FC2ブログ
2018/09/12

『エッグマン』辻仁成 感想

エッグマン
エッグマン
posted with amazlet at 18.09.12
辻 仁成
朝日新聞出版 (2017-10-06)
売り上げランキング: 356,602

心優しい料理人「エッグマン」の物語。

非常に奥手な男性でありエッグマンでもあるサトジ。
その想い人でありバツイチシングルマザーなマヨ。
父親のせいで男性嫌いを患っているウフ。
この一癖ある三人を中心に話が進んでいくわけですが
複雑な家庭環境で暗くなりそうな流れなのに
終始ほんわかした雰囲気が漂っているのは
それぞれの名前が柔らかい雰囲気を持っているからかな。

この3人に限らず、登場人物同士の距離が
一筋縄でいかないところがこの作品の特徴ですね。
サトジが父親にトラウマを持つウフに卵料理を通じて
受け入れられるという流れは王道で気持ちいいのですが、
逆にそれ以外の人間関係はスッキリしないものばかりです。
まあサトジとウフにしても最後にくっついたとはいえ、
それまで12年間も曖昧な関係を続けていましたけど…。

しかしスッキリしない展開が多いのに後味が悪くないのは
その曖昧さが共感しやすいものだからかもしれません。
例えば、ウフのいじめ問題は黒幕はいじめがバレて
結局学校から転校してしまうわけですが、
ラストのシーンでウフと黒幕を簡単に仲直りさせず、
でもウフが黒幕を許した気持ちは伝わったという
捻った描写にしているのが面白いですね。

マヨの元旦那でありウフの父親である男の場合は
女性に対しては偉そうに当たるクズなのかと思いきや、
サトジに対しては「マヨを頼みます」といえる
潔さを持っていたりして、でもそれなのに
最後は詐欺で逮捕されてしまうという
悪い奴ともいい奴とも言い切れない曖昧さが面白い。

こういう曖昧な距離感を扱っている作品は
ほろ苦い終わり方をするものが多いような印象ですが、
この作品は色々なマイナス要素を組み込みつつも
総合的に見ればプラスが多いところに着地する感じで、
読後は7割の温かさと3割のモヤモヤが残りました。
このモヤモヤが隠し味になっているのかもしれません。
2018/09/07

『Tの衝撃』安生正 感想

Tの衝撃
Tの衝撃
posted with amazlet at 18.09.06
安生正
実業之日本社
売り上げランキング: 31,868

日本国内に存在する核を巡る軍事サスペンス。

とにかくあらゆる動きが派手で面白いです。
冒頭、いきなり重火器によって自衛隊の車両が襲撃され
核燃料が奪われるシーンが派手なのはもちろんですが、
事件を追う自衛隊情報部の溝口へのパワハラも派手。
違法行為を厭わず真相を究明しトカゲの尻尾になれと
堂々命令する自衛隊という組織の姿は痛快ですらあります。

捜査パートと襲撃パートが交互に訪れる構成もいい。
捜査を進めるにしたがって部下は病院ごと爆殺され、
直属の上司であった陸幕長は機関銃で蜂の巣にされるという
敵側の容赦ない対応も緊迫感に繋がっていますね。

敵の正体の意外性も良かったです。
北朝鮮の工作員が最有力容疑者と思わせつつも、
そこへ情報を流す日本側の裏切り者がいる…
という流れかと思いきや、さらにもう一つ裏がるとは。
四つ巴と言える複雑な状況を二転三転する物語として
上手く描写して見せたのはお見事でした。

少し引っかかったのは自衛隊の不甲斐なさですね。
陰謀物では振り回される側が不利なのは仕方ないですが、
それにしてもやられっぱなし過ぎたような。
襲撃犯の正体の意外性で誤魔化されましたけど、
改めて考え直してみれば単に真相に辿り着いただけで
敵に一矢報いたわけではないですし、
ちょっとモヤモヤしたものが残りました。

