手を出したものの感想を書き溜める場所
『ビビビ・ビ・バップ』奥泉光 感想
ビビビ・ビ・バップ
ビビビ・ビ・バップ
posted with amazlet at 17.03.22

講談社
売り上げランキング: 187,574

猫と音楽とSFの入り混じったファンタジー小説。
一応、奥泉さんの過去作品と繋がりがあって
そちらを読んでいればニヤリとできる場面もありますが、
この作品から読んでも十分楽しめると思います。

主人公は女性ジャズピアニストのフォギーさん。
34歳という現代では中年に当たる年齢ですが、
舞台となる21世紀末は平均寿命が大きく伸びたせいで
まだまだ精神的にも肉体的にも若者といっていいレベルです。
他にも紙の本が絶滅して本屋がなくなってたり
携帯端末も装着型になっていたりと、
想像しやすい近い未来の姿が描かれているのが面白い。
お墓ですらネット上に作るとなると
風情もなにもあったもんじゃないようにも思えますが、
作中のようなお見送りが出来るならこれはこれでありかも。

そんな世界でちょっとお間抜けなフォギーさんが
人類の命運を握るゴタゴタに巻き込まれるのがこのお話。
話の肝となるのは人類VSコンピューターという
使い古されたSF作品と同じネタなのですが、
作中の人物も使古されたネタだと分かっていても
コンピューターの暴走を止められないのは少し怖いです。
まあ、今の自分たちにしてもコンピューターに対して
どんな手が打てるのか微妙なところですが。

この場合のコンピューターというのも
厳密にコンピューターといっていいのか微妙なところで、
人間の記憶をそのまま移したコンピューターを
機械として扱っていいものかというのはありますし、
同じ意識でも人の身体を失うだけで変質してしまうと思うと
これまた怖いようなやるせないような気持ちになります。
逆にかつての偉人の技術だけを移植されたロボットたちが
勝手に動き出して最後にセッションするシーンには、
意思の有無とか細かいことはどうでもよくなるぐらいの
カタルシスを感じさせられたりもしました。

奥泉さんの作品は地の文の軽快さが特徴ですけど、
話の方もめちゃくちゃ凝っていて面白いので
そろそろ長編の一本ぐらいは映画化して欲しいところ。
今作なんかは音楽シーンとかSFシーンとか
ビジュアル的に面白いシーンも多いですしね。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

『金閣寺の首』朝松健 感想
金閣寺の首
金閣寺の首
posted with amazlet at 17.03.09
朝松 健
河出書房新社
売り上げランキング: 377,775

室町時代を舞台にした幻想怪奇小説集。

どの小説も面白かったのですが、
特に面白かったのは京都に取り付かれた大内家の話と、
奇妙な妖怪に取り付かれた足利将軍家の話。
どちらも歴史物として長い目で両家を語りつつ、
その盛衰の裏にあった奇妙な出来事について語っていて、
短編なのに壮大な物語を読んだ気分になりました。
足利将軍家のグダグダっぷりには最近魅力を感じます。

他にインパクトがあったのは首狂言天守投合。
開始時は普通の時代小説っぽいのですが、
話が進むにつれて3人のお姫様と生首たちが
はっちゃけていく姿には妙な爽快感がありました。
ホラー的設定をコメディに一転させた手法はお見事。

一休が様々な怪異に襲われるシリーズは
上記の作品と比べるとインパクトでは劣るものの、
45分時代劇的な安定感のある面白さがあります。
一休といえばアニメの印象が強いですけど、
そういう人ほど、このシリーズの風狂坊主一休には
新鮮な面白さが感じられるのではないでしょうか。

朝松さんの作品は異形コレクションでいくつか
触れていたものの、個人の本として読むのは
初めてだったのですが、かなり満足度が高かったです。
今後はちょっと過去作を漁ってみようかなと。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

『聖者が殺しにやってくる』後藤リウ 感想
聖者が殺しにやってくる (角川書店単行本)
KADOKAWA / 角川書店 (2013-06-17)
売り上げランキング: 159,536

隠れキリシタンの元締めだった旧家を舞台に
一族に関係する人間が次々と殺されていくミステリー小説。

話自体はなかなか凝っていて、隠れキリシタンという設定や
旧家の複雑な血縁関係、14年前に起こった事件との繋がりなど、
それらが最終的に一つに繋がっていくのは面白かったです。
犠牲者たちの猟奇的な装飾もいい雰囲気を出しています。

