手を出したものの感想を書き溜める場所
『決戦!三國志』 感想
決戦!三國志
決戦!三國志
posted with amazlet at 17.05.09
講談社 (2016-01-22)
売り上げランキング: 129,224

三国志をテーマに5名の作家が書いた短編集。
決戦シリーズなので「決戦」とついてはいるものの、
作品の内容はあまり決戦という感じがしなかったです。

というのもこの本、前半の3本で許攸、周瑜、法正という
策士タイプの人物を扱っているせいで
策士の本という印象が強くなってるんですよ。
いっそのこと策士の話だけを纏めても良かったのでは。

まあそれはさておき、個人的に面白かったのは
天野純希さんの周瑜の話と、東郷隆さんの倭人の話ですね。
周瑜の話はまず周瑜が孫権からの独立計るという
設定が面白いですし、孫権に毒殺されるという結末もいい。
周瑜が自分を暗殺するという手を打った孫権を
認めながら死ぬというのは天野さんらしいオチだと思います。

倭人の話は新鮮な気持ちで楽しめました。
当時の日本を呪術の国として捉えるところから始まり
倭人だけでなく于吉や張角といった仙人モドキも絡んできて
演技の怪しげな部分を抽出したような内容になっています。
壮大な三国志の物語の裏で中国に渡った倭人たちが
こっそり活躍していたと思うとワクワクしてきますね。

他3本も面白かったものの、新鮮さは少なかったです。
特に木下さんは御自身の本と比べると普通だった印象。
まあ、この手の企画でハメを外すのは難しいでしょうけど。
ただ、前半の策士ネタの偏りなどを見てると編集サイドが
作家さんを扱い切れていないようにも感じられました。
もっといい本になってもおかしくないメンバーですしね。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

『人魚の肉』木下昌輝 感想
人魚ノ肉 (文春e-book)
人魚ノ肉 (文春e-book)
posted with amazlet at 17.05.05
文藝春秋 (2015-07-10)
売り上げランキング: 85,745

幕末を舞台に活躍した歴史上の人物が
不死の妙薬といわれる人魚の肉を食したことによって
数々の怪異に巻き込まれていく歴史ホラー小説。
どの話も定番の逸話をホラーネタと結び付けることで
一風変わった読み味を感じさせてくれます。

個人的に好きなのは沼尻小文吾と斎藤一の話ですね。
沼尻小文吾の横向き小文吾というちょっと間抜けな逸話を
横に何かがいるというホラー的な介錯に落としたのは上手い。
かつて介錯に失敗したという心残りを近藤勇の亡霊を
介錯することで晴らすという流れも美しいです。

斎藤一の方は数々の偽名を名乗ったというエピソードを
ドッペルゲンガーとして介錯しているのがこれまた上手い。
違う名前の自分が次から次へと現れるというのは
ホラーではよくある話ですが、この不可思議な状況で
嬉々として自分に勝負を挑むというのが剣鬼・斎藤一。
彼が自分らしさを貫いているおかげでホラーにもかかわらず
読後は痛快さが残るという面白い話になっています。

他にも死の瞬間を繰り返す坂本龍馬や
吸血鬼と化す沖田総司など、ホラーとしての怖さを持ちつつ
それ以上にワクワクさせるような話がてんこ盛り。
歴史とホラーが好きな人にはたまらない作品だと思います。

テーマ:読書感想 - ジャンル:小説・文学

『太閤の巨いなる遺命』岩井三四二 感想
太閤の巨いなる遺命
太閤の巨いなる遺命
posted with amazlet at 17.04.10
講談社 (2015-08-28)
売り上げランキング: 160,861

時代は関ヶ原の合戦直後。
海外で消息を絶った親友を探しアユタヤへ向かった彦九郎が
太閤が残した計画に巻き込まれていく冒険小説です。

太閤が計画した世界最大のガレオン船の建造。
それを太閤が没した後に太閤の遺臣が執念で成し遂げ、
対徳川の切り札として投入しようとするという展開は熱い。
男としてはとにかくでかいものには憧れがあります。
読者としてはこのガレオン船が日本に辿り着けないことは
分かっていますし、実際南海で派手に散ってしまうわけですが、
それでも作中では十分にその活躍を見せてくれました。

主人公の二転三転する運命も面白いです。
アユタヤでの調査は異国情緒溢れていましたし、
太閤陣営に拉致されてからの船上生活も波乱万丈。
ちょくちょくアクションシーンもあって飽きさせません。
戦国時代末期の日本人の生活を見ていると
このまま鎖国が行われなかった日本を見たくなりますね。
あちこちにあった日本人村を失くしてしまったのは惜しい。

