2017/10/09

『BALDR BRINGER』体験版 感想

公式はこちら

戯画が誇るバルドシリーズの新作にして最終章、
『BALDR BRINGER』を体験してみました。

これまでのバルドシリーズはサイバーパンクな世界観と
複雑なシナリオ、爽快感のあるアクションパートが魅力であり、
過去に出た作品もかなり楽しませていただいたのですが、
今作の体験版は正直、がっかりな出来でした。

冒頭で機械の身体を持った主人公が目覚めるシーンは
今までのシリーズの雰囲気を漂わせつつも新鮮な展開で
これから面白くなりそうな気配を感じたのですが、
それ以降はまったりした展開で盛り上がらなかったですね。
基本的にエリアの管理者である女の子を倒して
仲間にしていくを繰り返すだけのとても単調な流れ。
過去作のように先が気になる引きがなかったのは残念。

アクションパートも今までと比べるとダルかったです。
もっさりとしたダッシュで広いマップを彷徨いながら
目的地を探すの繰り返しで、体験版途中でお腹いっぱいに。
ワラワラ涌いてくる敵をひたすら倒すのも爽快感なし。
このシステムだと今までのように楽しめる気がしません。
なんでこんなめんどくさいことになっちゃったかなぁ。

ヒロインに関しては良くも悪くもエロゲらしい
可愛さを持っていて萌えやすいのですが、
エピソードを選んで進めるというシステムのせいで
本筋への関わりが薄く感じられました。
やっぱエロゲは分岐と個別ルートがないと物足りないです。
ヒロインの数だけは多いですけど、これなら数を減らして
ちゃんとした個別分岐を作って欲しかったですね。
まあ今回のシステムだとヒロインを減らすと
武器も減っちゃうというめんどくさいことになりますが…。


まとめ。
うーむ、どうしたもんかこれは。
今のところシナリオはヒロインを回収しているだけで
これまでとは比べ物にならないぐらいまったりしていますし、
アクションパートもお使いゲーム的なめんどくささが強い。
廉価ゲームならこういう淡々としたシナリオでも
良かったかもしれませんが、本家となると物足りないです。
主人公がシュミクラムでありながら、人工物らしからぬ
とぼけた性格なのは面白かったですけどね…。

主人公の設定を見た時点では結構期待していたのですが、
体験版がこの出来だと今回はスルーするしかない。
これがシリーズ最終章となると残念でなりません。
2017/10/03

『ゆらめく心に満ちた世界で、君の夢と欲望は叶うか』体験版 感想

公式はこちら

ほのぼの萌えゲーメーカー、CUBEの新作である
『ゆらめく心に満ちた世界で、君の夢と欲望は叶うか』
を体験してみました。

ほのぼの萌えゲーメーカーと書きましたが
今回の作品はサスペンス風の幻想作品という感じで、
これまでCUBEの印象からは大きく外れたものになっています。
南にある離島で美少女たちとの同居生活…と書くと
よくあるエロゲーのようにも感じられますが、
最初から不穏な雰囲気が漂っているのが大きな特徴ですね。

日常会話はほのぼのしている部分も多いのですが、
主人公が死亡したと思わせる場面が何度かあったり、
ヒロインがループを自覚しているような言動を見せたりと
思わせぶりな部分もかなり多いので油断できません。

ただ、頑張って伏線を見せているとは思うのですが、
思わせぶりな会話が多過ぎてテンポが悪く感じる面も。
ことあるごとに「知らないはずなのに…」とか
「前に喋ったっけ?」とか言われるせいで
体験版の最後の方ではげんなりしていたのも確かです。
ここらへんは気合が空回りしているように感じました。

ヒロインに関してもいつもより萌え方面は控えめ。
その代わりそれぞれ重い謎を匂わせる面が強いです。
すみれはこの世界の謎を知った上で利用していますし、
月乃とこのはの歪んだ関係も闇が深そう。

