手を出したものの感想を書き溜める場所
『天壌のテンペスト』体験版 感想
公式はこちら。
天壌のテンペストを応援しています!
サークル「LION HEART」さんの新作であり、
東方シリーズの二次創作でもある
「天壌のテンペスト」の体験版の感想です。

今回の主人公は天子ちゃん。
ひょんなことから異変に巻き込まれた天子が、
喧嘩を売ってくる敵を返り討ちにしながら
元凶をぶっ飛ばしに行くという内容です。
天子はキャラ的に使いやすいせいか、
何気に二次創作での主人公率が高いような?
私としては嬉しいですけどね。

ジャンル的には横スクロールACTですね。
威力は弱いけど安全に敵を倒せる射撃、
敵に近付いたらコンボを繋げやすい打撃、
一撃の威力は高いけど隙が大きい剣撃。
この三つを使い分けて進行していくのが基本。
ボム的扱いとしてスペカも装備しています。
スペカのカットインはくそカッコイイです。

通常攻撃やスペカの種類が多いのは嬉しい。
各操作の技を変更することで自分なりに
カスタマイズできるところは天則っぽいです。
こういう原作オマージュはいいなぁ。

プレイヤーキャラである天子の体力が高く、
自動回復もあるのでクリアするだけなら
それほど難しくはなさそうな気が。
敵やボスの強さにしてもギミックにしても
今のところはそれほど意地悪ではないですし。
でもスコアは細かくカウントされるので
ハイスコアを狙い出すとかなりやり込めそう。
こういうバランス調整は個人的に好みです。

特徴的なのが天候システム。
敵の攻撃を見切ることによって天候を変え、
状況を有利にしていくというのは面白い。
進行中に先へ進めなくなったときには
とりあえず天候を変えると道が開けます。

まとめ。
手堅いアクション要素を派手な演出で彩った
プレイしていて楽しいアクションゲーム。
天子は可愛いし話の先も気になるので
委託され次第購入しようと思います。
でも9月か……うーん、ちょっと先だなぁ。

テーマ:東方プロジェクト - ジャンル:ゲーム

『東方輝針城』体験版 感想
東方シリーズ最新作、東方輝針城の体験版が
DL可能になったので早速プレイしてみました。
例大祭組より音速が遅いですがそこはそれ。

今回の主人公は霊夢、魔理沙、咲夜の三人。
妖々夢から東方に入った私としては
懐かしい気持ちになる組み合わせですね。

各キャラ2タイプなのも定番ですが、
今回は道具を使っている方はクリア重視、
道具を使っていない方は稼ぎ重視なのか?
道具はあからさまに怪しい物ばかりですけど
こっちでもハッピーエンドに行けるのかな。
ラスボスは変わりそうな気がする。

ステージについては1面はいつも通りの東方で、
良くも悪くも印象に残らなかったですね。
人魚ちゃんは刺身にされそうなキャラだなぁ。
チルノ再登場も微妙にマンネリ感。
まあ舞台が舞台ですし出て当然かもですが。

2面の赤蛮奇は面白かった。
首を飛ばすという噂は聞いていたのですが、
実際見てみると面白過ぎて変な声が出ました。
へにょり玉は最初見たとき難しそうでしたけど、
所詮は2ボスなので大したことなかったですね。
メルランがトラウマになっているので
ちょっといやーな感じは受けるんですけどね。

3ボス狼少女。
突撃来るだろうなぁと思ってたら案の定で、
しかもここで初被弾してしまいましたとさ。
突撃系は苦手。分かっててもビクッとなる。
でも技自体はこころちゃんの獅子舞と
似ているせいかインパクトは薄めでした。

曲は2ボス、3道中、3ボスが好き。
2ボスの曲はいい感じで胡散臭い。
導入部分のウネウネした曲調好きやわー。
3道中は神主自身も言っているように
永を感じさせる雰囲気で懐かしいですねー。
1面のチルノといい、今回は過去作品を
髣髴とさせる展開が多いような気がします。
3ボスは2ボスと曲調が似ている気がする。
もちろんどちらも好きなんですが、
似ているからこそ好きなのかもしれません。

そんな感じで今更感溢れる感想でした。
東方は昔ほどハマってないとはいえ、
やっぱりプレイしていて楽しいですし、
製品版の出来にも期待しています。
後半でも懐かしい展開が来たりするのかな。

テーマ:東方Project - ジャンル:ゲーム

『幻想少女大戦永』体験版 感想
公式はこちら。
幻想少女大戦永
東方シリーズの二次創作としては
比較的有名な方に入る幻想少女大戦。
その最新作の体験版をプレイしてみました。

私自身はこのシリーズの今までの作品は
未プレイで、今回が初体験となります。
もちろん名前だけは知っていたのですが、
東方の二次創作が膨大になったこともあり、
触れるのが後回しになっちゃったのです。

システムは安定のスパロボ系SLGですね。
弾幕システムなど特有のものもありますが、
精神コマンドや攻撃システムはそのまんま。
商業でも長く使われているシステムだけに、
UIに関しては完成された感があります。

