2017/08/19

企画『好きなエロゲを3つ挙げろ』

面白い企画に誘って頂いたので参加してみました。

『好きなエロゲを3つ挙げろ』

エロゲ歴が20年に近付きつつある割には
プレイ本数が少なめな自分ですが、
たまには昔を思い起こしてみるのも悪くないでしょう。
これが上位3作品だったら頭が痛くなるところですけど、
今回は好きな作品3つという緩めの縛りだったので助かった。
そんなわけで今回自分が選ぶにあたって重視したのは
好きな点について書きやすいかという点。
その結果、

Fate/stay night
ドラクリウス
恋する少女と想いのキセキ~Poupee de souhaits~


以上の3作品でいくことになりました。
いつも通りシンプルにサラッと語るつもりですが、
記事の性質上ネタバレが多めなので気にする方はご注意を。


■Fate/stay night
はい、言わずと知れた超人気作品であり、
エロゲーマーでなくても知っているアレでございます。
10年以上昔の作品でありながら今でも派生作品が出続け、
複数回のアニメ化、ソシャゲも大人気というその成功っぷりは
もはやエロゲ界のガンダムと言っても過言ではない(ないか?

この作品の好きな部分はルート構成ですね。
エロゲではルートロックのある作品は珍しくないですし、
ルートごとに明かされていく謎や、反転する敵味方関係というのは
他の作品でもやっていることですが、この作品のそれは特に好き。
セイバーやライダーの各ルートでの扱いの違いは、
燃えゲーのキャラとしては理想的なものだったと思いますし、
士郎の思想の変遷は3ルートあってこそ楽しめるものでしょう。
ちなみに本作で一番燃えたのはVSセイバーオルタ戦。
この微妙に歪んだ性癖に共感してくれる方もいるはず(多分
ちなみに最近FGOで丸くなってるオルタもそれはそれで好きです。

ループ物でなく3ルートが独立していたのも良かったです。
個人的には全てのルートが一つに収束するよりも、
お互いが決して交わらずに拡散していく作りの方が好き。
それぞれのルートで取り返しの付かない喪失があればより良し。
ループ物もよくプレイしますしプレイ中は楽しんでいるのですが、
やっぱエロゲは複数のルートが並立している方が好きなのです。


■ドラクリウス
さて、お次はエロゲーではよくある吸血鬼物。
流石にFateと比べるとマイナーではあるものの、
古参のエロゲーマーなら知ってる人はそこそこいるレベルかな?
ライターはグリザイアシリーズで有名な藤崎竜太さん。
藤崎さんのテキストはエロゲではトップレベルに好みなのですが、
この方の作品でどれを推すかとなるとドラクリウスを取ります。

この作品で好きな部分は、

ベルチェママーーーーーーッ!!!

はい、ロリママ吸血鬼であるベルチェさんでございます。
個人的には母性を感じさせるロリキャラって大好物なのですが、
ベルチェの良いところは父の使用人ってところなんですよね。
単に母性があるだけでなく立場的にも継母に近いですし、
ベルチェ自身も最初は主人公のことを愛する人の忘れ形見として
見ているので名実ともに母に相応しい存在と言えるのでしょう。
もちろんロリに母性があるだけでも萌えるのですが、
そこに父親との関係が混ざることでより甘味が増すのです。伝われ。

ベルチェに対してリカ、リアンという二大ヒロインの
凄まじい物分かりの悪さもお互いの魅力を引き立てていました。
二人がおバカだからこそベルチェの落ち着きが光りますし、
この二人にしても最初がアレ過ぎたことによって
終盤のかっこ良さの衝撃がブーストされているとも言えます。
総じて女性陣の描写にいちいちツボをくすぐられる点が多いので
今でもちょくちょく起動している作品です。


■恋する少女と想いのキセキ~Poupee de souhaits~
多分今回選んだ3作の中ではぶっちぎりでマイナーでしょうね。
ライターは某ライターさんの変名とも言われる近江谷宥さん。
多産であることもあって作品の出来が安定しない御方ですが、
直近の『初情スプリンクル』は良いラブコメ作品でした。

しかし今回挙げた「恋する(ry」はシリアス寄りの作品。
決して万人向けとは言いがたいこの作品のどこがよかったのか。
それはメインヒロインであるトワのルートの終盤の流れです。
最初はこれについて詳しく書こうと思っていたのですが
ごちゃごちゃしてしまったので端折って言わせていただくと、
要は主人公とヒロイン(人形)だけで隠遁する結末なんですよ。

