2015/09/18

スズキ・バレーノについてあれこれ

久々の車ネタ。
今回は試乗レポートではなく、
スズキの話題の新型車「バレーノ」について書きます。

とりあえず「次期スイフトか」という問いのついては
今のところは「No」だと思っています。
以下、理由を述べていきます。

まず最大の理由がバレーノはインドで作るということ。
この車、元々はマルチスズキが国内シェアを確保するために
作りたがっていたもので、マルチスズキの高級ブランドである
「NEXA」で売るというのが最大の目的なんですよね。
「NEXA」ではバレーノ、スズキではスイフトという
ブランドによる色分けすることが目的なのに
これをスイフトとしてしまうと本末転倒でしょう。
マルチスズキをインドだと侮るなかれ。
既に日本国内のトヨタに匹敵する台数を売っていますし、
インドトップメーカーだけに車種数が必要なのです。

こうして見ると、バレーノとスイフトのサイズが被るから
バレーノ=次期スイフトという考えには穴があります。
インドではバレーノとスイフトは別のお店で売る車ですし、
バレーノだけだとスズキで売る車がなくなるんですよね。
欧州や日本で売る場合はサイズは被りますが、
スイフトより一回り大きいサイズに
ターボや追従式クルコンといった上級装備によって
価格的にも差別化することは可能かもれません。
ただ、スズキとしては欧州や日本では日本製スイフトを
売りたいでしょうし、積極的に売る気はないのかも?
マジャールスズキもバレーノにはノータッチですし、
あちらもスイフト待ちなのかもしれませんね。

インドにおけるスイフトの役割についてもう少し。
インドにおけるスイフトはハッチバックだけでなく
セダンである「ディザイア」も存在してるんですよね。
このディザイアはそれはもう不細工な車なんですが、
サイズに関しては4m未満で税金が安いのが強み。
バレーノセダンでは4mを切るのは不可能ですし、
ディザイアの客層を捨てることになってしまいます。
これが理由で、次期スイフトは若干小型化するのでは?
という説もどこかで見たような気がするのですが、
ソースが見つからないので自分の妄想かもしれません。

スズキのロードマップも見てみましょう。
今後Bセグ2車種、YRAとスイフトを投入するというのは
随分前に発表されていることなんですけど、
何故かバレーノがスイフト扱いされることが多い。
でもバレーノはYRAですしスイフトは別に計画されてるねんな。
そして相良工場では2016年後半からスイフトの増産を予定。
これはあくまで現行スイフトの増産計画ですし、
バレーノとスイフトをしばらく併売するからには
バレーノが次期スイフトとは言えないでしょう。

更に最近これまたインドでスクープされましたが、
コード「YSD」というコンパクトカーの存在があります。
このYSD、どうやらハッチバックとセダンの2タイプらしく、
まさに今のスイフトの位置にピッタリ収まるんですよね。
これこそが次期スイフトなのではないでしょうか。

というわけで自分はバレーノは次期スイフトではない派です。
まあ、プラットフォームが共通なのは確定していますし、
まったく別の車というわけではないと思いますけどね。
あと、個人的にはバレーノのデザインがいまいちなので
スイフトであって欲しくないという個人的感情もあります。

しかしインドのスズキ情報は本当に早い。
バレーノ=YRAの実車画像なんて1年前に出てましたし、
日本の車雑誌やサイトではとても追いつけませんね。
まあスズキの国内でのガードは堅過ぎると思いますけど。
2014/07/22

タイヤをENERGY SAVER+に交換した感想

スイフトのタイヤを交換したお話。
今回はスポーツタイヤ寄りだったPilot Sport3から
エコタイヤであるENERGY SAVER+への交換です。
サイズも195/55R15から純正と同じ185/60R15へ変更。

タイヤより車の方を買い替えようかとも思ったんですけど、
三代目スイフトにまだ自動ブレーキが付いていないことや
新型デミオの発売予定が順調に伸びつつあることを考えると、
あと数ヶ月はコイツに乗り続けることになりそうですし、
それならさっさと新しいタイヤに代えて楽しもうかなと。

Pilot Sport3は3年半4万kmでスリップサインまで2mm弱。
もう少し使えないことはないのですが、そろそろ騒音が
酷くなりつつあり、サイドには薄いひび割れが出ていました。
恐らく性能は低下していたんだろうとは思いますが、
高速道路やウェットを普通に走る程度ならまったく問題なし。
個人的には非常に満足度の高いタイヤでした。

対するENERGY SAVER+は最近流行のエコタイヤ。
同じミシュランとはいえ、どれほどの体感差が出るのか
期待半分不安半分という感じで試してみたのですが…
今のところはいい意味で期待を裏切られた感じです。

