2016/04/03

『アルティメット・ノベル・ゲーム・ギャラクティカ』 感想

公式はこちら

サークル『人工くらげ』のSFノベルゲームである
『アルティメット・ノベル・ゲーム・ギャラクティカ』の感想です。

タイトルのアルティメット・ノベル・ゲーム・ギャラクティカとは
3000の並行世界に存在する自分が一同に会し、
それぞれが作成したノベルゲームを発表する即売会の名前。
物語は主に3つの世界の自分の視点で進行し、
各々が部活モノ、東方二次創作、SF作品を作ることになります。

ここでシレッと東方二次創作が入っているところが
同人ゲームならではの展開であると同時に、
作中と現実が繋がっているようなリアルな感覚を与えてくれます。
東方だけでなく、現実にあるアニメやゲーム、声優の名前も
ガンガン出していけるのは同人ゲームの強みでしょう。

話のメインテーマは「物語を作る」ということ。
これだけだと単なる文学的な話になりがちなのですが、
それに並行世界を絡めてSF仕立てにしているのが面白いですね。
単なる並行世界だけでなく、過去や未来も絡んできますし、
物語を作らなかった世界も垣間見える点が話に厚みを与えています。
オタク要素を使った見せ方も上手く、歴代戦隊モノを並べ合って
どの時点で並行世界がズレ確かめる展開は胸が熱くなりました。

作中作が3本もあることも本作の特徴。
どの作品もなかなか興味を引かれる内容なのは当然として、
キャラをどこまで増やすかや二次創作でのオリキャラ投入など、
作り手としての判断を問われるネタも盛り込んでいます。
個人的には物語を纏め切れるなら何でもありだと思っていますが、
一般的には受けの悪いネタも数多くあるわけで、
そういうのを意識しつつどこまで自分が作りたいものを
作っていけるのかというのは、創作の永遠のテーマですね。

本作には機見さん、野々原、パル子という3人の女性が登場し、
視点も3つに分かれているのでてっきりギャルゲー的な
ヒロイン選択が発生するのかと思い込んでいたのですが、
どのルートでも野々原とくっついてたのは意外といえば意外。
まあ、ノベルゲームを作るというこの作品の目的を考えると
他の選択肢はかなり難しくなるわけですが、
これに関しては自分のギャルゲー脳を反省した次第。
もちろん、商業作品なら他の手段でノベルゲームを作る展開にして
話の幅を広げるのが常道ですが、同人作品でしかもフリーですし、
物語をコンパクトに纏めたのは適切だったと思います。


まとめ。
最初触ったときは「最高のノベルゲームを作る」作品なのかと
思っていたのですが、実際にはその手前の段階である
「作品を完成させる」ということについて考える作品でした。
この手の作品では業界の薀蓄が多くなることが多々ありますが、
本作ではそこを薄めにして、あくまで創作の心構えについて
SF要素を絡めて語るという点に注力していたのが良かったなと。

創作活動というものを真面目に考える作品として
良い刺激にはなりましたし、これから創作活動を考えている人や
未完成作品を抱えている人には是非触って欲しい作品です。
2014/08/21

『スターズ★ピース 恋愛応援⇒友達獲得ケーカク』 感想

公式はこちら。
スターズピース
平星高校ゲーム制作部さんが作った大作無料同人ゲーム、
『スターズ★ピース 恋愛応援⇒友達獲得ケーカク』の感想です。

主人公「上倉ひかり」は今まで数多くの転校を繰り返し
どの学校でもボッチを貫いてきたプロボッチと言える存在。
そんな彼女が今度こそ友人を作るために考え出したのが
クラスメイトの恋愛を応援して友達になるという方法。
しかし一筋縄ではいかないクラスメイトたちの恋愛となると
そう簡単に行くはずもなく、毎回毎回四苦八苦することに。
というのが話の大まかな流れです。

このゲームを一言で表すなら学園版逆転裁判でしょうか。
あくまで学園物なので殺人事件は起こりませんが、
学園内を走り回ってクラスメイトからの聞き込みを繰り返し、
最後は討論によって事件を解決するという流れは同じです。
キャラの立ち絵が派手に動いてドーン!バーン!という感じで
証拠を叩き付けるという演出も見てて非常に楽しめました。
ssuta.jpg
画像でちょちょいと出すだけなので動作が軽いのも良い。
エロゲでもこういう演出、もっと流行ればいいと思う。
ss題

シナリオの分量も多く、コンプまで2周する必要があるので
だいたい30時間程度はプレイすることになりそうですね。
でも事件自体は学生の恋愛レベルに収まっているので
話の吸引力は強くなく、一気にプレイするのは難しいかも。
とはいえ、それもいわゆるバトル物と比べた場合の話で、
日常系の話としては十分な面白さを持っています。
てゆーか面白くなければ1ヶ月もかけてコンプしませんって。