戦闘シーンはよく動いてますね。
流石に最新のスパロボよりは劣るとはいえ、
見てて「おおっ」と思わせられるレベル。
黄昏のゲームもそうですけど、やっぱり
キャラがグリグリ動いてるのは気持ちいい。
あと毛玉の台詞がいちいち面白かったです。

難易度は、これが意外に難しい。
とりあえず難易度ノーマルで始めたのですが、
敵は硬めですし、攻撃も当ててきますね。
最近SLGに触っていないこともあって
思ってた以上に苦戦させられました。
もっとも、ノーマルなら丁寧に進めつつ
精神コマンドを使えば特に問題はないです。
上の難易度は結構辛そうですが。

ストーリーは原作がベースであるものの、
なかなか大胆にアレンジしていますね。
今回の永は永夜抄を元にしているのですが、
風や聖のキャラが既に参戦しているのは
原作経験者にとっても新鮮な展開。
まさか初期三部作の再構成物だったとは…。
でもさとりちゃんが使えないのは惜しい。

まとめ。
ごめんなさい、正直、侮ってました。
戦闘やシステムはともかく、ストーリーは
ゆる~い感じなのかと思っていたのですが、
実際にプレイしてみると予想以上にガチ。
体験版の初っ端から引き込まれてます。

とりあえず次の通販利用時に過去2作を
注文するとしますかね…。

テーマ:東方プロジェクト - ジャンル:ゲーム

東方神霊廟体験版 感想
公式はこちら
今更説明するのもアレな気はしますが、
東方シリーズ最新作の体験版の感想です。

今回の自機はいつもの霊夢、魔理沙に加えて
前回から続投の早苗、久々に復帰した妖夢の4名。
さくよさんは二次創作でお楽しみくださいってことですか。

とりあえずざっとプレイした感じでは妖夢が楽しい。
溜め打ちでサクサク切るのがなかなか快感ですね。
ボムや死亡時の発狂っぷりには噴きました。
通常ショットの威力も悪くない気がしますし、
久し振りということでちょっと贔屓気味なのかな。

敵キャラではまさかの一面ゆゆ様が嬉しかったです。
相変わらず神主絵のゆゆ様は普通にかーいいな。
二面ボスも可愛いんですけど小傘ちゃんとちょっと被る。
しかも小傘ちゃんもさらっと再登場してますし。
三面ボスは今回もネタキャラでした。
新しいアホキャラとして同人誌での活躍に期待ですね。
しかしこのタイミングでゾンビネタを入れてくるとは
神主はまどかかこれゾンを見てたのかしらん。

曲はちょっとインパクト不足かな。
全体的に好きではあるもののこれは!という物はなし。
ゴーストリードはいつもの一面っぽくて燃えますし、
道中曲はどれも雰囲気があって聞きやすいですけどね。
一面から墨染めとか流れたら間違いなく爆笑してました。

初見でノーマルクリアできましたし難易度は普通かな。
でもいつもより前に出て倒すことを要求されているような。
私は割と突っ込むのが好きなのでウエルカムですけど。
画面が見にくいのはちょっと気になりましたね。
敵と弾とアイテムがごちゃごちゃし過ぎてるような?

まあ、なんだかんだでいつもの東方です。
でも既にゆゆ様、小傘と二人も既存キャラが
登場していますし後半でも二人ぐらいくるのか?
まあ期待し過ぎない程度に期待しますかね。
天子ちゃんかさとりちゃんが来たら狂喜乱舞します。

テーマ:同人ゲーム - ジャンル:ゲーム

東方神霊廟~Ten Desires.発表
しんっさくっだー。
東方神霊廟ということはまた神関連か?

話題の9割がこれだと思いますが妖夢自機おめ。
まさかここで自機復帰があるとは思ってませんでした。
最近一歩引き気味な冥界組の起爆剤になれるのか?
散々言われてますけど立ち絵が妙に色っぽいですね。
イメチェンは成功した模様。

そして自機から外れたさくよさんは南無。
むしろこっちが復帰するかと思っていただけに意外。
まあ、自機から外れたことで逆にネタができたので
ある意味美味しい立場と言えなくもないのですが、
これ系で弄られ続けるのは微妙なところであります。

早苗は外れることは無いと思ってましたし予想通り。
今回も空気読まずに好き勝手やるんでしょうね。
個人的には地か星のキャラが欲しかったところですが。
人間度が足りないなら天子ちゃん辺りで。

今回は難易度が低めだとか。
実際にやってみるまで信用は出来ませんけど、
ハードまでサクッとクリアして終わる感じかな。
ハマればルナまでいきますけどそこは敵キャラ次第ですね。
でも妖の450時間プレイまで届くことはないだろうなぁ。
妖と地についてはまだプレイ時間が増え続けていますしね。

ともかく、のんべんだらりと期待しております。

テーマ:東方プロジェクト - ジャンル:ゲーム