これだけならそんなに珍しくないのですが、
ヒロインが主人公との心中願望を持っていたり
主人公がそれを全面的に受け入れてたり
他のキャラからそんな関係を気持ち悪いと責められたりと、
ラストに至る過程もなかなか黒く重く染まっていたのがナイス。

あと、エピローグも綺麗でした。
数年後には人形に宿ったヒロインの精神が経年劣化していて
かつての思い出をほとんど忘れてしまっているものの、
主人公への愛情だけは覚えているシーンは胸に刺さります。
こういう記憶が消えても想いだけ残ってるシチュはホント好き。
そんな感じで決して派手な作品ではないのですが、
物語の終盤に私好みの展開が群れを成して入ってきた結果、
好きな作品と言われてパッと思い浮かんでしまうぐらい
記憶に残っているという珍しいタイプの作品なのです。

以上で今回の企画記事は終了。
企画してくれたぐぬぬさん、誘ってくれたゆず茶さんには
この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございましたー。

以下、今回の企画に参加している皆様の記事を貼ります。
それなんてえrg
そこはかとなくエロゲを綴る
気がつけば複数買い。
すときゃすてぃくす
悩むなら はじめてしまおう エロゲーマー
私情主義
Reverie Note -Egoistic-
御巫祭り(改)
Ossan Gamer Diary
飢えた鼠はエロゲを噛みぬ
おいしいデザートは最後に
よい子わるい子ふつうの子 2
立ち寄らば大樹の陰
買わぬ買わんの右往左往は浮き立つほどに浮き立ちて明け暮れないの物語
エロゲ価格相場を見守るブログ
ビビろぐ
2017/08/15

『初情スプリンクル』 感想

公式はこちら

安定して新作を出し続けているWhirlpoolの最新作、
『初情スプリンクル』の感想となります。
実は1週間ほど前にコンプしていたのですが、
性質の悪い風邪をこじらせているせいでこのタイミングに。
皆様も風邪にはお気を付けくださいませ。

さて、感想です。
エロゲーでは定番の淫魔能力に目覚めた主人公が
魔女を巡るドタバタに巻き込まれていくという本作。
作品のノリとしてはいつも通りのワルプルに近いのですが、
ラブコメとしてのバランスの良さは歴代屈指だったと思います。

これまでのワルプル作品…というか近江谷さんの作品は
前半はノリのいいラブコメが繰り広げられながらも
後半のシリアスで失速してしまうことが多かったのですが、
今回はその後半の扱いが上手かったことが好印象の原因ですね。

この手の作品でのシリアスの欠点としては、
作中では真面目な話が展開されていくにつれて
プレイヤーが冷めていってしまうというのがありますが、
今回は真面目な設定を見せつつも最後までドタバタコメディを
維持しているのでプレイしていて安心して楽しめました。

個人的にはこういう、コメディやイチャラブを維持したまま
話の規模大きくして盛り上げるパターンが好きなのですが、
どうにも深刻ぶってしまう作品が多いのが困り物です。
シリアスが似合う作品ならいいんですけど。

ヒロインが全員可愛いのも良かったですね。
どの娘もなかなかのめんどくささを持ちつつ
主人公との関係を少しずつ深めていく姿が描かれていました。
個人的に見ていて一番楽しかったのは羽月かな。
やたらと偉そうに見えて責任感の強さの人一倍ですし、
何気に作中では一番の苦労人だと思います。
強気と弱気を繰り返してめんどくさいのかと思いきや、
扱いさえ覚えてしまえばただただ可愛くなるのも素晴らしい。
個別ルートのネタもいい意味でしょーもなくてツボでした。
特に質問と分身ではニヤニヤしっぱなしでしたよ。


まとめ。
ドタバタコメディとしてはなかなか完成度が高い作品。
ヒロインそれぞれの個性をいい方向に掘り下げていますし、
ストーリー後半になってもドタバタコメディの形を崩さず
シリアスをほどよく綺麗に制御して着地させています。

体験版の記事でも購入した際の記事でも
後半の展開には期待していないと書きましたけど、
今回はいい意味で予想を裏切ってくれました。
こういう最初から最後までノリが変わらない作品だと
体験版が気に入った人にオススメしやすいです。
次回作もこういう方向でお願いしたい。
2017/06/13