ただ、話の構成的には日にちをかけやすいんですよね。
導入→調査→討論というようにパート分けされているので
一区切り付いたらスッキリして次の日に投げられますし、
他ゲームを触ってる合間の気分転換などにも最適です。
発売直後のエロゲなんかだと「はよクリアせにゃ」精神が
働くんですけど、この作品の場合は関係ないですしね。

上では吸引力が弱いとは書いたものの、
30人ものクラスメイトをしっかり動かしながら
各話をしっかり纏めつつ、ラストに主人公の問題を
持ってくるという王道展開できっちり〆たのはお見事。
吸引力の弱さにも関わらず最後まで飽きなかったのは、
恋愛応援というともすればワンパターンになりそうな素材で
毎回違う展開を見せてくれたことが大きかったですね。
ライバルとしての探偵同好会の存在もナイスアクセント。
ガツンと来る面白さではなく安定した面白さと言うか、
プレイして疲労感の少ない作品でした。


まとめ。
無料で容量1GB超です。
いや無料で長ければいいってもんじゃないですが、
このクオリティ、この長さで無料というのは純粋に凄い。
クラスメイトたちのキャラも立っていましたし、
プレイしていて終始楽しめる作品だったと思います。

女性主人公でいわゆるギャルゲーとは異なる作品ですが、
逆転裁判のようなADVが好きな人にはお勧めかと。
普段はエロゲーメインなのでどうしてもこういうゲームは
後回しになるのですが、このゲームは空いた時間に
ちまちまと進めさせてくれる手軽さが大きな魅力でした。
2014/01/08

『アスタブリード』 感想

公式はこちら。

ハイクオリティな同人ゲームを作り続ける
えーでるわいすさんの新作をクリアしてみました。

ジャンルとしては分かりやすいアクションSTG。
横シューや3Dシューに視点を変えつつ、
敵を切りまくりながら進んでいくゲームです。
ロックオンシステムなど特殊機能もありますが、
使い方は一発で分かるのでまったく問題なし。

ひとまず難易度ノーマルでクリア済み。
前半は斬撃でごり押しできたのですが、
流石に後半では何度もコンティニューする破目に。
それでも繰り返してるとパターンは見えましたし、
アクションが得意な人なら余裕でしょう。
他にもHardやEasyがあることを考えると
難易度はちょうどいいか、若干簡単気味かな?
最近ジックリゲームしなくなった自分としては
これぐらいがちょうどいいのかもしれません。

ただ、敵や弾が増えると目が追いつかず、
よく分からないまま被弾することも多かったです。
難しいというよりは見にくいという感じ。
後半に行くと目が慣れてきて被弾は減るものの、
ゴチャゴチャしている印象は拭えませんでした。
ここら辺は背景との兼ね合いもあるかな。
グラフィックが綺麗なゆえの欠点でしょうか。
とりあえず見にくくなったらボムぶっぱ安定です。

演出は派手で眺めているだけで面白い。
グリングリン動くロボもかっこいいですが、
戦闘中やデモでキャラが喋りまくるのも良い。
登場キャラは思っていたより少なかったですが、
ワイワイ喋るので作品としては賑やかな印象です。
主人公は気持ちのいい馬鹿ですし、姉妹は可愛い。
禿げ親父も主人公以上に馬鹿で熱かった。

でもストーリーはかなり駆け足でしたね。
始まったと思ったらいきなり最終決戦に突入し、
そのまま一気に駆け抜けていった感じです。
キャラももう数人欲しかったなぁ。
STGのステージ数的には仕方ないんですけど、
1クールアニメだともっと綺麗に収まりそう。
まあSTGで13ステージとかだと死にますが。
あと、自分としてはラスボス戦よりも
その一つ前の方が盛り上がったのが残念かな。
王道展開ではあるんですけどね。


まとめ。
細かいことを考えずにスカッとできるゲーム。
撃ってよし斬ってよしで敵を殲滅していくのは
気持ちいいですし、合間に入る演出もかっこいい。
STGなので一周するのにかかる時間も短く、
心が折れる前にクリアできる難易度もいい感じ。
可愛い姉妹による萌えシーンなんかも
あったりして、まさに充実の内容でした。
ロボ系STG好きならお勧めできると思います。

しかしクオリティの分、お値段も高め。
ここまで力を入れてる作品だと内容的にも
値段的にも商業作品との差が少ないんですよね。
サントラ付きなのでお得だとは思うのですが…。
2013/01/15

『AKIBAALIVE -OVERTURE-』 感想

公式はこちら。
AKIBAALIVEマスターアップ!
前々から楽しみにしていた同人ゲームである
AKIBA ALIVEの委託販売がついに開始!
ということで早速購入して遊んでみました。

このゲームは最近同人でも増えてきている
分割タイプのゲームなのですが…

とりあえず続きがめっちゃ気になる!!

