手を出したものの感想を書き溜める場所
『風の如く 久坂玄瑞篇』富樫倫太郎 感想
風の如く 久坂玄瑞篇
風の如く 久坂玄瑞篇
posted with amazlet at 17.06.28
富樫 倫太郎
講談社
売り上げランキング: 524,965

維新初期の大物である久坂玄瑞の物語。
…とはいっても他の登場人物の出番も多く、
実際には久坂が活躍した時期の群像劇という感じです。

物語は松陰の死後から始まるわけですが、
いかに俊英揃いとはいえ松陰という強力なカリスマを失った
松下村塾のメンバーは時勢に対して有効な手が打てず、
歯がゆい状況のまま蛤御門の変を迎えることになります。
蛤御門の変だけを見ると久坂たちの無謀な暴挙に見えますが、
そこに至るまでの長州藩の混沌っぷりを見ていると
あそこで戦うしかなかったのかもと思えてきますね。

途中で長州藩の方針が二転三転するのはとても面白い。
尊皇攘夷を掲げたかと思えば公武合体を唱え、
かと思ったら再び尊皇攘夷を唱えだす。
これでは志士たちからの信用もガタ落ちですわ。
ただ、幕府の力も外国の力も分からない状態だと
こうやって右往左往するのも仕方ないとも言えます。
これは正確な情報よりも過激な思想を重視して
突っ走っていた時代特有の迷走なのかもしれませんね。

ただ、久坂自身が冷静なインテリということもあって
行動が突飛な高杉晋作や同じインテリでもより突き抜けている
大村益次郎と比べると地味な存在になっているのが惜しい。
終盤でも述べられているように人としてまともで
兄貴分として付き合いやすいのは魅力ではあるのですが、
この激動の時代で主導権を握るには強かさも行動力も
ちょっと足りなかったかという印象です。

恐らく最後まで桂辺りと歩調を合わせていれば
維新を生き延びて英傑として称えられたでしょうけど、
蛤御門の変の参加してしまったのが致命的でした。
もっとも天狗党などの挙兵事件や数々の暗殺事件を見ると
どこに地雷があるか分からないのがこの時代ですが…。

久坂玄瑞の物語としてはちょっと物足りなかったですが、
この時代特有の熱い雰囲気は感じ取れましたし、
長州藩の内情を楽しむには良い小説だと思います。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

『吹けよ風 呼べよ嵐』伊東潤 感想
吹けよ風 呼べよ嵐
吹けよ風 呼べよ嵐
posted with amazlet at 17.06.27
伊東 潤
祥伝社
売り上げランキング: 231,426

上杉家の武将である須田満親の視点から
後の川中島の戦いへ至る流れを描いた歴史小説。

川中島の戦いの主役といえば武田信玄と上杉謙信ですが、
この本では須田家という信濃の小勢力に視点を当てることで、
川中島の前段階である武田と村上義清の戦いから描写し、
武田と上杉が激突するまでを分かりやすく見せています。

当時の信濃には小勢力が多く、それらが武田に対抗するため
村上の下に集まり、最終的には上杉と武田という
二大勢力に飲み込まれていく姿は戦国時代の縮図でしょう。
本作では須田家が身内で敵味方に分かれていますが、
両家の間に憎しみはなくそれぞれの間にあるのは
家を残そうという意思だったというのがやるせない。
しかし本作で敵として出てくる真田家も
後に似たような方法で家を残しているのは面白いですね。

ただ、物語としては物足りなかった面もあります。
この物語は第四次川中島合戦までを描いていますが、
この戦いについては歴史小説では散々使われているので
新鮮さも爽快感も控えめなまま終わった感があるんですよね。
須田満親の物語としても親友である信正との関係には
一応の決着が付くものの、満親の人生としては
まだまだこれからというところで終わってしまいます。
個人的には歴史小説としてはその人物の一生を
最後まで描くタイプが好きなのでここは引っかかりました。

調べてみたら、この後の満親は本作では宿敵扱いだった
真田幸綱の孫である信繁を預かったりするようですし、
他にも嫡男が追放されたりと、川中島以降の人生の方が
波乱万丈に見えてきてむしろこっちを読んでみたかったなと。
上杉家の家臣となった信濃勢力という着眼点は良かったので
どうせならその結末まで見せて欲しかったところです。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

『天下一の軽口男』木下昌輝 感想
天下一の軽口男
天下一の軽口男
posted with amazlet at 17.06.02
木下 昌輝
幻冬舎 (2016-04-07)
売り上げランキング: 185,986

