2017/10/15

『ガソリン生活』伊坂幸太郎 感想

ガソリン生活 (朝日文庫)
伊坂幸太郎
朝日新聞出版
売り上げランキング: 60,823

伊坂さんの作品といえば毎回凝った構成が魅力ですが、
今回は一際凝っていると言っていいかもしれません。
何せ語り部が車なんですから。

今作の主人公はマツダの緑デミオ。
平凡な母子家庭の自家用車だった彼がひょんなことから
有名女優を乗せるところから物語は始まります。
物語の中心になるのは女優の死亡事故と、
極悪チンピラによる脅迫事件。
一見関係のない2つの事件がいつの間にか複雑に
絡み合っていくのは伊坂作品では定番のパターンですね。

主人公が車ということもあって、
人間が乗っていないときには人間の行動や会話を
知ることが出来ないという縛りは面白かった。
会話が描写されなくても車だから仕方ないと割り切れるので
作者の都合よく情報を隠せるのは便利過ぎますね。
これだけならずるく感じてしまうところですが、
その代わり車同士の会話で意外な情報が漏れてくるので
総合的に見るとアンフェアに感じないバランスは上手いです。
車が沢山出てくる作品だけに車の名前を知っている人と
知らない人では楽しさに差が出てしまうのは仕方がないか。

事件自体はシンプルでトリックも予想しやすいですが、
話の構成は逆転劇なので読後感は爽快でした。
登場人物に対してそれほど理不尽な結末がなく、
それぞれに妥当な評価が待っているので気持ちいい。
車たちの人間に対する考え方もいちいち面白く、
昔読んでいた車が主人公の童話を思い出しました。
2017/10/05

『戦国24時 さいごの刻(とき)』木下昌輝 感想

戦国24時 さいごの刻(とき)
木下 昌輝
光文社
売り上げランキング: 265,281

戦国時代の有名武将たちの最後の24時間を描いた短編集。
どの短編も残り時間がカウントダウンされるので
終始緊張感を持って読むことが出来るのが特徴です。

どの作品も木下さんらしい意外性に満ちた
着眼点と着地点が魅力なのですが、特に気に入ったのは
「お拾い様」と「山本勘助の正体」ですね。

「お拾い様」はタイトル通り豊臣秀頼の物語ですが、
このタイトルからして既に伏線になっているのはお見事。
秀頼を溺愛する淀君という定番といえる描写が
最後の最後で一気に反転するのにはやられました。
バッドエンドなのに上手く騙された爽快感が凄いです。

「山本勘助の正体」は山本勘助の正体が不明ということを
逆手にとって背筋が寒くなるような展開を見せています。
山本勘助が架空の存在というところまでは
読めたんですけど、そこから架空の存在だからこその
怖さを掘り下げて行くのは予想外でした。
存在しない山本勘助を殺す方法もよく練られています。

他にも伊達政宗が父を殺すまで、今川義元が討たれるまで、
足利義輝が斬り死にするまで、徳川家康が亡くなるまでと、
ヒリヒリするような24時間が楽しめる作品ばかりでした。
この死ぬまでの24時間というシチュは美味しいので
またネタが浮かんだら他の人物でも書いて頂きたいです。
織田信長とか既出過ぎてやりにくそうですけど、
だからこそ木下さんがどう料理するか見てみたいですね。
2017/09/29

『バイバイ、ブラックバード』伊坂幸太郎 感想

バイバイ、ブラックバード (双葉文庫)
伊坂 幸太郎
双葉社 (2013-03-14)
売り上げランキング: 35,863

5股をかけていた男主人公がドナドナされる前に
5人の女性に別れを告げに行く物語。

5股というとどんなクズ男やねんって感じですが、
いざ読んでみるとこの男、それほど悪くはない人間でした。
もちろん5股をかけるという行為自体はクズですが、
これはそれぞれの女性を元気付けた結果なので、
むしろいいことをしたのではと思えてくるのが不思議。
そう思わせるところがこの男の性質の悪さでもあるのですが。

ハーレム物の主人公の長所で「優しいところ」を
挙げられる展開というものがありますが、
そういう部分を突き詰めて行ったのがこの男なのかも。
ただ、行き当たりばったりの優しさを突き詰めて
5人と付き合うところまで行ったこの男の場合、
最終的に1人を選んでしまうハーレム主人公よりは
一本筋が通っているといってもいいのかもしれません。