しかし主人公と巴の関係は微妙でした。
本来ブラコン妹って自分好みなはずなんですけど
本作の巴は立ち回りがいまいち好みではなかったですし、
兄である主人公も恋愛への対応が好みじゃない。
恋愛苦手系主人公って個人的にかなり苦手なので
よっぽど強烈な個性がないと好きになれないですね…。
後半で何か主人公の存在をひっくり返すような
どんでん返しがあればいいのですが。


まとめ。
話の仕掛けは凝っていそうではあるものの、
全体的にたどたどしくてパワー不足気味に感じました。
海の底や夜の闇といった幻想的なシチュエーションを
しつこい伏線アピールが台無しにしてしまってるような。
作品に入り込めそうになったところで引き戻される、
の繰り返しで最後まで集中できなかった感があります。
ヒロイン的にストライクな娘がいなかったのも痛い。

オチは気になっているので回避確定ではないですが、
11月に『アオイトリ』が出るならそっちを買うと思います。
2017/09/19

『セヴンデイズ あなたとすごす七日間』体験版 感想

公式はこちら

LIFE0のデビュー作である全年齢対象ゲーム、
『セヴンデイズ あなたとすごす七日間』を体験してみました。
触った後に全年齢対象だと気付いたのは秘密だ。

呪いのビデオを見た主人公が美少女幽霊に取り付かれ、
彼女の未練を解消する手助けすることになるというこの作品。
これだけならよくありそうな話ですが、
変わっているのはこの幽霊が7人の幽霊の集合体である点。
そして49日の7日ずつを使ってそれぞれの未練を
解消していくというのが物語の大きな筋というわけです。

日常パートは一昔前の泣きゲーに近い印象で、
基本的には軽快な会話で進みつつも
シリアスな別れの気配を感じさせながら進みます。
この手の話だと最後に生き返るにしてもお別れするにしても
今となっては新鮮さは薄いのですが、
そこを意外性や演出でどうカバーするかは気になりますね。
最初のループ展開を見ると単純に成仏させていって
終わりということにはならない気もしますが。

ヒロインが7人と多めなのは難しいところです。
予定通り7日ごとに成仏していくとすると
最後に辿り着くまでに何度も別れを見せられるわけで、
後半に辿り着く頃にはマンネリ化してそう。
キャラが減って雰囲気が重くなると
体験版のワイワイした雰囲気もなくなるでしょうし、
果たして面白さをどう維持していくのか…。

あとは全年齢対象でミドルプライスという点。
自分はエロを重視するタイプではないですけど、
それでもエロがないと寂しい気分になってしまいます。
しかし4800円という価格は気軽に手を出せる範囲…
と思いつつもやっぱりエロありで5800円ぐらいだと
エロゲーマーとしては妙な安心感があるので
できればこの辺りを狙って欲しかったところですね。
表声優さんを使った方が売りやすいのかもしれませんが。


まとめ。
ヒロインを一人成仏させるところまで見せて欲しかったかも。
そこまで見せてくれればヒロインの扱い方も
ある程度把握できて購入するかの判断もしやすかったでしょう。
現時点では、日常会話やキャラクターは悪くないものの、
強烈な魅力に欠ける作品という印象でした。

そんな感じで若干厳しめの評価になっていますが、
今月は特に欲しい作品がないことや価格の安さもあって、
購入候補としては結構高めな位置にいたりします。
先月は恋愛教室を踏んでいるので
2ヶ月連続で踏むのは避けたいところですが…。
2017/07/28

『アオイトリ』体験版 感想

公式はこちら

最近安定してきた感のあるPurpleSoftwareの新作、
『アオイトリ』を体験してみました。

本作の主人公は触れた相手を幸せに出来る能力持ち。
そんな能力もあって女学園ではモテモテで
相手が望むままにセックスしまくっていたわけですが、
そんな彼が吸血鬼の少女や自称・悪魔との出会いによって
自分を見つめ直す3日間の物語…というのが体験版の内容です。

