手を出したものの感想を書き溜める場所
『鬼手 小早川秀秋伝』大塚卓嗣 感想
鬼手 小早川秀秋伝
鬼手 小早川秀秋伝
posted with amazlet at 17.02.23
大塚 卓嗣
光文社
売り上げランキング: 510,057

小早川秀秋と日本史では裏切り者の代表みたいな扱いですが、
この本ではそんな小早川秀秋を主人公にしています。

基本的に無能として描かれることの多い秀秋ですが、
今回は主人公だけあってなかなか有能な動きを見せます。
小さい頃は才気を感じさせながらも秀吉が乱心すると
小早川家に非難して粛清回避のために無能を装う。
三成が挙兵すると即座に東軍に連絡を取りつつ
西軍の中核戦力としてできるだけダラダラ行動し、
東軍の岐阜進出を助け、更に京極家を仲間に引き込むなど
裏切り以外でも東軍の勝利に大きく貢献しています。

流石に主人公補正は大きいものの、関ヶ原の合戦前哨戦での
小早川の不可解な動きを見るとある程度説得力はありますね。
伏見での鳥居元忠との会談は面白かったですね。
数の力を信じる秀秋に対して決死の精鋭を信じる元忠。
どちらが正しいかはともかくとしてこの会談が
後の秀秋に大きな影響を与えたことは確かです。

肝心の関ヶ原本戦はというと、この本ではまず秀秋が
松尾山を奪った時点で宣戦布告をしたという解釈。
つまりまず小早川勢から手切れ宣言したわけで、
西軍が松尾山を攻めているうちに家康が到着してから
一気に西軍を攻め潰すという作戦だったわけで
これなら例の裏切り問題は発生しないはずだったのですが、
ここで三成が取った作戦がまさに鬼手でした。

それは松尾山を西軍の陣として取り込み
小早川勢が西軍だと大きく宣伝するということ。
これによって小早川勢が西軍をに味方しない場合は
裏切り者として世間の評判はがた落ちになり、
今後の政権での出世の芽も潰すという恐ろしい一手です。
そして西軍は敗れたもののこの策は見事に当たって
小早川秀秋の名前は地に落ちることに…。

とはいえ秀秋が生きていれば挽回できたんでしょうけど、
それからすぐに死んでしまうから救われない。
しかも毒殺で黒幕は最初から出ていたあの男という
ミステリー的などんでん返しも備えているのですが、
これについては若干強引過ぎた感じも。

しかし関ヶ原中の秀秋の行動を東軍のためと仮定して
再構成しているのは面白かったですし、
何より秀秋主人公という目新しさが良かったです。
今後も新鮮な楽しさを生み出し続けて欲しいですね。

テーマ:時代小説 - ジャンル:小説・文学

『新選組颯爽録』門井慶喜 感想
新選組颯爽録
新選組颯爽録
posted with amazlet at 17.02.15
門井 慶喜
光文社
売り上げランキング: 592,455

門井さんによる新撰組を題材にした短編連作集。
内容としてはメジャーな人物の短編が3本、
マイナーな人物の短編が3本の計6本になっています。

メジャーな人物は他の作品でも散々書かれているので
独自の描写を出すのが難しいところはありますが、
剣術下手で戦闘力の低い土方や、山南と沖田の関係など、
面白い掘り下げ方をしていて楽しむことが出来ました。
芹沢の暗殺についてはこれまた使い古された素材で
本作でも特に目新しい展開もなかったのですが、
それでも面白いのは芹沢という人物の魅力ゆえですかね。
新撰組序盤の障害としてはこれ以上ない存在感ですし。

一方、マイナー人物側は凡人から見た新撰組という感じで
それぞれ登場人物をより自由に掘り下げています。
安富才助、村山謙吉、尾形俊太郎と各主人公を並べてみても
新撰組に詳しい人でなければまず分からないのでは。
しかしどの人物も地味なりに自分の生き方を貫いている点が
評価されているので、読後には爽快感が残りました。

特に尾形俊太郎の物語は痛快でしたね。
思想もなく給金目当ての文官として新撰組に入り、
度胸も機転もないせいで周囲に馬鹿にされながらも
ひたすら真面目に文筆仕事に励んだ結果が
近藤に評価されるというのはやっぱり気持ちいいです。
そして安定の悪役・武田観柳斎。
この人がかっこよく書かれる時代は来るのだろうか…。

新撰組の本を読む前にはいつも今更感を持つのですが、
読んでみるとなんだかんだで面白いですし、
きっとこれからも読み続けることになるんでしょうね。
本当に美味しい素材だと思います。