ただ、キャラクター造形に関しては微妙でした。
ミステリーといえばエキセントリックな探偵と
ちょっとドン臭い助手の組み合わせがお約束ですが、
この作品ではちょっとドン臭い主人公が探偵役なので
捜査パートがいまいち面白く感じられなかったです。
助手役の幼女も生意気でやかましいタイプで、
よく特撮でいる話をかき回す子供に近い感じです。
これはもう好みの問題なので仕方ないといえばそうですが、
普通の探偵と助手の組み合わせならもっと楽しめたかなと。

探偵がしっかりしていないせいで
クライマックスの盛り上がりもいまいちでしたし、
やはり定番の天才探偵とおとぼけ助手という組み合わせは
よく出来ていると実感させられる作品でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

『親鸞』三田誠広 感想
親鸞
親鸞
posted with amazlet at 17.02.09
三田 誠広
作品社
売り上げランキング: 94,334

浄土真宗の開祖として有名過ぎる親鸞の物語。

この作品の親鸞は基本的にはクソ真面目な求道者ですが、
自分でもそれを自覚していて要所要所で
その真面目さから脱却しようとしているのが面白いです。
教義である仏を信じれば悪人でも救われるというのは
当時としては型破りな考えだったわけですが、
本人も修行の場である比叡山を降り肉を食べ妻帯するなど、
端から見ると破戒僧と思えるような行動を取っています。

ただ、こういった行動も師の法然から真面目過ぎると
注意されたせいであり、その結果真面目にハメを外そうと
行動している姿にはどこか愛嬌を感じますね。
最初から衝動のままに行動するのではなく
何事も考えてから行動する真面目さは一貫しています。

しかし肉食妻帯という民衆に近い行動こそが親近感を生み、
じわじわと勢力を拡大していったというのは納得。
当時の民衆や武士からすれば仏に救われるのは
厳しい修行をする僧だけで、それがかえって仏に対する
信仰心を遠いものにしていたのかもしれません。
本作では、親鸞の師である浄土宗の法然や
高野山や善光寺の聖などを絡めることによって、
知的階級だけのものであった仏教が民衆のものへと
少しずつ変化していく流れを分かりやすく描いています。

そんな親鸞も私人としては褒められたものではない。
自分も父親の愛情を受けられなかったとはいえ、
自分の息子に対しても親としては放置同然の対応ですし、
その結果息子が邪教に走ってしまったのは手痛い失敗です。
他人から見ると穏やかで尊敬できる聖人なのですが、
身内に対して激しい愛情を表せなかったのは
彼にとっては大きな欠点だったのかもしれません。

貴族から武家へ権力が移り変わる大きな流れと、
それに伴う末法思想による仏教の変化を絡めつつ、
親鸞という人物を深く掘り下げた読み応えのある作品でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

『影の中の影』月村了衛 感想
影の中の影
影の中の影
posted with amazlet at 17.02.06
月村了衛
新潮社
売り上げランキング: 301,992

日本に潜伏するウイグル人を狙って襲い掛かる中国の特殊部隊。
迎え撃つのは謎のエージェントと武闘派ヤクザ。
今、高層マンションを舞台に血を血で洗う潰し合いが始まる!

という感じでとても分かりやすいアクション小説でした。
主人公はかつて仲間にはめられて全てを失った警察官で、
その後ロシアで教えを受けたスーパーエージェント。
警察内でのゴタゴタを描いた小説は数多くありますが、
そこから超人になるところが月村さんの小説らしい。
ヤクザと手を組んで戦うという展開も熱いですね。
ヤクザめっちゃ死にますけどね!

暗器を使う特殊部隊という設定も漫画ちっくで良い。
敵の面白武器には毎回ワクワクさせられますし、
接近戦が多くなる展開もアクション物として面白いです。
まあ特殊部隊の方も主人公にサクサク殺されまくりますが、
こういうテンポの良さも作品の売りの一つでしょう。

あと珍しいシステマ推し小説でもありますね。
どんな窮地でも主人公がシステマでなんとかしてしまうので
システマの万能感がとんでもないことになっています。
読後にシステマを習得したくなること間違いなしでしょう。

ウイグルの現状とかかなり酷い描写がされていますし
社会派小説としての一面もあるのですが、
それ以上にアクションシーンの切れが目立ってしまって
そこばかり印象に残ってしまったのはいいのか悪いのか。
ともかく、スッキリ爽快な読後感の残る作品でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学