今回の体験版では学園パートがほとんど存在しないため
ヒロインとしてはメアリーの独壇場になりますが、
その分、主人公とメアリーの掘り下げに集中できたおかげで
短編としては綺麗に完結した内容になっています。
メアリーの関しては今後やる事があるのか心配ですが。

主人公に関しては相手に幸せを与えるだけかと思いきや、
かなり万能な力を持っていることが明らかになったせいで
これからのストーリーが読めなくなりましたね。
まあ流石に世界を地獄に変えるみたいなことはなさそうですが、
設定的にはそれが実現できそうなぐらいでしたし。
この設定を個別ルートでどう生かすかは
ライターの腕に託されるというのが恐ろしいところです。

ヒロインの中で唯一ロックされているというあかり。
彼女の抱える歪みは体験版でも垣間見ることが出来ましたけど、
前作アマツツミのほたるを超えられるかはまだまだ未知数。
個人的に胸の大きさのせいであかりがほたるに勝つには
相当なインパクトが必要だと思っているのですが、
それだけの物を見せてくれるのなら良作間違いなしでしょう。
あとさりげなく言霊使いの話が出てたのは
前作プレイヤーならニヤリとする場面でしたね。


まとめ。
体験版だけでも短編としては綺麗に纏まっていて
購入候補としてはある程度期待はできる出来だったのですが、
自分的には今のところアマツツミとそこそこ差があります。
まあ、向こうはほたるのキャラがツボで
しかもメインヒロインという最高のシチュでしたけど、
今回は話は気になってもヒロインはあまり…という感じ。

体験版第二弾は学園パートがメインになるみたいですし、
そこでどれだけヒロインに萌えられるかによって
購入するかどうかを決めたいと思います。
2017/07/22

『BLADE×BULLET 金輪のソレイユ』体験版 感想

公式はこちら。
SkyFish 最新作『BLADE×BULLET 金輪のソレイユ』を応援しています!!
SkyFishのヴァルキリーシリーズの新作である
『金輪のソレイユ』を体験してみました。

今回は初っ端から人類が滅亡寸前ということもあって、
話の方もシリアス成分多めなバランスでしたね。
7人の戦乙女が最後の一人になるまで潰し合うというのは
今となっては特に目新しくない設定とはいえ、
やりようによってはいくらでも面白くなりそうです。

ただ、その方法が1戦ごとに対戦相手が決められる
タイマン方式っぽいのは微妙に感じました。
この手のバトロワ系の話でいつ仕掛けるか、
誰と手を組むかといった駆け引きが使えないのは惜しい。
このルールだと多人数バトルがなさそうなのも残念ですね。
もっとも、この手のルールが破られるのもお約束ですし、
今後の展開次第では化けるかもしれませんが。

キャラとして一番面白かったのは主人公。
丁寧語で飄々としてて快楽主義的な面がありながらも
非道過ぎる真似はしないという性格は
脇役の強キャラでは結構見るのですが、
主人公として使っているのは珍しい気がします。
相方のレギンレイブは真面目でおバカですが、
主人公との相性はなかなか良いのではないでしょうか。

他のヒロインについては今のところ
ヒロインというよりは脇役という印象が強いです。
これはストーリー重視で各自の萌えシーンが少ない弊害か。
ヨルはビジュアル的にも性格的にも好みですけど
体験版では人間モードが一瞬しか出ないのが残念。
まあそういう萌えシーンの代わりに
鬼畜エロシーンをぶっ込んで来るところが
いつものソレイユシリーズらしさではあるのですが…。


まとめ。
体験版はサクサク進めましたしそこそこ面白かったのですが、
フルプライスで買うとなると躊躇する感じですね。
ヒロインはレギンレイブ一強状態ですし、
話も先が気になって仕方がないほどのパワーはないです。
もう一歩、ヒロインの魅力を高めるか
話の爆発力を高めるかすれば購入候補に入るのですが…。
自分の中でSkyFishは毎回これぐらいの位置ですね。