FC2ブログ
2019/01/11

『乱世をゆけ 織田の徒花、滝川一益』佐々木功 感想

乱世をゆけ 織田の徒花、滝川一益
佐々木功
角川春樹事務所
売り上げランキング: 321,250

織田家重臣の一人、滝川一益の物語。

織田家の出世頭と言えば豊臣秀吉が有名ですが、
この滝川一益の立身出世っぷりもなかなかのもの。
そんな一益が主人公となっているのが本作なのですが、
内容としてはちと盛り上がりに欠けたかなと。

甲賀忍者としての一益に焦点を当てたのは面白い。
小説としてこんなに面白い題材はないですし、
実際三方ヶ原の戦いまでは面白かったです。
飛び加藤のような大物忍者が出てくるところも良い。

ただ、信長が死んだ途端あっさりやる気をなくして
どこか投げやりになってしまうのはよろしくないです。
一応、物語としてのクライマックスは
神流川の戦いなのですが、意外性はほとんどなし。
主人公なら信長に使われるだけではなく、
信長の死後にもう非t段階化けて欲しかったです。
滝川軍団の結束というのもいまいち共感しにくかった。

終わってみると忍者ネタが多かった前半は面白かったのに
後半の駆け足っぷりが残念に思える作品でした。
確かに信長が死んでからの一益は精彩を欠きますが、
だからこそそこからの生き様をしっかり描いて
新たな一益像を見せて欲しかったです。
2018/12/23

『劉裕 豪剣の皇帝』小前亮 感想

劉裕 豪剣の皇帝
劉裕 豪剣の皇帝
posted with amazlet at 18.12.23
小前 亮
講談社
売り上げランキング: 192,521

中国南北朝時代、南朝の宋を建てた劉裕の物語。
小前さんの作品に前秦を扱った「王道の樹」がありますが、
時代としてはその直後から始まる形になりますね。

今作の特徴は劉裕の豪傑っぷりですね。
一兵卒から皇帝へのし上がった人間は他にもいますが、
これだけ個人の武力が強調される展開は珍しい。
ここは史実のエピソードを上手く膨らませて
主人公や物語の個性として成立させていた印象です。

性格面でも豪傑然とした人物として描かれていて、
決断力や判断力には優れているものの、
内政については腹心に頼ることが多かったですね。
人間的には薄いと取るか一本気と取るか微妙なところ。

物語の終盤には皇帝としての自覚も形成されて
政治にも関わるようになったものの、
そうなってから死ぬまでが早過ぎました。
もう少し早く政治の面白さに目覚めていれば
宋の根幹を確たるものにできたかもしれませんが…。

一人の剣豪の成り上がり物語としては痛快でしたが、
ラストは彼が建てた国の行く末を描いて終わるので
後味としては痛快さよりも寂しさが勝ってしまいました。
そこがまた歴史小説の醍醐味ではあるのですが…。
小前さんの中国歴史小説は他では読めないような人物を
ネタにしてくれるので、次の題材が楽しみです。
2018/12/20

『燕雀の夢』天野純希 感想

燕雀の夢
燕雀の夢
posted with amazlet at 18.12.19
天野 純希
KADOKAWA (2017-02-25)
売り上げランキング: 418,786

戦国に輝く英雄の父親たちを主人公にした短編集。

それぞれの話で主役となるのは長尾為景、武田信虎、
伊達輝宗、松平広忠、織田信秀、木下弥右衛門。
その活躍は息子たちに比べると地味ではあるものの、
息子たちが飛躍する基盤を作ったことに違いはないです。
いやまあラストの弥右衛門は例外ですが。

天野純希さんといえば自分の中では気鋭の作家なのですが、
同じ戦国短編の名手である伊東潤さんと比べると
まだ若干粗さが残るという印象ですね。
伊東さんと比べるとどんでん返しの衝撃は弱めで、
あくまで人物描写がメインという感じです。

6作の中では親子の複雑な関係を扱っているものが面白く、
そうでない為景、広忠の話は一段落ちる印象でした。
息子のために領土を広げようとするものから
息子に蹴落とされるものまで、様々な関係が楽しめます。
個人的にはあちこち流浪する信虎が一番面白かったかな。

広忠も一応家康のために頑張っているのですが、
肝心の家康が小さ過ぎたため他の親子と比べると
男としての対抗心が入る余地が少なかったですね。
弥右衛門と秀吉はほとんど絡みがなかったんですけど、
そこを生かしたオチになっているのが面白かった。

