2010/09/05

仮面ライダーOOO 第1話感想

初見では頭に付いているのは鷹ではなく
蝶かと思っていました…。


オープニング。
若干貸しが聞き取りにくい気はしましたが
メロディ自体はテンポが良くていい感じかと。
予告でも流れていたサビの部分は気に入った。
メインが3人組なのは平成ライダーの伝統ですね。

本編。
怪人復活シーンから始まる王道。
メダルがジャラジャラ集まって怪人になるのは
ビジュアル的にもインパクトがありました。
最近のCGはたいしたもんやね。
幹部が4体というのも王道パターン。
ただデザイン的には黒っぽい人ばかりで
ちょっと地味な気がしないでもなく。
昆虫の人はかっこいいですけど。
グリードって名前の元ネタは何だろう。

バイク部隊、予想通りグリードに歯が立たず。
バイクはかっこ良かったのでこれはいけるか…?
と思ったもののやっぱり駄目でした。ぎゃふん。
これはゼクトルーパー程度の扱いと考えてよろしいか。
隊長の人はレギュラーっぽいですが。
組織のボスが変人っぽいのもライダーではよくあること。
部下がやられててもケーキを作るのが大事らしい。

ヒロインの人は顔見せ程度でしたね。
所長と違って結構落ち着いた感じですけど
怪力設定は今後どう生かしていくのか。
そのうち変身したり実は怪人だったり
そういう方向でのサプライズに期待したいです。

味方サイドの相棒キャラであるアンク。
こいつはお約束のお人好し怪人の匂いがするで。
主人公へのアドバイス役であるせいかモモタロスほど
ギャグに走ることもなく、なかなかまともな奴かと。
手だけで敵と戦うアクションは面白かったです。
本気でボコボコにされてて笑ってしまった。

雑魚グリードは微妙に人間の顔が残っていてキモイ。
白グリードがにょろにょろ出てくるのもキモイ。
私的には好きですけど一般受けはどうなんだろう。
切られてメダルが散らばるのは面白いですけど
戦ってる間にジャラジャラとやかましそうですね。
人の欲望から生まれるというのはイマジンに近いですね。
しかし幹部4体はどうやって生まれたんだろう。

そして主人公兼仮面ライダー。
パンツアピールにはちょっとわざとらしさを
感じたものの、基本的には直球なヒーロー。
お人好し過ぎると賛否が分かれそうですけど
どう料理するかは小林さんの腕にお任せですね。
「変身!」やアテレコは上手いと思います。

オーズのダトバボイスは予想より気にならず。
というかあれ歌だったのかそっちの方がサプライズ。
今回のフィニッシュは蟷螂でしたけど
やっぱり初回はキックで決めて欲しかったかなぁ。
フォームチェンジの多さが売りらしいので
W以上の変則バトルに期待したいところです。
でも胸まで緑になると色的にかっこ悪いです。

1話としては満足できる出来。
特に分かりにくい部分もなく素直に楽しめました。
次回はデカブツしてのようですが何かスペシャルな
メカが出てきたりするんでしょうかね。
ともかく期待。