見ですね。
スプがマイナーチェンジしたらそっちに惹かれそうな気も。