FC2ブログ
2019/08/16

『修羅の都』伊東潤 感想

修羅の都
修羅の都
posted with amazlet at 19.08.15
伊東 潤
文藝春秋
売り上げランキング: 139,916

認知症を題材にした歴史小説はいくつかありますが、
この作品で認知症になってしまうのは源頼朝。
元々猜疑心の強い人物として描かれているものの、
それは用心深さに繋がるものでもありますし、
義経を粛正する辺りまでは人の話にも耳を傾け、
強固な武家政権を作るために最善の選択を取れる
優秀でカリスマのある人物として描かれています。

しかしここから少しずつボケていくのが怖い。
範頼粛清辺りになると既に猜疑心が強くなるという
認知症の兆候が見えてはいるんですよね。
しかしそんな頼朝に対して周囲は違和感を覚えつつも、
範頼自身が割と迂闊なところがあるせいで
粛清方針が通ってしまうという流れが歯がゆいです。

後半の頼朝が完全にボケているのに
彼一人に権力が集中し過ぎているせいで
隠居させられない展開はブラックコメディですね。
北条や比企、梶原といった権力者たちが
頼朝の癇癪にビクビクしながらも何とか口車に乗せて
隠居させようとしているのは滑稽でした。

一方で、もう一人の主人公ともいえる頼朝の妻、
北条政子の立ち位置はひたすら哀れでした。
夫や子供たちはもちろん、実家である北条家や
範頼にも気遣っているせいで常に板挟み状態。
この厳しい状況が彼女を尼将軍と呼ばれるまでに
成長させたとはいえ、元々本人は家族を大事にする
優しい女性ですし、とても幸せとは言えない結末です。

最高権力者が認知症になるという悲劇を
鎌倉幕府内の権力闘争と絡めて描写しているのは
面白かったですが、救われる人間が少な過ぎて
読後に胃が重たくなる作品でした。
2019/08/01

『歌え、汝龍たりし日々を』岩井三四二 感想

歌え、汝龍たりし日々を 始皇帝紀
岩井三四二
角川春樹事務所
売り上げランキング: 651,494

秦による天下統一とその滅亡を描いた歴史小説。

物語の大半は李斯視点で進みますが、
その他にも陳勝や趙高、荊軻に蕭何など、
ちょこちょこと視点が変わるシーンもあります。

ベテラン岩井さん読みやすい文章で
秦の躍進と滅亡という時代を普通に書くだけで
十分面白い作品ではあるのですが、
この時代を描いた作品としては新鮮さは薄めでした。
始皇帝の有能だけど情が薄いという人物像も定番。
かつて李斯が韓非子を陥れて閉じ込めた牢屋に
李斯自身が入ることになるのは良かったですが…。

中途半端に視点が変わったのも物足りなさの原因か。
陳勝や荊軻の話はそれなりに面白かったのですが、
李斯の話と比べるとおまけのようなものですし、
視点が変わることでとっちらかってしまった印象です。
これなら最初から最後まで李斯視点で進んだ方が
一つの物語としてスッキリしたかもしれません。
李斯が死んだあとに秦が滅ぶまでの描写も
エピローグというには長過ぎて蛇足感が凄かった。

岩井さんにしては珍しい中国歴史小説ですが、
ちょっと無難に走り過ぎたかなという感想でした。
2019/07/31

『遺訓』 佐藤賢一

遺訓
遺訓
posted with amazlet at 19.07.31
佐藤 賢一
新潮社
売り上げランキング: 136,764

新選組組長として名高い沖田総司…が主人公ではなく、
その甥である沖田芳次郎から見た西南戦争の物語。

物語は基本的に芳次郎の視点で進むのですが、
そこで大きな役割を果たすのが
酒井玄蕃、西郷隆盛、大久保利通の3人。
芳次郎の尊敬する対象である酒井玄蕃、西郷隆盛は
能力、人格ともに優れた人物として描かれていますが、
大久保利通の方は徹底的に悪役として描かれています。
ここまで容赦なく悪役扱いされてる大久保さんも珍しい。

酒井玄蕃については微妙にマイナーな人物ですけど、
以前家老列伝で読んで気に入った人物なので
この人に焦点を当ててくれたのは嬉しかったり。
そんな酒井と維新の大物である西郷が協力し、
外敵に負けない国を作ろうとする流れは夢があります。