そんな感じで読後感は少し重いのですが、
核を巡って日本国内が戦場となるシチュだけでも
十分面白かったので自分的には満足度は高い作品でした。
2018/08/24

『路地裏ビルヂング』三羽省吾 感想

路地裏ビルヂング (文春文庫)
三羽 省吾
文藝春秋 (2013-01-04)
売り上げランキング: 790,166

古ぼけたビルヂングの中にある6つのテナントの物語。

まず最初は5階にある訪問販売屋のお話。
胡散臭い健康グッズを販売するグレーな会社ですが、
そんな会社でも入ってしまったからには働くしかない。
主人公は馬鹿で軽薄で無神経な若者ですが、
彼なりに真面目に働く姿はどこか清々しいです。
後の短編でもちょくちょく顔を出すのですが、
取り巻きができる程度に出世しているのが微笑ましい。

他の作品も自分の今の立場に悩みながらも
最後は前向きに生きていくというパターンなのですが、
どの作品も主人公の立場が違っていて面白かったです。

仕事が好きという気持ちに自信が持てない
無認可保育園のおばちゃん先生。
良い学歴を持ちながらも就職に失敗して
自分に言い訳しながら零細塾の教師をしている若者。
不動産会社の相談窓口という単調な仕事に飽きて
身近に非日常を求めるテレフォンレディ。
小さな広告会社で大きな仕事を請け負おうとして
一人でムキになって走り回っている広告マン。
そして最後はビルができる前の万屋時代から
ビルのオーナー一族に仕えてきた老人。

それぞれの悩みは他人から見れば小さなものですが、
それだけに共感しやすいものばかりでした。
主人公たちの違う階の店子という緩い関係も面白く、
名前の出ない脇役でも誰か分かるのは楽しかったですね。
仕事に疲れた時に読むと少し前向きなれる作品です。
2018/08/13

『化身の哭く森』吉田恭教 感想

化身の哭く森
化身の哭く森
posted with amazlet at 18.08.12
吉田 恭教
講談社
売り上げランキング: 414,993

呪いがあると噂される山に入った学生たちが次々と死亡。
彼らの死に隠された謎にいつもの元刑事なおっさん探偵と
クールビューティー刑事が挑むミステリー小説です。

明らかに殺人だと分かる殺され方をした方はともかく、
熱中症による死亡については原因不明で不気味だったのですが、
塩水による浸透圧を使ったギミックは初めて見ました。
今回は犯人の自白で確定しましたけど
後から証拠を見つけるとなるとかなり難しそうな気が。
食塩のルートから解明するしかないのか…?

殺人の方のトリックは鑑識が頑張れば
証拠を見つけられそうな気がしましたけどどうなんでしょう。
でもこういうレトロな仕掛けは割と好みです。
糸系のトリックにはロマンが溢れている。

呪いネタなのにいまいち怖さがなかったのは
呪いを追うのがコミカルなおっさん探偵だからかな。
とはいえこのおっさんの調査や推理の能力は結構高めなのに
ダメ人間臭漂っているところは嫌いではないので、
山に入ったり旧家を尋ねたりするだけでも面白かったです。
殺人の動機がマツタケというのもどこか滑稽でしたね。

このシリーズはインパクトがある訳ではないのですが、
読みやすくて一定の意外性もあるので安心して手を出せます。
2018/08/03

『亡霊の柩』吉田恭教 感想

亡霊の柩 (本格ミステリー・ワールド・スペシャル)
吉田恭教
南雲堂 (2018-03-14)
売り上げランキング: 416,497

探偵と警察の両視点から捜査に挑むミステリー小説。

このシリーズの特徴といえば探偵と警察二つの視点の他に
ホラーめいた状況による不気味さがあるのですが、
今回はホラー要素が薄めに感じられました。
タイトルが一番のホラー要素かな。

そのせいで全体の印象も薄く感じられたのですが、
二転三転する話の作りは健在なので面白いのは確か。
銃殺された暴力団員、行方不明になった元孤児、
結婚直前にホテルで刺殺された男性など、
一見関係ない死体がゴロゴロ出てきた末に
それらの意味が繋がっていく構成は熟練の域でしょう。

今回のトリックの一つはミステリーでは定番の
消える凶器ネタですが、こういう使い方は始めて見たかも。
古典的なネタでもまだまだ使えるんだと感心しましたよ。

いつものホラー要素がなかったのは残念ではあるものの、
隠された人間関係やトリックを重視した古典的な作りは
むしろ正統派ミステリーといっていいかもしれません。
今回も楽しませて頂きました。