5人の女性のバラエティ豊かさもギャルゲちっくですね。
普通、子持ち、怪盗、薄幸、女優と、
微妙にありえそうな女性からまずありえない女性まで
個性豊かで毎回新鮮な気持ちで読むことが出来ました。
基本的にどの女性もいい人ばかりなのですが、
怪盗の人は行動が突飛過ぎて付き合うと疲れそうですね。
個人的には気丈な子持ち女性と、飄々としている女優が好き。

最後の6番目の物語のヒロインが
最初から主人公の隣にいた繭美というのもギャルゲちっく。
怪獣みたいな外見の暴力女が真のヒロインというのは
ギャルゲとしては尖り過ぎですけど、
傍若無人だった彼女が最後にデレる展開は胸に来ました。

最後は主人公が助かったのか分からない感じで終わりますが、
この男、いい奴とはいえ5股野郎には違いないので
助かって欲しい気持ち半分、助かって欲しくない気持ち半分…
なので主人公の行く末をぼかしたのは正解かもしれませんね。
2017/09/28

『ハンニバル戦争』佐藤賢一  感想

ハンニバル戦争
ハンニバル戦争
posted with amazlet at 17.09.27
佐藤 賢一
中央公論新社
売り上げランキング: 299,324

名将ハンニバルが大活躍した第二次ポエニ戦争の物語。

ハンニバル戦争というタイトルですが、
本作の主人公はハンニバルのライバルであるスキピオ。
前半はまさにハンニバル無双といった感じで、
ローマは戦うたびに負けているという状況なので、
主人公であるスキピオも禿げ上がるほど追い詰められます。
親戚も次々と戦死して暗くなりそうな状況なのに
どこかコミカルで読みやすいのは佐藤さんの作風ゆえか。

後半はスキピオがその知識と才能を開花させるわけですが、
そこまでローマを持ちこたえさせたのがファビウス。
戦術面では無敵だったハンニバルを
戦略で押さえ込んだのがファビウスなわけですが、
こういう戦術を戦略で封じ込める展開は熱いです。
逆に戦略を戦術で突破する展開も好きですけど。
自分はファビウスについてはまったく知らなかったので
この人物のことを知れたのは大きな収穫でしたね。

しかしハンニバルの強さは凄まじい。
相手より少ない軍で包囲殲滅戦を行うとか、
当時の人間からすれば魔法としか思えなかったのでは。
作中でスキピオがハンニバル以前の戦術を学ぶより
ハンニバル自身の戦術を学ぶ方向へと舵を切りますが、
それだけ画期的な戦術家だったというのにも納得できます。

ハンニバルがすぐにローマを滅ぼさなかったことや
ザマの戦いでの敗北の原因がハンニバルの感情としたのは
賛否が分かれるところかもしれませんが、
こういう感情的な人間描写は佐藤さんらしさでもあります。
個人的には感情に振り回される人間は嫌いじゃない。
感情豊かなスキピオと冷徹なハンニバルの対比かと思いきや、
終盤でハンニバルの感情が明かされる流れはお見事でした。
スキピオもハンニバルも晩年は不遇でしたけど
彼らが残した戦いの軌跡は今なお輝き続けていることを
改めて教えてくれる作品でした。
2017/09/17

『九十三歳の関ヶ原 弓大将大島光義』近衛龍春 感想

九十三歳の関ヶ原 弓大将大島光義
近衛 龍春
新潮社
売り上げランキング: 135,888

弓術に生涯を捧げた一人の老将の物語。

物語は信長の美濃攻めから始まるのですが、
主人公である大島光義はこの時点で既に53歳。
戦国物としては異例の高齢主人公ではないでしょうか。

一般的な戦国武将で53歳といえば
長男に家督を譲って大御所として差配する年齢ですが、
光義の場合はまだまだ前線の一兵卒。
弓の腕ではそこそこ名が通っているとはいえ、
小者一人を連れてひたすら弓を引くだけの存在です。

面白かったのは作中の大半を一介の射手として過ごした点。
斎藤義龍の部下から始まって龍興、織田信長、信孝など、
次々と主を変えながら天下が統一されるまでの流れを
前線の兵士の視点で描いているのは新鮮でした。
主人への忠義と強い者に付く合理的判断の狭間で悩む姿は
一人の人間として共感しやすかった。

年を取って用済みと思われつつある老兵と
鉄砲の進化によって用済みと思われつつある弓を重ね、
鍛錬によって他人に一泡吹かせる展開も痛快。
90歳でも敵を射倒せる光義は超人だからこそですが、
それでも老人の活躍を見ると明るい気分になれますね。

光義は歴史に大きな影響を与えたわけではありませんが、
一つの道を極めるために死ぬまで走り続けることの
気持ち良さを教えてくれる作品だったと思います。