まず良くなった点は転がり抵抗の少なさ。
発進時から減速時、切り返しなど、あらゆる面で
車の挙動が軽快になっていることが実感できました。
車の重量がワンランク軽くなった感じといいましょうか。
乗り心地も良くなりましたしPS3と比べると騒音も少なめです。
まあこれはPS3が磨耗していたこともあるでしょうけど。
あとは実燃費にどれだけ影響が出るか楽しみ。

逆に悪い点はというと、これはもう良い点の逆ですね。
車が軽くなったせいで接地感やグリップは下がりましたし、
乗り心地の柔らかさから来る振動の収束の遅さも実感済み。
スポーティーと評するには物足りない乗り味になりました。

とまあ、スポーツタイヤからエコタイヤに交換した際に
感じるであろうことの定番を感じただけという感想ですが、
予想していたよりも悪い点が悪くなかったという感じですね。
安定感やグリップに関してはセイバーでも十分感じられますし、
硬さとトレードした乗り心地の良さもなかなか快適です。
スポーティーではないとはいえ、この軽快な乗り味自体は
なかなか興味深くて運転していて結構楽しかったり。
乗り換えの日は近そうですが、その日までは丁寧に運転して
無事、引退させてあげたいところであります。

…しかしコイツ、2回貰い事故してるんだよなぁ。
2013/02/26

スズキ・スペーシア発売

スズキの新型軽自動車、スペーシアが発売されました。
発売されたのですが。

うーむ、これはどうなんだろう。

ハイトワゴン系で29.0km/Lという低燃費は確かに凄い。
ガソリン車トップを独走し続けるアルトエコといい、
最近のスズキの低燃費技術が凄いのは確かでしょう。

それにもかかわらず何故アルトエコが売れないのか。
何故発売したばかりのワゴンRが失速しているのか。
そこら辺が分かってないんじゃなかろうか。

例えばホンダの軽自動車。
NBOXもNONEも技術だけ見れば大したことはありません。
カタログ燃費は良くないし価格だって安くない。
それでも何故売れるのかというと、やはり見た目の
インパクトの大きさが理由ではないかと思うのです。
正直、NBOXのデザインは好きじゃないのですが、
軽自動車の中では一番派手なのは確かだと思います。
他社のカスタム系よりも貫禄があるぐらい。
例え下品と言われようとここまでやったのは正解です。
NONEも一発で覚えられるデザインですしね。

本音を言えば横滑り防止装置を標準装備したおかげで
売れたと言いたいところですが、それはないかなぁ。
日本じゃ存在すらほとんど知られていないでしょうし。
それでもCMでアピールしてるのは偉いですけどね。

しかし売り上げへの貢献は少ないとはいえ、
後発のスペーシアがこれを装備していないのは痛い。
この一点だけであちこちで突っ込まれまくるでしょう。
これだけ口コミが発達している世の中だというのに
明らかなマイナス要素を残したのは戦略ミスでは?

デザインにしても、最近の流行は厳つい感じなのに
スペーシアはというと現行タントに近い緩い顔。
この顔じゃNBOXに迫力負けしちゃいますし、
客へのインパクトも少ないんじゃないですかね。
屋根のツートンカラーも似合ってないですし。

一方でダイハツはというと最近あったムーヴの
大型マイナーチェンジでは一気に顔を厳つくして、
軽で初の衝突防止装置も設定するという大盤振る舞い。
この売り方の上手さは流石の一言です。
正直、フルモデルチェンジしたワゴンRよりも
見た目のインパクトは大きいぐらいです。
多分次期タントも厳つい顔で出すんじゃないかな。
もちろん衝突防止装置も設定するでしょう。

そうなるとスズキはいくら低燃費で買ったとしても
見た目や安全装備で劣っていたら勝ち目はなし。
ホンダやダイハツは間違いなくそこ付いて
売ってくるでしょうし、事実だから反論もできない。
消費者の要求が低燃費からデザインや装備へと
向かっているというのに時代に逆流していますよ。

こうなってくるとスイフトのマイチェンも不安。
スイフトが燃費や広さで劣っていても売れるのは
走りの質感のおかげなのに、そこをスポイルされると
もうホント、見る場所がなくなっちゃいますよ。
ソリオもポルテに食われて完全に失速していますし、
スイフトだけが頼みの綱だというのに…。

とまあここまでダラダラ書いてきたものの、
私の場合、NBOXも売れないと思っていましたし
スペーシアが馬鹿売れする可能性も普通にあります。
新型ワゴンRは微妙、ムーヴは売れるという予想は
当たりましたけど、さて、今度はどうなるか。
2012/07/16

