FC2ブログ
2018/11/11

『くるい咲き 越前狂乱』大塚卓嗣 感想

くるい咲き 越前狂乱
くるい咲き 越前狂乱
posted with amazlet at 18.11.11
大塚 卓嗣
光文社
売り上げランキング: 385,882

越前朝倉氏といえば信長の敵対勢力として有名ですが、
この小説ではその朝倉氏滅亡後の越前の混乱、
そして騒動の主人公ともいえる富田長繁の活躍を
彼の背中を撃った小林吉隆の視点から描いています。

この作品の富田長繁は己の欲望のまま動く危険人物。
しかしその直感力や戦の腕は本物で、
最後の吉隆の裏切りがなければ第二の織田信長に
なっていたかもしれないというのが作中での評価です。

越前の混乱や富田長繁の行動は前からは知っていたのですが、
改めて見てみると確かに長繁の行動はキレッキレですね。
朝倉滅亡の前兆を感じるといち早く織田に寝返り、
前波吉継の政治の綻びを見るや越前に一揆衆を引き込んで
吉継を討ち取り、更に一揆衆と敵対すると
数万の一揆衆に700の軍勢で挑んであっさり勝利する。
この史実での行動力だけでも大したものですが、
作中の描写も長繁の異常さを強調する方向です。

織田信長にできて自分にできないはずがないという思考。
敵が10万と聞いた時にも「桶狭間の戦い」よりも
美味しい戦いが出来そうでラッキー程度の反応ですし、
相手が武士だけでなく農民も多い一揆衆とはいえ
この戦力差で何度も勝利しているのは凄まじいです。
だからこそその溢れんばかりの狂気と才能を恐れ、
ともに戦争地獄を進むかここでお終いにするか悩んだ末に
運任せで弾を放った小林吉隆にも共感できました。

この時代の越前を扱った小説を読んだのは初めてですが、
混乱期の越前の中で短期間といえど輝いていた
富田長繁の怖さが実感できる作品でした。
2018/11/08

『秀吉の活』木下昌輝 感想

秀吉の活
秀吉の活
posted with amazlet at 18.11.08
木下 昌輝
幻冬舎 (2017-11-24)
売り上げランキング: 389,940

豊臣秀吉の生涯を描いた短編集。

木下昌輝さんといえば歴史上の有名人物を
ホラー的な切り口で描く斬新さが魅力だったのですが、
今作については真っ当な歴史小説という感じで、
全体的に物足りなさの残る作品でした。

秀吉というこれまで腐るほど書かれた人物を扱いつつも、
意外性を出そうとしているのは感じられるんですよね。
山崎合戦で自らの手で光秀に止めを刺すところとか、
賤ヶ岳で恥も外聞もなく利家に泣きついて
裏切らせるところとかは他では見ない展開です。
あと、秀吉物なのに小六の出番がほとんどないのも珍しい。

ただ、肝心の秀吉の性格がいまいち面白くない。
感情豊かな凡人として描こうとしたのは分かりますが、
あまりにも凡人過ぎて天下人の凄みがありません。
無能というわけでもないですが有能でもなく、
天下人になれたのはご都合主義にしか見えなかったです。
ここは凡人ならではの強さを見せて欲しかったところ。

新聞連載の短編として読むなら
これでもあっさり読めていいんでしょうけど、
一冊の本として読むと後に残るものが少なかったです。
2018/09/22

『玉繭の道』仁志耕一郎 感想

玉繭の道
玉繭の道
posted with amazlet at 18.09.22
仁志耕一郎
朝日新聞出版 (2013-10-18)
売り上げランキング: 1,053,038

親徳川派商人として有名な茶屋四郎次郎の物語。

舞台となるのは本能寺の変直前から家康の晩年まで。
信長から秀吉へ天下人が移り変わる動乱の時期を
武士とは少し違う視点で見せるという感じでしょうか。

時代が時代だけにある程度の面白さはあるのですが、
肝心の茶屋の活躍はというと微妙でしたね。
武士の時代を脇役である商人視点で描いてはいるのですが、
あくまで脇役であって商人が主人公というわけではない。
茶屋自身も状況に振り回されている場面が多く、
物語としての爽快感はあまり感じられなかったです。