『Chrono Box』 感想

公式はこちら

NO BRANDのデビュー作である『Chrono Box』の感想です。
軽くネタバレを含む内容なのでご注意を。

作品としては完全にシナリオ重視で、
ほぼ一本道のエログロサスペンスという感じでしょうか。
グロ自体はそれほどキツイ物ではありませんが、
それでもモツがばっちり見えたりするので
グロ耐性がまったくない人には厳しいと思われます。

基本的な話の筋はループを繰り返していくうちに
世界の謎が解き明かされていくというよくあるものですが、
一周が短くて次々繰り返すタイプなのでテンポが良いですね。
一周が長い作品だと序盤の記憶が曖昧になった頃に
ループすることもあるのですが、この作品では心配なし。
最初のキャラが整列してるシーンで前の世界との違いが
視覚的に分かる作りになっているのは良く出来ています。

少しずつ減っていくクラスメイトや黒い箱についての真相は
いい意味で予想を裏切る形になっていたので満足。
「今回の犠牲者はこの娘か…」と思いながら
女の子といちゃいちゃしてるシーンを見るのは楽しかったです。
核心キャラである屍の掘り下げに入るタイミングも絶妙。
ループに飽き始めたところで雰囲気が一転しますし、
全体の構成がしっかり練られていることを実感します。

ただ、期待はずれというほどのことではないのですが、
自分が何か隠し持っていそうだと期待していたキャラほど
本筋に関わってこなかったのは少し残念でしたね。
この期待していたキャラはイコール好きなキャラでもあるので、
結果的にキャラクター面ではそれほどハマれなかったです。
機会があれば無罪組でスピンオフを見てみたいですね。

しかしエロシーンが笑えるノリだったのは嫌う人も多そう。
イチャラブシーンはともかく、鬼畜エロシーンの方は
キャラの反応が面白くてギャグとして楽しんでしまいました。
シチュは酷いんですけどキャラの反応がそれ以上に激しい。
下品に叫ぶ系のギャグが好きな人なら楽しめるかもですが、
エロとして使えるかといわれると返答に困りますし、
もうちょっと抑え目でも良かったような気はしますね。


まとめ。
エログロサスペンスとして満足できる作品でした。
この世界に隠された真相についてはなかなか凝っているので
推理で完全に的中させるのは難しいとは思いますが、
設定としては面白くて新鮮な驚きが味わえました。

エロシーンは特殊なシチュが多くグロシーンも多いですが、
ここにも真相に繋がるヒントが隠されているのが面白いです。
単なる特殊性癖だと思っていたものが後半真相が分かると
あれが伏線だったと気付かせられるのは見事でしたね。
体験版をプレイして惹かれた人なら
期待を裏切られることは少ないのではないかと。

惜しむらくは、自分の場合はメインの屍も含めて
強烈に惹かれるキャラがいなかったので
何度もプレイするモチベが保てないってことですかね。
まだまだ見落としがあるでしょうし勿体無いとは思うものの、
こればかりはどうにもならんです。
2017/05/29

『ニュートンと林檎の樹』感想

公式はこちら。
laplacian『ニュートンと林檎の樹』応援中!
Laplacianの2nd Projectである
『ニュートンと林檎の樹』の感想です。

タイムトラベル物ということで上手くまとめられるか
心配していたのですが、そこについては全く問題なしでした。
過去に飛んでからも状況が二転三転して飽きないですし、
万有引力のオチもいい意味で予想を裏切ってくれましたね。
ラビについては賛否はあるでしょうけど使い方は面白い。

ややこしい設定をシンプルに見せていたのもいいですね。
万有引力の法則がなくなった影響を雑誌の内容の変化という形で
表現したのは分かりやすくて良い描写方法だと思いますし、
ご都合主義を適度に混ぜ込んだライトな物語になっています。
雰囲気も重くなり過ぎずコメディちっくなノリで読みやすかった。

あと、ムービーを使った演出は面白かったですね。
BGMに合わせた声優さんの語りは耳に残りますし、
内容もキャラの個性全開という感じで洗脳されました。
この演出は次回作にも繋げて欲しいところ。

ただ、話はテンポよく進んだものの、
ヒロインとの関係の掘り下げやイチャラブもあっさり気味。
主人公とヒロインがくっつく過程は短いですし、
ヒロインと恋人関係になってるという実感は少なかったですね。
幼馴染で比較的付き合いの長い四五はともかく
他のヒロインは割と唐突に惚れてる感が強かったです。
主人公がそれほど目立った活躍しなかったことも大きいかな。
エロについても最近よくあるおまけ水増しスタイルなのが
本編でイチャラブが少ないという印象に繋がっています。

