2010/09/26

仮面ライダーOOO 第4話感想

映司とアンクの前に現れたグリード・カザリ。
ヤミーとは格の違う強さをオーズに見せ付けたカザリは
アンクに対して共同でのメダル集めを持ちかけます。
その提案に対して微妙に惹かれる様子を見せた
アンクですがとりあえず返事は保留。
まあ、あれだけ映司に反逆されまくってたら
カザリと組みたくなる気持ちも分かります。

アンクはiPhoneをマスターするために去っていき
残された映司は比奈と再会した途端ストレスでダウン。
比奈に介抱される映司は刑事さんとアンクの
共生関係を比奈に説明することになります。
変に引っ張るよりは説明してしまった方がいいか。
誰かのためというより自分が後悔するのが嫌だから
助けると言い切る映司のスタンスはいいですね。

そろそろ太い人が食べ過ぎでやべぇ。
ということで現場に集合した映司、アンク、カザリ。
相変わらず人間優先な映司に業を煮やしたアンクが
ついにカザリと手を組むか・・・と思われた瞬間、
アンクがカザリに不意打ち腹パンチ!
カザリはアンクをストーキングしていたようですが、
その様子はネットにうpされまくりでアンクにバレバレ。
そんな奴と組むより馬鹿映司の方がマシということらしい。
てゆーか下手な人間よりネットを使いこなすアンクすげぇ!

オーズに変身した映司は再びカザリと戦い始めたものの
戦力差は歴然でカマキリメダルを奪われてしまいます。
しかし映司も只者ではなく、代わりにコアメダルを二つゲット。
弱体化したカザリはフラフラしながら撤退することに。
一方的に損なトレードしたカザリさんかわいそす。

相変わらず攻撃が効きにくいネコヤミーですが、
ゲットしたばかりのチーターメダルで脚力アップし
肉壁をかき分けなんとか太い人の救出に成功。
そしてメダジャリバーでスッパリとフィニッシュ。
……ってまた剣で止めかい!
キックの出番はまだまだ先になりそうです。トホホ。

太い人は反省したようで反省しませんでしたけど
映司とアンクは微妙にお互いを認め合った雰囲気。
そして最後は謎の財団会長からの使者が
二人の元を訪れたところで次回へ続く。

メダルを取ったり取られたりしてフォームが
変わっていくのはなかなか面白い展開かも。
今までは取られる展開はあまりなかったですし。
比奈にアンクのことがばれたり会長と顔合わせしたりと
本編のストーリーはテンポ良く進んでいるのでは。
それにしてもアンクの現代への適応っぷりは末恐ろしいです。