上方落語の祖ともされる米沢彦八の物語。

文化面の偉人でありながら大衆落語というジャンルゆえに
その実態がほとんど知られていない米沢彦八ですが、
だからこそ作者が自由に書くことができる面もありますね。

この本の彦八の物語は分かりやすいサクセスストーリー。
江戸時代初期の落語界と聞くととっつき辛そうなお題ですが、
話が分かりやすいためすらすら読み進めることが出来ます。
落語の一門というと今でこそ文化エリートとはいえ、
落語がなかった時代に話で身を立てるのがどれだけ大変だったか。
そんな不可能と思われていた夢に人生をかける彦八の姿には
呼んでいるこちらまで勇気付けられました。

ただ、安楽庵策伝関連の使い方は微妙だった気がします。
彦八の話だけでは話が広がらなかったのかもしれませんが、
策伝と彦八の繋がりはどうもとってつけた感が強い。
これはこの繋がりが中盤で決着が付いてしまって
終盤には出てこなくなるというのが大きいかも。
序盤であれだけ意味深に結構なページ数で語ったんですし、
終盤にももう一押し、面白い絡みが欲しかったです。

しかし木下さんの作品といえば「人魚ノ肉」のような
ドロドロした歴史ホラーなイメージだったのですが、
今回のような明るくて前向きな作品も書かれるんですね。
これはこれで読みやすいので悪くないのですが、
自分はやはり重苦しい歴史ホラーの方が好みだったりします。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

『決戦!三國志』 感想
決戦!三國志
決戦!三國志
posted with amazlet at 17.05.09
講談社 (2016-01-22)
売り上げランキング: 129,224

三国志をテーマに5名の作家が書いた短編集。
決戦シリーズなので「決戦」とついてはいるものの、
作品の内容はあまり決戦という感じがしなかったです。

というのもこの本、前半の3本で許攸、周瑜、法正という
策士タイプの人物を扱っているせいで
策士の本という印象が強くなってるんですよ。
いっそのこと策士の話だけを纏めても良かったのでは。

まあそれはさておき、個人的に面白かったのは
天野純希さんの周瑜の話と、東郷隆さんの倭人の話ですね。
周瑜の話はまず周瑜が孫権からの独立計るという
設定が面白いですし、孫権に毒殺されるという結末もいい。
周瑜が自分を暗殺するという手を打った孫権を
認めながら死ぬというのは天野さんらしいオチだと思います。

倭人の話は新鮮な気持ちで楽しめました。
当時の日本を呪術の国として捉えるところから始まり
倭人だけでなく于吉や張角といった仙人モドキも絡んできて
演技の怪しげな部分を抽出したような内容になっています。
壮大な三国志の物語の裏で中国に渡った倭人たちが
こっそり活躍していたと思うとワクワクしてきますね。

他3本も面白かったものの、新鮮さは少なかったです。
特に木下さんは御自身の本と比べると普通だった印象。
まあ、この手の企画でハメを外すのは難しいでしょうけど。
ただ、前半の策士ネタの偏りなどを見てると編集サイドが
作家さんを扱い切れていないようにも感じられました。
もっといい本になってもおかしくないメンバーですしね。

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

『人魚の肉』木下昌輝 感想
人魚ノ肉 (文春e-book)
人魚ノ肉 (文春e-book)
posted with amazlet at 17.05.05
文藝春秋 (2015-07-10)
売り上げランキング: 85,745

幕末を舞台に活躍した歴史上の人物が
不死の妙薬といわれる人魚の肉を食したことによって
数々の怪異に巻き込まれていく歴史ホラー小説。
どの話も定番の逸話をホラーネタと結び付けることで
一風変わった読み味を感じさせてくれます。

個人的に好きなのは沼尻小文吾と斎藤一の話ですね。
沼尻小文吾の横向き小文吾というちょっと間抜けな逸話を
横に何かがいるというホラー的な介錯に落としたのは上手い。
かつて介錯に失敗したという心残りを近藤勇の亡霊を
介錯することで晴らすという流れも美しいです。

斎藤一の方は数々の偽名を名乗ったというエピソードを
ドッペルゲンガーとして介錯しているのがこれまた上手い。
違う名前の自分が次から次へと現れるというのは
ホラーではよくある話ですが、この不可思議な状況で
嬉々として自分に勝負を挑むというのが剣鬼・斎藤一。
彼が自分らしさを貫いているおかげでホラーにもかかわらず
読後は痛快さが残るという面白い話になっています。

他にも死の瞬間を繰り返す坂本龍馬や
吸血鬼と化す沖田総司など、ホラーとしての怖さを持ちつつ
それ以上にワクワクさせるような話がてんこ盛り。
歴史とホラーが好きな人にはたまらない作品だと思います。

テーマ:読書感想 - ジャンル:小説・文学