戦国時代末期というありふれた時代設定でありながら
舞台を東南アジアに持っていったことによって
新鮮な面白さを与えてくれた作品でした。
戦国時代と大航海時代の残り香が混じっているところが
独特な読後感を与えてくれているのかもしれません。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

『宇喜多の捨て嫁』木下昌輝 感想
宇喜多の捨て嫁
宇喜多の捨て嫁
posted with amazlet at 17.03.30
木下 昌輝
文藝春秋
売り上げランキング: 160,067

戦国時代の梟雄として名高い宇喜多直家の物語。
本作は6本の短編から成り立っていて、
時には直家本人、時には直家の周りにいた人物の視点で
宇喜多直家という人物について描かれています。

一般的には裏切りや暗殺のイメージが強い直家ですが、
この作品ではそこに至る経緯を掘り下げているのが面白い。
若い頃の直家は真面目で誠実な人物として描写され、
そんな彼が主君である浦上宗景の陰謀によって
家中の粛清に加担させられた結果が数々の暗殺という結論。
戦国時代に限らず有力家臣を粛清する主君は多いですし、
これはなかなか説得力のある掘り下げ方だと思います。

そして対抗出来る家臣がいなくなった結果、
直家の存在が大きくなり過ぎて
宗景自身が制御できなくなるというのもまた納得の結果。
便利な道具だった人物がいつの間にか制御不能な化け物に
変化してしまうというのは個人的には大好物です。
直家が稀代の謀略家として大成していくとともに
奇病・尻はすによる膿と腐臭が増えていくという演出も良い。

短編の配置構成も見事で、最初に直家の娘の視点で
直家の最期までを見せ、そこから直家の子供時代に戻り
直家の成長と挫折、そして闇に飲み込まれていく姿を描写し、
最後は別視点で再び直家の最期を見せるという、
最初と最後が繋がる美しい流れになっています。
老婆の正体が分かると切なさが溢れるのには参った。
ラストの一文による哀しい読後感もたまりません。

宇喜多直家は汚い暗殺を多用する反面、
部下には優しく宇喜多軍団は鉄の結束を誇ったといいますが、
その二面性を納得の行く形で見せてくれる作品でした。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

『鬼手 小早川秀秋伝』大塚卓嗣 感想
鬼手 小早川秀秋伝
鬼手 小早川秀秋伝
posted with amazlet at 17.02.23
大塚 卓嗣
光文社
売り上げランキング: 510,057

小早川秀秋と日本史では裏切り者の代表みたいな扱いですが、
この本ではそんな小早川秀秋を主人公にしています。

基本的に無能として描かれることの多い秀秋ですが、
今回は主人公だけあってなかなか有能な動きを見せます。
小さい頃は才気を感じさせながらも秀吉が乱心すると
小早川家に非難して粛清回避のために無能を装う。
三成が挙兵すると即座に東軍に連絡を取りつつ
西軍の中核戦力としてできるだけダラダラ行動し、
東軍の岐阜進出を助け、更に京極家を仲間に引き込むなど
裏切り以外でも東軍の勝利に大きく貢献しています。

流石に主人公補正は大きいものの、関ヶ原の合戦前哨戦での
小早川の不可解な動きを見るとある程度説得力はありますね。
伏見での鳥居元忠との会談は面白かったですね。
数の力を信じる秀秋に対して決死の精鋭を信じる元忠。
どちらが正しいかはともかくとしてこの会談が
後の秀秋に大きな影響を与えたことは確かです。

肝心の関ヶ原本戦はというと、この本ではまず秀秋が
松尾山を奪った時点で宣戦布告をしたという解釈。
つまりまず小早川勢から手切れ宣言したわけで、
西軍が松尾山を攻めているうちに家康が到着してから
一気に西軍を攻め潰すという作戦だったわけで
これなら例の裏切り問題は発生しないはずだったのですが、
ここで三成が取った作戦がまさに鬼手でした。

それは松尾山を西軍の陣として取り込み
小早川勢が西軍だと大きく宣伝するということ。
これによって小早川勢が西軍をに味方しない場合は
裏切り者として世間の評判はがた落ちになり、
今後の政権での出世の芽も潰すという恐ろしい一手です。
そして西軍は敗れたもののこの策は見事に当たって
小早川秀秋の名前は地に落ちることに…。

とはいえ秀秋が生きていれば挽回できたんでしょうけど、
それからすぐに死んでしまうから救われない。
しかも毒殺で黒幕は最初から出ていたあの男という
ミステリー的などんでん返しも備えているのですが、
これについては若干強引過ぎた感じも。

しかし関ヶ原中の秀秋の行動を東軍のためと仮定して
再構成しているのは面白かったですし、
何より秀秋主人公という目新しさが良かったです。
今後も新鮮な楽しさを生み出し続けて欲しいですね。

テーマ:時代小説 - ジャンル:小説・文学