天野さんはまだまだこれからの作家だと思うので、
どんどん新しい本を出して、腕を磨いて欲しいです。
2018/12/12

『私はあなたの瞳の林檎』舞城王太郎 感想

私はあなたの瞳の林檎
舞城 王太郎
講談社
売り上げランキング: 7,150

舞城さんが描く3本の青春恋愛短編小説。
いつもの舞城さんの作品としては癖は弱めですが、
普通の小説と比べると癖が強いぐらいのバランスですね。

一本目はちょっと変わった中学生男子が高校生になり、
ずっと好きだった女の子と付き合うことになるお話。
と書くとただのロマンチックな少女小説ですが、
この女の子が小さい頃から虐待されていて
その現場で助けたことで初恋が始まるからややこしい。
こんな経験をした女の子は一筋縄ではいかないわけですが、
男の子の方もそこを気にしない辺りちょっとずれてて、
どこかヘンテコな恋愛劇が繰り広げられることになります。

二本目は芸術家の卵である女子大生のお話。
この話では高槻君と高橋君という才能豊かな
二人の男性が出てくるわけですが、
主人公と付き合うことになるのは高槻君の方。
しかし高槻君の圧倒的な才能に尻込みした主人公は
結局逃げるように彼の前を去ってしまいます。
その後高橋君と付き合う…となるとありがちな話ですが
別にそんなことはなく、高橋君は一人の芸術家として
主人公の自作を卑下するような態度をめっちゃ怒る。
お前の作品を好きな俺を馬鹿にしてるのコノヤロウ、
って感じで本気で怒るのでどこか笑えてしまいます。
ライトな芸術論小説としても面白い。

最後は自分は15歳で死ぬと思っていた少年の話。
いかにも少年ちっくな妄想という感じですが、
ことあるごとに周りから叩かれるのが面白いです。
実際、どうせ死ぬんだからと周りを醒めた目で見るより、
今を全力で楽しむ同級生の方が賢いでしょうしね。
自分も醒めた方だったのでどうこう言えません。
この話を読んでると分かるのが自分を矯正してくれる
女の子のありがたさ…叱ってくれる女の子マジで欲しい。

どの話も変化球気味ではありますが、
読んでいて若い頃に戻りたくなるという点では
間違いなく青春小説していたと思います。
2018/11/19

『スレイヤーズ16 アテッサの邂逅』神坂一 感想

スレイヤーズ16 アテッサの邂逅 (ファンタジア文庫)
神坂 一
KADOKAWA (2018-10-20)
売り上げランキング: 60

ひっさびさのスレイヤーズ本編です。
Wikipedia先生で調べてみたところ18年ぶりらしい。

サクッと読んでみましたけど実家のような安心感でしたね。
内容としてはいつものメンバー総出演のお祭り企画。
全員しっかり活躍していて大満足でした。
ただ、あくまで原作のナンバリング本ということで
アニメファンではなく原作ファン向けですね。
まあ、これを買う人は原作経験者ばかりでしょうけども。

リナは相変わらずリナだなぁという感じ。
単純明快な気持ちいい性格と戦闘での咄嗟の機転は健在。
街を攻撃するエルフに対して街を守るのではなく
即座に森を攻撃してエルフを誘い出すのはお見事でした。
ドラスレは無理やりねじ込んだ感はありますけど
まあそこはファンサービスとして撃たないわけにはいかない。

ガウリィってこんな化け物じみた強さだったっけと
思わなくもないですが、まあガウリィならやるかもなぁ。
まあ、ゼロス援護分もありますけどそれを考慮しても強い。
ゼルはひたすら地面揺らしてた印象ですけど、
敵への嫌がらせとしてめっちゃ有能ですね。
アメリアの反射攻撃も今回の敵に対しては超有能。
新キャラの内弁慶エルフは性能的にはチートですけど、
まあエルフと言えばプロ魔術師だから多少はね。

今回はあくまで突発企画とのことですが、
ここから話を広げられそうな内容でもありましたね。
クレアバイブルは割となんでもありですし、
エルフ内戦編へとい発展させていくのも悪くない。
まー、このクオリティで読めるなら第3部とは言わずとも、
今後も単発でいいので出して欲しいところです。
いあやはや、久々に心が若返った気分です。