手を出したものの感想を書き溜める場所
『機巧のイヴ』乾緑郎 感想
機巧のイヴ
機巧のイヴ
posted with amazlet at 17.05.19
乾 緑郎
新潮社
売り上げランキング: 550,333

我々が知っているものとは微妙に異なる江戸時代を舞台に
カラクリに纏わる様々な出来事が描かれる幻想時代小説。

最初の短編「機巧のイヴ」は人間と機械人形の心を扱った
定番のSFストーリーを時代劇風の味付けで見せた感じで、
これはこれで短編小説としてよく出来ていたのですが、
それ以降の物語でどんどん世界観が掘り下げられていって
短編集としての構成の妙を感じられる作品でした。

タイトルの機械人形・伊武は重要キャラではあるものの、
彼女を起点として多種多様な人物を絡ませることで
読者を飽きさせない物語を見せてくれるのが素晴らしい。
世界観の説明にしても長々と地の文で説明するのではなく、
捔力取り、隠密、天帝といった人物が行動して示すことで
読者にはあっさりと、それでいて面白く見せています。

5つの短編の流れも面白いですね。
最初の2つは機械に関わった人間の不幸を描いていたので
そういう雰囲気のまま続くのかと思いきや、
3つ目ではこの世界観を生かしたサスペンス調になり、
4つ目、5つ目では人間と機械の小さな幸福を描いています。
綺麗に雰囲気が反転する短編集を読んだのは久々かも。
そのおかげで、怪しげな雰囲気の幻想小説にもかかわらず
日常物のような温かい読後感になっているのは興味深い。

機械人形という題材は使い古されたものですが、
単なる江戸時代ではなく架空の時代設定を混ぜることで
より幻想的な雰囲気を強くすることに成功した作品。
この世界観での物語をもっと見たくなる短編集でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

『PK』伊坂幸太郎 感想
PK
PK
posted with amazlet at 17.05.19
伊坂 幸太郎
講談社
売り上げランキング: 335,905

PKといえばサイキックかサッカーを思い浮かべますが、
これはそのどちらにも関係する物語。

今回の物語は3本の短編で成り立っていて、
全ての短編を読むと一つの物語が浮かび上がるという
伊坂さんの本ではよくある構成になっています。

全体的な雰囲気としては明るいSFホラーという感じ。
なんだか矛盾した表現にも思えますが、
得体の知れない力に影響される怖さはよく出ていますし、
それでいて登場人物の行動がどこかコミカルなので
妙に前向きな雰囲気が漂ってるんですよね。
読後に根拠もなく未来はそんなに悪くないのでは、
と思わせてくれる本になっていると思います。

ただ、雰囲気は良かったんですけど、
今回の作中の謎や展開はそれほど強力に感じられず、
先が気になるとまでは行かなかったのは残念。
サッカー、政治家、作家、スーツアクター、
そしてゴキブリという要素の繋げ方は面白いんですよね。
ただ、面白いといっても上手いこと言ったレベルで、
物語としての面白さとはちょっと質が違うかなと。

短編集ならこんなもんなのかもしれませんが、
もっと広げられそうな設定だけに物足りなく思うのかも。
さらっと読むにはいい本かもしれませんが、
歯応えを求めるには向いていない本だと感じました。

テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

『ブルーネス』伊与原新  感想
ブルーネス
ブルーネス
posted with amazlet at 17.05.16
伊与原 新
文藝春秋
売り上げランキング: 356,940

伊与原新さんといえば理系ミステリーなイメージですが、
今回の作品はミステリー色薄めのエンタメ小説です。

テーマとなるのは新型津波感知システム。
舞台となるのは東日本大震災を経験し南海トラフが迫る日本。
主人公・準平の所属するチームは一刻も早い
新型システムの稼動を目指して動き出したものの、
そこには既存のシステムや学閥が立ちはだかることに。

国家レベルのプロジェクトとなると動きが鈍くなり、
革新的なシステムが受け入れられるには
実際の災害で実績を出すしかないというのは分かりますが、
災害から人間を守るシステムを認めさせるために
災害が必要というのはなんとも皮肉ですね。
机上の理論に資金を出せないというのも分かるのですが…。