日産ワールドプレミアイベント(新型ノート発表) 感想

ワールドプレミア見てました。
ノートは広さやパワー、コスパの良さで
スイフトと迷った車なので今回の新型も興味あり。

以下、私的に良いと思った点。

形はフィットやラクティスと似ていますけど
これ系の箱型コンパクトでは一番好みかも。
前後ライトやグリルの形が結構気に入った。
新鮮さはないですが後発らしい手堅さですね。
でもドアパネルの波は板金が大変そうだ。

内装ではメーターがかっこいい。
形も色も良くてやる気にさせてくれますね。
パーキングブレーキが足踏み式から
手動式に変わったのも良いところだと思います。
やっぱ脇に棒がないと落ち着かないんですよ。
サイズが大きくなった分室内も余裕がありそう。

逆に微妙だと思った点。

やっぱり実車を見るとでかい。
あちこちで4.15mという情報が出ていますけど
やっぱりこの大きさはコンパクトではない気が。
回転半径が5m以上だったら売れない気がします。
ティーダのシェアまでカバーしようとして
結果的に中途半端な大きさになっているような。
もうチョイ小さくすれば燃費も伸びたでしょうに。

ハンドルやセンターパネルは微妙。
マーチみたいな丸々とした安っぽいハンドルは
格上のこの車には合っていないように見えます。
センターパネルは…すごく、ベリーサです。
そのせいもあって妙に古臭く見える。

あと、後席ヘッドレストが2つしかないこと。
国内車種でも3つの車が増えてきましたけど
ミラージュもノートも何で今更手を抜くのか。
この調子だとサイドカーテンエアバッグや
横滑り防止装置もオプションなんだろうなぁ。
その点、新型カローラはよくやったと思います。

まとめ。
悪くはない。でもインパクトは薄い。
燃費にしても装備にしても衝撃は少なく、
一番「おおっ」と思ったのがメーター。
スーチャー搭載は日本車としては新しいですが
燃費自体はそこまで目新しくもないですし。
まあ燃費は重量的にフィットより1ランク上だと
考えると立派なものですが、次期フィットや
次期デミオとは結構差が付きそうな気が。

まあ、ソリオが出た当時もあの中途半端な
サイズが売れるとは思えなかったものの
実際には結構売れていますし、今回のノートも
一回り小さいフリードと考えればいけるかも?

カローラより少し安い価格設定で同等の装備なら
次期愛車候補として考えますが…はてさて。
2012/05/20

新東名高速道路 感想

走ってきました。
三ケ日JCTから島田金谷まで。

流石に新しいだけあって綺麗で広いですなー。
ロードノイズも静かで走ってて疲れにくいですね。
直線が多くて騒音も静かでスピード感が掴みにくく、
ついスピードを出し過ぎるという意見にも納得。
これだけ高速向けな道路なのに制限速度を
上げないのはやっぱり勿体無く感じてしまいます。
高速関連といい事故対応関連といい日本の法律は
いつまで実情を無視し続けるのだろうか…。

覆面パトの看板がデカデカと置いてあるので
制限速度に合わせて走ってる人が多かったですが、
それでも時折ぶっ飛んでいく人がいましたね。
スポーツカー率も普通より多めだった気がします。
まあ道路自体が広かったので際どい追い抜きも
少なく、他よりは安全性は高いとは思います。
覆面パトが多いらしいので注意していたのですが、
今回の走行中は一度も見かけませんでしたね。
白クラウンは結構見かけたんですけどね。

他に感心したのはトンネルの中の明るさ。
ライトの角度に凝ったらしく非常に見やすい。
視界がいいだけでこれだけ疲れにくくなるとは。
これは早く他のトンネルも改装して新東名と
同じような照明を導入して欲しいところですな。

SA、PAも新品だけあって綺麗。
SAがでかいのは当たり前ですがPAも店舗が多くて
でかいのはお金がかかっているのを感じます。
SAなんて楽器や車の宣伝しまくりですしね。
でもどこのエリアも高所にあるので高所恐怖症な
私は降りてくる際にちょっとガクブルでした。
駐車場も最新式の割には面積が少なかったようで、
混雑しているところが多かったのはちょっと残念。
どうせならもう少し広く作れなかったものか。

山奥だけあって動物事故が多いらしいですけど、
幸い今回は出会うことはありませんでした。
既にNEXCOが対策を取ってるらしいですけどね。

しかし新東名自体の出来はいいんですけど、
直前の豊川辺りの臨時3車線は危険過ぎる。
狭い上に交通量が多くて事故るのも必然です。
私が行ったときも一件事故ってましたし、
あそこの事故率を調べるとかなり凄そう。
これはもう豊田東から分岐するルートが
一刻も早く開通されることを祈るばかりです。