テーマ:時代小説 - ジャンル:小説・文学

『情け深くあれ 戦国医生物語』岩井三四二 感想
情け深くあれ 戦国医生物語
岩井 三四二
文藝春秋
売り上げランキング: 551,834

戦国時代の医師を主人公にした珍しい時代小説。

主人公は戦国時代の名医・曲直瀬道三の弟子で、
前半は京都を舞台に忙しい日々を送ることになります。
医師として生活するうちに明智光秀と知り合い、
信長の行動の影響を間接的に受ける描写は面白い。
光秀による延暦寺の焼き討ちや丹波侵攻など、
今まで歴史小説では何度も見たことのあるイベントも
医師の視点だとまた変わった趣きがありますね。

主人公の元武士という設定は医師でありながら
アクションシーンもこなせるのでとても便利です。
武士としての殺し合いに嫌気がさして
医師を目指したという過去もとても分かりやすいです。

ただ、最後のオチは流石に虚し過ぎるような。
過去を捨てて本物の医師として歩き始めた
主人公の決意は立派ですが、それはそれとして
主人公の過去の真相が厳し過ぎると思いました。
せめて最後に嫁が生きていたらなぁ。
終わり方は爽快なんですけど、そこへの経緯がきつくて
読後感も重くなってしまったのがちょっと残念です。

テーマ:時代小説 - ジャンル:小説・文学

『誉れの赤』吉川永青 感想
誉れの赤 (講談社文庫)
吉川 永青
講談社 (2016-06-15)
売り上げランキング: 106,492

戦国時代の赤備えといえば武田、そして井伊が有名ですが、
この小説はそのどちらにも属した男が主人公です。
武田も井伊も歴史小説の主人公としては常連ですが、
その下の赤備えに注目した小説は珍しいのではないでしょうか。

まず冒頭、長篠の戦いで武田の赤備えが崩壊し、
主人公が徳川の捕虜となるところから物語は始まります。
そこから上司を転々として最終的に井伊家に落ち着くのですが、
この辺りの自分の身の置き所が落ち着かない感じは
現代の仕事でいえばプロジェクトごとにチームが解体され
また別のチームで仕事する感じに似ているのかも。

しかしそんな忙しい状況の中でも
主人公が腕と度胸と純粋さで評価されていくのは爽快でした。
最初が頑固だった井伊直政が主人公の純粋さに影響され
少しずつ丸くなっていく展開も微笑ましかったです。
親友との別離も武士と農民という立場の違いだけでなく
お互い譲れない考えがあるので納得できる展開でした。

ただ、ラストはちょっと納得できなかったです。
これはもう完全に好みの問題になるんですけど、
こういう主人公にはハッピーエンドを迎えて欲しかったです。
最後まで人物描写が丁寧だっただけに
井伊主従の今後の成長が楽しみだったのですが、
それが外的要因で断ち切られたのが勿体無くてたまりません。
生きて帰ってこその赤備えって散々言ってたのに…。

とはいえ赤備えという着眼点や人物描写は面白かったですし、
また新たな視点で歴史を楽しむことのできる作品でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

『怪物商人 大倉喜八郎伝』江上剛 感想
怪物商人  大倉喜八郎伝
江上 剛
PHP研究所
売り上げランキング: 324,398

一代で大蔵財閥を築いた大倉喜八郎の物語。

大蔵財閥と言えば自分的には
ホテルニューオークラのイメージでしたが、
調べてみるとなかなかの企業が揃っていたんですね。
とはいえ四大財閥と比べると見劣りするのは確かですが。

今回の主人公である大倉喜八郎の魅力は
企業のトップとしてひたすら突っ走るところ。
この強烈なワンマンっぷりが四大財閥に及ばなかった
大きな原因であるようにも感じましたが、
当時未知の世界だった欧米や台湾、果ては中国にまで
命がけで突っ込んで行く姿には男として憧れます。

戦争で儲けることが多かったせいで
世間で死の商人として叩かれることも多かったようですが、
この作品の大倉はそういう世評を屁とも思わず
国のために仕事をしまくるところも清々しい。
更に日本の支援によって中国を発展させることで
将来はお互い利益を得られるパートナーにしようという
壮大な考えも持っているんだから素晴らしいですね。
各国にこういう考えの商人が増えれば
もう少し世界も穏やかになりそうなものですが…。

江上さんの作品は結構当たり外れがあるんですけど、
やはり経済や商人の話になると筆がノるようですね。
今回の作品も死の商人と言われる大蔵の
汚名を晴らそうとする気合が感じられる内容でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学