しかしそんな彼らの才覚に嫉妬し、
自分の権力を守るためだけに謀略を仕掛けるのが大久保。
酒井を毒殺し、薩摩武士を暴発させ西郷も滅ぼす。
いやー、ほんとどうしようもない悪人です。
だからこそ最後に芳次郎に暗殺されるのですが、
悪人過ぎて暗殺されても爽快なのが面白かったです。

大久保利通好きにはお勧めできませんが、
明治政府黎明期の権力闘争が題材の作品は珍しいですし、
中国や庄内、薩摩と大きく舞台が変わることもあって
一大エンタメとして楽しむことが出来ました。
佐藤さんの幕末物は主人公のチョイスが面白いですね。
2019/07/21

『呉越春秋 湖底の城 第九巻』宮城谷昌光 感想

呉越春秋 湖底の城 第九巻
宮城谷 昌光
講談社
売り上げランキング: 118,704

宮城谷さんが描く呉越の物語もこれにて完結。

ここまで来ると後は史実で知られている通り話が進み、
伍子胥が自殺に追い込まれ呉と夫差が滅び、
范蠡が越を去って物語は終わります。

大筋ではよく知られている通りなのですが、
そこは小説なのでアレンジされている部分も。
例えば伯嚭と范蠡の因縁などはそれに当たり、
伍子胥死後の最後の山場として使われています。
この作品の伯嚭はそれほど讒言の印象はないのですが、
代わりに暗殺狙ったりするので悪質なのに変わりはない。
最後に報いを受けたのも当然でしょう。

伍子胥が死を覚悟して夫差に諫言しようとして
部下から止められた際に、呉と闔閭の恩を
忘れることが出来ようかと答えたのにはグッと来た。
剣を受け取った際の闔閭の下へ行けるという言葉も
彼と闔閭の絆の深さが感じられて泣けます。

夫差が選択を誤ったのは確かなんですけど、
私自身は夫差の死に方がめっちゃ好きなんですよ。
自分の過ちを悔いて死ぬ主君というのは珍しい。
この激しさがあったからこそ夫差が越を追い詰め、
伍子胥を殺し、自刎したと思うと感慨深い。

あと范蠡の鴟夷子皮が馬の革袋のことってのは
今作を読んで初めて知りました。
伍子胥の死体が馬の革袋に詰め込まれて
流されたことを思うと、これまた感慨深いです。

伍子胥から始まった物語だけに
もう少し暗い最後になるかと思っていたのですが、
恨み節が少ないので意外に爽やかに終わりましたね。
春秋時代のライバル関係、楽しませていただきました。
2019/07/18

『しゃらくせえ 鼠小僧伝』谷津矢車 感想

しゃらくせえ 鼠小僧伝
谷津 矢車
幻冬舎 (2016-05-26)
売り上げランキング: 846,043

江戸時代に活躍した盗賊、鼠小僧の物語。

鼠小僧といえば義賊として有名ですが、
この作品の鼠小僧は小悪党として描かれています。
極悪人というわけではないのですが、
お金がなくなればあっさり盗みに走りますし、
自分の手で人を殺すのは躊躇うものの、
人殺しへの加担にはそれほど抵抗がない。
義賊扱いされるようになったのも
たまたまお金をばら撒いてしまっただけというオチ。

そんな小悪党として描かれている鼠小僧ですが、
その弱さに共感してしまうのは自分も弱いからか。
運悪く職を失い収入を絶たれた場合、
盗みぐらいなら…と思う人はいるでしょうし、
だからこそ当時鼠小僧が持ち上げられたのでしょう。

とはいえ所詮は悪人なので処刑されるわけですが、
最後の最後で盗みによって繋がった人たちが
差し入れをしてくれたこともあって、
読後感は思ったよりも爽やかでした。
これが流されるままに盗賊になって皆から嫌われて
終わりだったら流石に後味悪過ぎでした。

どんな理由があっても犯罪者に慈悲はないという
考え方の人には合わない作品ですが、
例え犯罪者であろうと一人の人間だと思える人なら
また違った想いで楽しめる作品ではないでしょうか。