手を出したものの感想を書き溜める場所
Sacred†Vampire体験版ver1.0 感想
公式はこちら

吸血鬼である主人公が人とは異なる己の在り方に
悩みつつも初恋の相手と再会したり姉に甘やかされたり
女友達にツッコまれたり後輩を口説いたりするお話です。
体験版では共通部分である1~4日までがメインで、
おまけとして分岐のある7日目が少しプレイできます。


さて、この作品の最大の売りであるのが吸血鬼主人公。
基本的に日常ではネタに走りまくるお笑い系なのですが、
一人になると妙にシリアスが多く人間とはなんぞや
吸血鬼とはなんぞやとやり出す思慮深い御人です。
個人的にこういうキャラは好きなタイプではあるものの、
若干思考が堂々巡りしているような面もあってか、
物語のテンポを損ねているようにも感じられました。

まあ、それでも面白い奴だとは思いますし女の子に
対してもそこそこ積極的なので、後半で変に
ヘタレなければ良主人公だとは思います。
吸血鬼主人公といえばですめたを思い出すのですが、
あっちはあっちでよく悩む主人公だったなぁ。
欝要素が入りそうなところも似ているかも。

しかしこの主人公の場合、微妙に吸血鬼らしくない部分も
あるのでひょっとしたら別の生物かという気がしなくも
ないのですが、流石にそれは穿ち過ぎでしょうかね。
ちなみに公式でのキャラ紹介だと中二病っぽいですが
体験版時点ではあまりそういう面はありませんでした。
どうやらキャラ紹介でネタ振りしただけのようだ。


ヒロインは以下の4名。

見た目は完璧超人お嬢様風・遊佐聖来。
初対面時は非常にお堅そうですが、話してみると
意外と気さくでしかもかなりのドジッ子です。
すぐ聖書を持ち出して教訓を説いたりはしますが、
基本的に他者には寛容なので小うるさくはないですね。
主人公との過去の関わり方はメインヒロイン属性。
聖歌研究会存続のために主人公が知り合いを
入部させまくりましたけど、おかげで神聖な部活が
主人公のハーレムと化したような気がしないでもない。
いやサブ男もいますけど。

だだ甘お姉ちゃん・桐生霧。
エ○ゲーではよくいるタイプのだだ甘姉ですね。
よくいるタイプなんですがそれだけで萌えてしまうから困る。
こんなお姉ちゃんがいたらそれだけで勝ち組でしょう。
今すぐ告白しても問題なくくっつけそうなだけに、
どうやってシナリオを引っ張るのかが気になったり。
変な方向へ行かなければいいのですが…。
何気に万能選手ですが一番得意なのは寝ること。

気安い関係な女友達・浅田小春。
これまたよくいる王道タイプですね。
仲がいいのに恋愛ネタが苦手というのはお約束。
姉ほどじゃないとはいえ開始時の好感度は高め。
非常にラブコメ向きな性格だと思うのですが、
体験版ではそっち系のイベントは少なかったかな。
出番は多めですが友人としての動きが多かったので
今後の活躍に期待したいところです。

謎の後輩・エインズワース真亜沙。
体験版では顔見せ程度なのでかなり謎です。
吸血鬼っぽいですが手がかりが少なすぎてなんとも。
無表情ではあるものの、無口と言うほど無口ではなく
会話を振ればしっかり応えてくれるみたいです。
構わないでくれオーラが妙に主人公を燃えさせる存在。


うぬぬ、体験版を触った限りでは普通に面白かったです。
ただ、この普通というのが微妙なところでありまして。
吸血鬼という非現実的なものを扱ってる割には
地に足が付き過ぎているような感触を受けました。
主人公の吸血鬼だから…という悩みにしても人間の
肉体面精神面でのコンプレックスでよくある範疇ですし。
そういう面では面白いけど物足りなさも感じましたね。
後半には超常現象が増えるのかもしれませんが。

普段なら買う出来ですけど10月は激戦区なので
他の出来次第といったところでしょうか。
今のところ上位レベルで検討。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム