FC2ブログ
2018/09/04

『東に名臣あり―家老列伝』中村彰彦 感想

東に名臣あり―家老列伝 (文春文庫)
中村 彰彦
文藝春秋
売り上げランキング: 912,731

戦国時代から幕末の活躍した家老たちの短編集。

まず初っ端は小山田信茂。
最後の最後で勝頼を裏切ったことで有名な彼ですが
この作品では同情できる人物として描かれています。
勝頼自身はそれまで信玄時代の重臣を無視していたのに
追い詰められたから頼るというのは虫が良すぎるというもの。
ただ迂闊だったのは武田を根絶やしにするという
織田の狙いを見抜けず降伏してしまった点ですね。
もう少し早く手を内通すれば生きる道もあったでしょうに。

直江兼続、後藤又兵衛については
流石に他作品で語られつくしているだけあって
目新しい部分は少なかったです。
とはいえ、それでも普通に面白いのが
この二人が人気武将である理由でもあるのですが。

しかし後半3篇は江戸時代の家老を扱っていたのが珍しい。
財政、教育、軍事とあらゆる面で会津藩を改革した田中玄宰。
長州藩の家老でありながら禁門の変で貧乏くじを引いた福原越後。
新政府軍相手に奮戦した長岡藩の家老河井継之助。
福原、河井は幕末物ではよく見る名前でしたが、
敗者側ということもあって個人を掘り下げた作品は少ないはず。
どちらも優秀ですが、これほど人物が
サクサク死んでいったところに幕末の厳しさを感じます。

田中玄宰については唯一まったく知らなかった存在。
彼が出した一つ一つの方策は細かいことではあるのですが、
藩単位の政策ならむしろ細かいぐらいでいいのかも。
酒造りや漆器製作など、あの手この手を使って
細かく改善していく流れは面白かったです。
表題作となるだけはある内容でした。

歴史小説として読みやすい作品でしたが、
特に後半の3篇は他ではあまり見ない人物を扱っていて
新鮮な気持ちで読むことができました。
中間管理職としての家老職に興味がある人なら
後半を気に入るのではないでしょうか。
2018/08/21

『上杉かぶき衆』火坂雅志 感想

上杉かぶき衆 (実業之日本社文庫)
火坂 雅志
実業之日本社 (2011-10-05)
売り上げランキング: 254,417

謙信死後の上杉家に関係する人々を描いた短編集。

前田慶次郎と水原親憲の話はまさにかぶき者の物語。
好き勝手に暴れ回りながらも周りを明るくするその姿は
豪傑という言葉がこれ以上ないほど相応しい。
慶次郎が娘に弱いところも微笑ましいです。

上泉主水も豪傑ですが上記二人とは少し違いますね。
剣聖の孫としての落ち着きや誇りのイメージが強く、
豪傑ではあるもののかぶき者ではないです。
ただ、目標としたい見事な漢であるのは確かでした。

三郎景虎と甲斐御料人の物語は重かった。
どちらも実家の影響が強いという点は共通していますが、
それが悪い方向に作用して人格を形成してしまった感が。
自分一人で生きているつもりでいても
実は他人に依存しているというのは他人事とは思えません。

逆に大国実頼は独り立ちはできたものの、
偉大な兄である直江兼続に徹底的に反発する形でしたし、
これまた幸せな終わり方とは言えませんね。
とはいえ兄に一矢報いたので本人は満足しているかも。

間者としてあちこちの大名に取り入る本多政重。
彼については間者という役割から面白い成長を遂げたなと。
ただ徳川家のためだけに動くのではなく、
徳川家と上杉家がぶつかり合わないように
双方にとって必要な情報を伝える。
確かに間者ならではの平和工作といえるでしょう。
間者をこういう見せ方をしていたのは新鮮でした。

謙信死後を舞台にして爽快感もあり悲壮感もありという
バラエティ豊かで飽きさせない作品でした。
2018/08/09

『足利兄弟』岡田秀文 感想

足利兄弟
足利兄弟
posted with amazlet at 18.08.09
岡田 秀文
双葉社
売り上げランキング: 559,514

南北朝時代初期の動乱を足利尊氏の正室である登子と、
尊氏の弟である直義の視点から描いた歴史小説。

序盤は尊氏の対鎌倉幕府戦争がメインになるのですが、
それを北条家の血を引く登子視点で見せているのが面白い。
北条側の視点なので幕府が倒れるという発想がなく、
尊氏の行動が信じ難い裏切りに見えるのが新鮮ですね。

倒幕後は直義視点が多くなり、対南朝戦、
そして足利家内部の権力闘争がメインとなります。
登子も直義もその場のノリで調子のいいことを言う尊氏に
振り回され続けるという点では共通しています。

尊氏の精神的なおかしさについては
歴史小説でもおいしいネタとしてよく使われていますね。
感情の起伏が激しくある種のカリスマがあるものの、
半身であるはずの直義や高師直も切り捨てる非情さもある。
本作では直義も師直も尊氏を排除するか迷うものの
結局は情に負けて実行できないまま終わるのですが、
それを実行できるのが尊氏の怖さなのでしょう。

ただ、敵を滅ぼせる容赦なさを持っている一方で
自分自身が滅ぼした北条家や直義のために
周りが引くほど悲しんで泣けるのも尊氏の不思議さ。
こういうところがあるから直義や師直も
尊氏を見捨てることが出来なかったんでしょうね…。

足利尊氏、正直近くにいて欲しくない人物ですが、
小説の題材としては非情に面白い人物だと思います。
2018/08/01

『海道の修羅』吉川永青 感想

海道の修羅
海道の修羅
posted with amazlet at 18.08.01
吉川永青
KADOKAWA (2017-04-27)
売り上げランキング: 612,409

海道一の弓取りと謳われた今川義元の物語。

この物語の今川義元は頭脳明晰ながらも凄く短気。
周囲の状況にしょっちゅう切れそうになりながらも
そこを太原雪斎が上手く抑えることで今川を安定させ、
甲相駿三国同盟へと繋げていきます。

作中で雪斎は義元を天下人の器だと評していますが、
自分としてはそうは思えなかったですね。
確かに優秀な人物ではあるものの、
短気なところや策に溺れるところが多過ぎる。
人間としての器は雪斎の方が上でしょう。

ただ、雪斎にとって義元は息子のようなものですし、
贔屓目で見てしまったと思うとそう不自然でもない。
義元の方も雪斎の期待に応えようと焦り、
その結果が桶狭間だと思えば同情できる部分もあります。

物語としては面白く、兄弟相克の花倉の乱や
甲相駿同盟に至るまでの氏康、信玄との謀略合戦など、
あまり他の作品で書かれない部分が読めたのは良かった。
それだけに桶狭間の描写はがっかりでしたけど、
そこは前述したように焦りがあったのでしょうね。
修羅になろうとしてもなりきれない義元の姿に
どこか哀れさを感じさせられる作品でした。
2018/07/28

『桶狭間の四人 光秀の逆転』鈴木輝一郎 感想

桶狭間の四人 光秀の逆転
鈴木 輝一郎
毎日新聞出版 (2017-07-20)
売り上げランキング: 369,586

信長秀吉家康光秀の4人がドタバタするシリーズ4作目。

金ヶ崎姉川長篠と来てそろそろ本能寺かと思いきや、
最新作ではまさかの桶狭間が舞台。
4人の腐れ縁の始まりを描く物語になっています。

この時点で家康は今川側なのは当然だとして、
秀吉と光秀も信長を今川に売ろうとしているのが面白い。
まあ秀吉は下っ端、光秀は浪人ということもあって
信長を手土産に出世を狙おうというのは分かります。

前半の信長暗殺阻止計画も面白かったですが、
やはり本命は後半の桶狭間の戦い。
天候に恵まれた信長が今川を奇襲するという流れは
周知の通りなのですが、秀吉や光秀は優秀であるが故に
手堅く進軍している今川の勝利を疑っておらず、
それがひっくり返される衝撃の描写が上手い。

更にクライマックスで今川義元が討たれそうになったときに
秀吉と光秀が信長を暗殺しようとするという展開は
後の本能寺の変の片鱗を感じさせられてゾクゾクしました。
この流れだと秀吉も本能寺の変の黒幕側になるのかな。

あとは自信をなくしている浪人光秀が女房から
「天下人になれる」と言われるシーンも良かったです。
後の展開を知っている者としては感動せずにはいられない。

シリーズとしての時系列は一番昔なのですが、
あちこちに本能寺の影を感じさせられる内容でした。
次こそは本能寺の変かなー。