茶屋自身が元武士ということで武士と商人との間で
迷う感情を書こうとしていたのは分かるのですが、
迷っている期間が長過ぎて途中で飽きが来たのが痛い。
結果的にひたすら右往左往している
小説という印象が強くなってしまいました。
あと、せっかく茶屋という珍しい主人公を選んだのなら
彼の幼少期から掘り下げて欲しかったところです。

茶屋という主人公チョイスにひかれて読んでみたものの、
全体的に物足りなさの残る作品でした。
タイトルの玉繭も最後にちょこっと出るだけでしたしね。
2018/09/04

『東に名臣あり―家老列伝』中村彰彦 感想

東に名臣あり―家老列伝 (文春文庫)
中村 彰彦
文藝春秋
売り上げランキング: 912,731

戦国時代から幕末の活躍した家老たちの短編集。

まず初っ端は小山田信茂。
最後の最後で勝頼を裏切ったことで有名な彼ですが
この作品では同情できる人物として描かれています。
勝頼自身はそれまで信玄時代の重臣を無視していたのに
追い詰められたから頼るというのは虫が良すぎるというもの。
ただ迂闊だったのは武田を根絶やしにするという
織田の狙いを見抜けず降伏してしまった点ですね。
もう少し早く手を内通すれば生きる道もあったでしょうに。

直江兼続、後藤又兵衛については
流石に他作品で語られつくしているだけあって
目新しい部分は少なかったです。
とはいえ、それでも普通に面白いのが
この二人が人気武将である理由でもあるのですが。

しかし後半3篇は江戸時代の家老を扱っていたのが珍しい。
財政、教育、軍事とあらゆる面で会津藩を改革した田中玄宰。
長州藩の家老でありながら禁門の変で貧乏くじを引いた福原越後。
新政府軍相手に奮戦した長岡藩の家老河井継之助。
福原、河井は幕末物ではよく見る名前でしたが、
敗者側ということもあって個人を掘り下げた作品は少ないはず。
どちらも優秀ですが、これほど人物が
サクサク死んでいったところに幕末の厳しさを感じます。

田中玄宰については唯一まったく知らなかった存在。
彼が出した一つ一つの方策は細かいことではあるのですが、
藩単位の政策ならむしろ細かいぐらいでいいのかも。
酒造りや漆器製作など、あの手この手を使って
細かく改善していく流れは面白かったです。
表題作となるだけはある内容でした。

歴史小説として読みやすい作品でしたが、
特に後半の3篇は他ではあまり見ない人物を扱っていて
新鮮な気持ちで読むことができました。
中間管理職としての家老職に興味がある人なら
後半を気に入るのではないでしょうか。
2018/08/21

『上杉かぶき衆』火坂雅志 感想

上杉かぶき衆 (実業之日本社文庫)
火坂 雅志
実業之日本社 (2011-10-05)
売り上げランキング: 254,417

謙信死後の上杉家に関係する人々を描いた短編集。

前田慶次郎と水原親憲の話はまさにかぶき者の物語。
好き勝手に暴れ回りながらも周りを明るくするその姿は
豪傑という言葉がこれ以上ないほど相応しい。
慶次郎が娘に弱いところも微笑ましいです。

上泉主水も豪傑ですが上記二人とは少し違いますね。
剣聖の孫としての落ち着きや誇りのイメージが強く、
豪傑ではあるもののかぶき者ではないです。
ただ、目標としたい見事な漢であるのは確かでした。

三郎景虎と甲斐御料人の物語は重かった。
どちらも実家の影響が強いという点は共通していますが、
それが悪い方向に作用して人格を形成してしまった感が。
自分一人で生きているつもりでいても
実は他人に依存しているというのは他人事とは思えません。

逆に大国実頼は独り立ちはできたものの、
偉大な兄である直江兼続に徹底的に反発する形でしたし、
これまた幸せな終わり方とは言えませんね。
とはいえ兄に一矢報いたので本人は満足しているかも。

間者としてあちこちの大名に取り入る本多政重。
彼については間者という役割から面白い成長を遂げたなと。
ただ徳川家のためだけに動くのではなく、
徳川家と上杉家がぶつかり合わないように
双方にとって必要な情報を伝える。
確かに間者ならではの平和工作といえるでしょう。
間者をこういう見せ方をしていたのは新鮮でした。

謙信死後を舞台にして爽快感もあり悲壮感もありという
バラエティ豊かで飽きさせない作品でした。