FC2ブログ
2019/11/09

『隠蔽人類』鳥飼否宇 感想

隠蔽人類
隠蔽人類
posted with amazlet at 19.11.08
鳥飼否宇
光文社
売り上げランキング: 678,137

人類とほぼ同じ外見をしながら遺伝子情報が異なる
「隠蔽人類」に関するゴタゴタを描いたバカミス。
物語は5つの章から成り立っているのですが、
どの章も最後は強引などんでん返しが炸裂します。

最初に隠蔽人類の設定を見たときには
科学的な内容になるのかと思っていましたし、
実際序盤では結構真面目に研究していたのですが
1章の最後まで進むと「ああ、バカミスだな」と。

しかしバカミスとはいえミステリーなので
ちゃんとしたギミックもたくさん仕込まれています。
隠蔽人類の正体についてはとんでも理論であるものの、
最初の章からしっかり伏線が仕込まれていましたし、
毎回最後に探偵役が殺される展開は共通しているのに
殺され方が凝っている点も良かったですね。
探偵だけでなく犯人も次々と変わっていくので、
毎回気持ちをリセットして予想できたのも新鮮でした。

最後も全力で舞台をぶち壊して終わりましたし、
バカミスらしい爽快感はしっかり得ることができました。
真面目な人にはオススメできない小説ですが、
バカミスが好きなら楽しめる作品だと思います。
2019/11/01

『分かったで済むなら、名探偵はいらない』林 泰広 感想

分かったで済むなら、名探偵はいらない
林 泰広
光文社
売り上げランキング: 950,711

とある酒場で飲んでる刑事が居合わせた客の話を聞いて
事件の真相を推理していくという短編集。
ジャンルとしては安楽椅子探偵になるのでしょうか。

面白かったのは推理の小道具として
「ロミオとジュリエット」を使っている点。
どの短編にも共通しているのは、
「ロミオとジュリエット」を様々な登場人物視点で再構成し、
それを現実の事件に重ね合わせることによって
真相に辿り着くという流れですね。

私は「ロミオとジュリエット」は大昔に読んだだけで
今となっては話の内容すら覚えていないレベルなのですが、
ロミオとジュリエット以外の人物に感情移入することで
まったく違った様相を見せる物語を見ていると、
非常に深みのある作品であるように感じられました。

どの話も事件の話を聞く→ロミジュリの視点ネタ→
事件の視点を変えて解決というパターンなのですが、
最後までまったく飽きずに読まされたのはお見事。
あと、最初に語られた「106は素数」の謎にも
綺麗に決着をつけてくれたのが気持ち良かったです。
2019/10/12

『ゆるキャラの恐怖 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活3』奥泉光 感想

ゆるキャラの恐怖 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活3
奥泉 光
文藝春秋
売り上げランキング: 69,766

ダメダメ准教授クワコーシリーズの新作です。

今回はゆるキャラコンテストの話と地下壕の話。
例によってダラダラと話が進むのでマンネリを感じつつも
面白くないわけでもないので最後まで読みました。

ゆるキャラの話はコスプレの話から発展して
艦これまでネタにしていたのには驚きましたね。
流石は奥泉さん、興味の範囲がお広い。
脅迫状が届いて色々な事件が起こったから
犯人を調べてみると、実は複数の事件が絡み合って
複雑に見えていたというオチはミステリーらしいです。

地下壕の話は本筋の学内権力闘争の話から
キノコの話にズレていくのが面白かったですね。
話をややこしくしている原因がキノコ好きたちの
ケチ臭さというのもこのシリーズらしい。
エイプリルさんは新レギュラーになるのかな。

しかし学内教授陣の中でのクワコーの評価が
ジワジワ上がってますけど、果たして今後どうなるのか。
そもそもこのシリーズのゴールは一体どこなのか。
まあ続編が出る限りは読むつもりですけどね。
2019/10/02

『東京クライシス 内閣府企画官・文月祐美』安生正 感想

東京クライシス 内閣府企画官・文月祐美
安生正
祥伝社
売り上げランキング: 96,507

東京を舞台に災害と陰謀が交錯するサスペンス小説。

発端は竜巻による変電所の壊滅。
まずこれによって東京で大規模停電が発生し、
それによって発生した帰宅困難者たちを
豪雨洪水が襲うという二段構えの災害となっています。

更に災害の裏では某国による国家レベルの陰謀が進行し、
それに踊らされる官邸のゴタゴタを描くわけですが、
竜巻、豪雨、陰謀と複数の問題への対応が発生するせいで
ちょっとまとまりがなく感じられてしまいました。

安生さんの作品と言えば冒頭からハッタリの利いた災害を
ぶちかまして流れを持っていくのが上手いのですが、
今作の変電所崩壊というのはちょっと地味だったかなと。
災害としては後の洪水が本命ではあったのですが、
そこまで進むと今後は官邸内の陰謀との対決に
描写が割かれてしまうため、読み終えた印象としては
災害も陰謀も薄味になってしまったのかもしれませんね。

とはいえ、暴動に陥りかけた民衆が整然と降下し整列する
空挺団の姿を見て理性を取り戻すというシーンは
美しさを感じさせるクライマックスだったと思います。
2019/09/22

『火災調査官』福田和代 感想

火災調査官 (創元推理文庫)
福田 和代
東京創元社
売り上げランキング: 550,289

火災の原因調査と予防を生業とする
火災調査官を主人公にした放火サスペンス小説。

内容としては消防関係特有のネタは多いものの、
ストーリー的にはオーソドックスなミステリーですね。
次々と起こる事件を追いながら少しずつ手がかりを集めて
真犯人に辿り着くという流れですが、
その事件が殺人か放火かの違いという感じです。

とはいえ、次から次へと怪しい関係者が出てくるところや
真犯人の伏線はきっちりと描写されていましたし、
普通によく出来たサスペンス小説として楽しめました。
予告殺人ならぬ予告放火という設定はちょっと新鮮。

面白いのは主人公である火災調査官が
炎の美しさに引かれていて、その性癖を満たすために
火災調査官をやっているところでしょうか。
一歩間違えれば自身が放火犯になりそうな設定ですが、
そこに上手く折り合いをつけて趣味と社会貢献を
両立しているところは興味深かったです。

自分だけが歪んでいて他人は単純だと
決めつけているところはちょっと子供っぽいですし、
一歩間違えれば鬱陶しい主人公になりそうですが、
そこは彼のこれまでの生き方や周囲の優しさ描写で
フォローされているのでそれほど気にならなかったです。

綺麗にまとまった2時間サスペンスのように
サラッと読めて後味も良い作品でした。