とはいえ、これは権威側だけの問題ではなく、
災害対策に失敗したとき叩く市民側の問題でもあります。
前例も予算も時間もなく、それでも予報や分析を外したら
ボロクソに言われるんだから守りに入るのも分からなくもない。
この本の終盤のように海保(政府)と学者と民間が
それぞれ自分に出来ることで積極的に力になる心構えこそが
地震大国日本では求められているのかもしれません。

現在の災害対策の限界を見せつつも
その最前線で戦う人々の懸命さをしっかり描くことで
爽やかな読後感を与えてくれる小説でした。

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

『決戦!三國志』 感想
決戦!三國志
決戦!三國志
posted with amazlet at 17.05.09
講談社 (2016-01-22)
売り上げランキング: 129,224

三国志をテーマに5名の作家が書いた短編集。
決戦シリーズなので「決戦」とついてはいるものの、
作品の内容はあまり決戦という感じがしなかったです。

というのもこの本、前半の3本で許攸、周瑜、法正という
策士タイプの人物を扱っているせいで
策士の本という印象が強くなってるんですよ。
いっそのこと策士の話だけを纏めても良かったのでは。

まあそれはさておき、個人的に面白かったのは
天野純希さんの周瑜の話と、東郷隆さんの倭人の話ですね。
周瑜の話はまず周瑜が孫権からの独立計るという
設定が面白いですし、孫権に毒殺されるという結末もいい。
周瑜が自分を暗殺するという手を打った孫権を
認めながら死ぬというのは天野さんらしいオチだと思います。

倭人の話は新鮮な気持ちで楽しめました。
当時の日本を呪術の国として捉えるところから始まり
倭人だけでなく于吉や張角といった仙人モドキも絡んできて
演技の怪しげな部分を抽出したような内容になっています。
壮大な三国志の物語の裏で中国に渡った倭人たちが
こっそり活躍していたと思うとワクワクしてきますね。

他3本も面白かったものの、新鮮さは少なかったです。
特に木下さんは御自身の本と比べると普通だった印象。
まあ、この手の企画でハメを外すのは難しいでしょうけど。
ただ、前半の策士ネタの偏りなどを見てると編集サイドが
作家さんを扱い切れていないようにも感じられました。
もっといい本になってもおかしくないメンバーですしね。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

『人魚の肉』木下昌輝 感想
人魚ノ肉 (文春e-book)
人魚ノ肉 (文春e-book)
posted with amazlet at 17.05.05
文藝春秋 (2015-07-10)
売り上げランキング: 85,745

幕末を舞台に活躍した歴史上の人物が
不死の妙薬といわれる人魚の肉を食したことによって
数々の怪異に巻き込まれていく歴史ホラー小説。
どの話も定番の逸話をホラーネタと結び付けることで
一風変わった読み味を感じさせてくれます。

個人的に好きなのは沼尻小文吾と斎藤一の話ですね。
沼尻小文吾の横向き小文吾というちょっと間抜けな逸話を
横に何かがいるというホラー的な介錯に落としたのは上手い。
かつて介錯に失敗したという心残りを近藤勇の亡霊を
介錯することで晴らすという流れも美しいです。

斎藤一の方は数々の偽名を名乗ったというエピソードを
ドッペルゲンガーとして介錯しているのがこれまた上手い。
違う名前の自分が次から次へと現れるというのは
ホラーではよくある話ですが、この不可思議な状況で
嬉々として自分に勝負を挑むというのが剣鬼・斎藤一。
彼が自分らしさを貫いているおかげでホラーにもかかわらず
読後は痛快さが残るという面白い話になっています。

他にも死の瞬間を繰り返す坂本龍馬や
吸血鬼と化す沖田総司など、ホラーとしての怖さを持ちつつ
それ以上にワクワクさせるような話がてんこ盛り。
歴史とホラーが好きな人にはたまらない作品だと思います。

テーマ:読書感想 - ジャンル:小説・文学