いやはや、流石にいいところで切っています。
話が終わった…と一息ついたタイミングで
新事実が明かされるのはやっぱり燃えますねー。

ゲームの舞台となるのは近未来の秋葉原。
オタクの聖地を舞台にしているだけあって、
ストーリーはもちろん、システム面でも様々な
オタク要素が詰め込まれているのが面白いです。

アドベンチャーパートで話を追いつつも
RPG的な戦闘やタイピングゲームをこなしたりと
一つのジャンルに縛られないフリーダムっぷり。
もちろん普段の会話内にもオタクネタが多く、
誰もが知っているネタからマイナーネタまで
その守備範囲は広範囲に渡っています。
この自由さこそ同人ゲームって感じですね。

秋葉原でブームになってるMMOを進めつつ、
並行してリアルで起こる様々な事件を解決する、
というのがこのゲームの主なストーリー。
今回のお話は一応、一区切り付いているものの、
まだまだ謎を残したまま次回へ続いています。

前半はゆるーいオタ話メインのドタバタですが、
後半は一気に重くなるのが凄いギャップでした。
一応伏線はあるので読めていはいるのですが、
シリアスになると無駄話がなくなるせいで
展開が早くなってしまうのが難点ですね。
そのせいで少しバタバタしてしまった感があり。
個人的には、作品の雰囲気がシリアスに
馴染むためにもう少し間が欲しかったかも。
とはいえ、どのエピソードも起承転結は
しっかりしているので読みやすかったですね。

主人公が隠れ中二病なのは珍しい気が。
最近流行の表に妄想を出すタイプではなく、
突発事態に対してポロッとかっこつけた台詞が
飛び出してしまい後で恥ずかしがるタイプ。
いやー、とても微笑ましいですよ、この子。
隠れ中二病属性にとっては凄く共感できます。

あと女の子がやたらとたくさん出てきますけど
どの子も可愛くてプレイ中ニヤニヤしてます。
メールで会話するのも楽しい。
エロゲじゃないのでルートはないのですが、
今回のヒロインは一応、凛音になるのかな
私的に一番可愛かったのは委員長ですけどね。
真面目でお馬鹿でツンデレって最高やないか。

まとめ。
B級という誉め言葉がぴったり過ぎる作品。
正直どこかで見たような要素も多いのですが、
それをオタクや秋葉原というネタを中心にして
非常に上手く切り貼りしていると思います。
オタク要素を詰め込んだストーリーはもちろん、
戦闘パートも適度に歯応えがありますし、
プレイしてて最初から最後まで楽しかったです。

今から続編が非常に楽しみなのですが、
作るのに手間がかかりそうな作品であるだけに
無事完成させられるのかが気になるところ。
ひとまず応援しつつ気長に待つことにしますか。

以下ネタバレな感想。

続きを読む

2012/11/18

『ポエミーライフ』 感想

公式はこちら

イカれた大学生がおかしな仲間たちと過ごす
ドタバタ生活をネタにしたバカゲーの感想です。
フリーゲームで長さも短めなのでとてもお手軽。

流石に作者がバカゲー宣言しているだけあって
最初から最初までテンションがおかしかった。
突っ込み…もなくはないですがほとんどないです。
その場のノリで友人の腎臓を売ったりします。
容赦なさ過ぎる展開には引く人もいるかも?
そういうゲームだと割り切れば楽しめますけど。

主人公本人も大分いかれているのですが、
他の変人と比べると若干真人間寄りな気も。
何かあるとバタフライナイフを振り回したり
ソフトクリームに命をかけたりしますが、
このゲームでは割と普通…だと思います多分。
この適度な普通さのおかげで騒動を起こしたり
騒動に巻き込まれたりと便利に使われています。

逆にヒロインである穂香ちゃんは割と普通。
頭のメモリが足りないので話題転換すると
前の話題をあっさり忘れちゃいますけど普通。
一応、善悪判断が常識的というのが大きい。
そのせいであまり活躍できないですけど。
出番自体も他キャラと大差ないですしね。
一応主人公の弟子になりますけど。

てゆーか他の女性陣が濃過ぎる。
自分の目的のためなら手段を選ばず暗躍し、
BADエンドコーナーでも無法状態な副編集長。
殺人行為を隠す気もない殺人者、桃瀬先輩。
化粧が濃いけど純情可愛いハマコー。
……うん、これはカオス過ぎるわ。
個人的にはハマコーの常識人っぷりが好き。
穂香ちゃんより常識人ですけどこの世界では
それが強力な個性になっている気がします。
男キャラも濃いですけど女性陣よりは普通か。
黄河先輩はいたぶられ過ぎだとは思いますけど。

まとめ。
良くも悪くもぶっ飛んだネタを楽しむゲーム。
その場のノリでかなり無茶をしているので
ついていけない人もそれなりにいそうかも?
とはいえ、バカゲーを作るというのが狙いなら
見事に狙い通りの出来になっていると思います。
無茶なゲームをやりたい人にはお勧めの一品です。