まあこれはストーリーの方にも原因があって、
タイムパラドックスの修正に追い立てられている状況で
普通にイチャコラしていたら違和感しかないのもまた確かです。
ぶっちゃけ、このストーリーならエロ描写を全部カットして
過去修正と主人公の立ち直りがメインでもいいぐらい。
ただそれだと売れないでしょうし、エロゲーとして出すために
エロを混ぜてみましたって感じでしょうか。


まとめ。
読み物としては面白かったですが、エロゲーとしては難しい。
自分が期待していたタイムトラベルや万有引力については
しっかり纏めてくれたので満足感は高かったのですが、
逆に悪い予感がしていた恋愛やエロ描写については微妙で、
期待以上の出来とまではいかない作品でした。
まあイチャラブを入れにくそうなストーリーではありましたけど、
そこを上手くやりくりしていれば名作になれたかも。惜しい。

自分はこの手のストーリー重視作品でも問題ないのですが、
嫌いな人は徹底的に嫌いそうな構成ではありますね。
長所短所がハッキリしているので
今後購入する人はしっかり下調べすることをオススメします。

以下ネタバレで少し。

続きを読む

2017/05/13

『Fate/stay night』 感想

公式はこちら

TYPE-MOONの名声を決定付けたFateの初代作品を
10年ぶりぐらいにプレイしてみました。
この作品が出た頃にはまさかFateシリーズが
これほど続くとは思わなかったですね。
そして月姫2がこれほど出ないとも思わなかったです。

まあそれはさておき。
久し振りにプレイしましたけどやっぱり面白いですねー。
画面サイズは小さいですしボイスも入ってないんですけど、
今でもフルプライスで買っても惜しくない出来です。
発売当時は3日ぐらいで一気にクリアした記憶がありますけど、
今回は2週間近くかかったところは年齢を感じさせられます。
でも毎晩楽しい時間を与えてくれたことには感謝したい。

今回プレイして改めて思ったのはこの作品、
ルート封印を上手く使ってるってことですね。
特にHFルートのセイバーオルタ登場やライダーの味方化、
士郎の生き様の変化は前2ルートがあってこそのものでしょう。
自分はルートごとに敵味方が変わる作品が大好きなのですが、
そのツボをゴリゴリ押してくれる作品です。
あと、追い詰められてのパートナー変更も好きなので
凛セイバー降臨のシーンもめっちゃ好きですね。
本気セイバーのステータスの高さは何度見ても笑う。

後に行くほど楽しみが深まる作品であるのは確かですが、
一番王道なのは初っ端のFateルートですね。
改めてプレイしてみると真っ当な戦闘がてんこ盛りで
掴みのルートとしてこれはこれで良く出来てる。
UBWルートでのアーチャー関連のゴタゴタや
HFルートでの黒い影関連の戦闘も面白くはあるのですが、
これらが最初のルートだとテンポが悪く感じてたでしょうね。
3つのルートというよりは、Fate→UBW→HFという順で
1つの作品として構成されているのがよく分かります。
各サーヴァントにしっかり見せ場があるのもお見事。

ただ、昔から欠点だと感じていた部分も2つあって、
それは今回のプレイでも感じられました。
一つはバーサーカーをエクスカリバー一発で殺し切ったこと、
もう一つは前2ルートでの桜の出番の少なさ。
まあバーサーカー関連はヤツの特殊能力を考えると
他のやりようが難しかったというのは分かるのですが、
桜についてはもうちっと出番があってもよかったかなと。
HFまで引っ張って一気に出すのが狙いなのかもしれませんが、
個人的には他ルートでももう少し匂わせて欲しかったです。


まとめ。
いまだ色褪せない名作という感じでしょうか。
システム面でこそ古さを感じさせるものの
シナリオ、キャラの良さは今プレイしても楽しめますし、
その後長く続く作品になったのにも改めて納得です。
最近のエロゲー業界ではこういう力作はご無沙汰気味ですが、
いつかまたこのレベルの作品に出会えると思いたいです。

それはそれとして今度はHFルートが映画化されるらしいですが、
このルートは序盤が結構地味なのが気になるところ。
ゲームならともかくアニメだと映えないように思えますが、
そこをどう料理するかも含めて楽しみですね。