FC2ブログ
2020/06/03

スズキ・スイフトスポーツ 試乗感想

スイストスポーツ、2回目の試乗してきました。

と書いている最中に調べて気付いたのですが、
自分、1回目の試乗時の感想書いていませんね。
正直、前に試乗した時はあまり印象が良くなかったので
めんどくさくなって書かなかったのかもしれません…。
まあそれは置いといて今回の感想です。

うーん、よく出来た車ではあるんですよね。
1.4ターボはパワフルだし高速でも回さず追い越しできる。
足は硬めでも角は丸められていて段差の不快感はほぼなし。
ハンドリングも素直でコントロールしやすいです。
この辺りは分かり切っていることなのでここからは欠点。

まずシートが微妙に合わないんですよね。
旧型スイスポよりホールド感は増しているんですけど
そのせいで合わなさも増してしまったような。
2時間座りっぱなしでどこか痛くなるわけではないので
致命的ではないのですが、なんか座り心地が悪い。
シートにホールド感求める人は買い替えるでしょうし
純正シートはもうちょっと緩めでも良かった気がします。

他には斜め後ろの視界の悪さ。
これまでよりシートが外寄りになったせいか
右後ろを見るとBピラーに遮られてほとんど見えません。
左後ろにしてもドアノブのせいで窓の幅が小さいですし、
ドアミラーも小さめなのですこぶる視界が悪いです。
MCでBSMが装備されたのは良かったですけど、
ワイドミラーの設定も欲しかったですね。

あとは燃料タンクの少なさ。
自分は給油せずにひたすら走りたいタイプなので
スイスポの燃費なら容量42は欲しかったところです。
高速100㎞ぐらい走った印象では航続距離は600㎞弱。
やっぱもうちょい容量欲しいなぁ。

とまあそんな感じで色々と欠点を並べてきましたけど、
現時点での乗り換え候補としては第1位です。
自分の使い方ではヤリスの方が向いてるんですけど、
スイスポの排ガスの汚さを考えると次期スイスポでは
欧州で売ってるパワーダウン版HVになりそうですし、
この価格でこのパワーを楽しめるのは今だけっぽい。
対して現行ヤリスは出たばっかりで5年後か7年後に
乗り換えるとしても普通に売ってそうですし、
スイスポから乗り換えることも可能なはず。
そんな若干消極的な理由から今のところはスイスポ狙いです。
2020/02/25

トヨタ・ヤリス 試乗感想

乗ってきました。
グレードはハイブリッドのZ。
現在出ている中ではGRを除けば最上級グレードですね。

内装は愛嬌と使いやすさを上手く両立させています。
ナビやエアコンは手が届きやすいですし、
もっこりしたドアハンドルは非常に掴みやすい。
小径ハンドルも操作しやすくて好印象でした。

足元の広さはマツダ2の次ぐらいに広いですね。
シートの形状も身体にフィットしていて文句なしです。
後席については予想通り狭いですね。
こちらはマツダ2より天井が高くて頭がつかないものの、
前席も後席も男性が座ると後席膝周りは結構厳しいです。

デジタルメーターの数字は大きくて見やすいんですけど、
欲を言えば針モードに変えることができれば良かったかな。
あと、ダッシュボードが高いので窓の上下が狭く、
室内の圧迫感とノーズの見切りが悪いのも残念。
リアシートのヘッドレストが収納式でないのも惜しいです。

新しいHVシステムはよく出来ていますね。
絶対的なパワーこそないものの、NA1.5+αという感じで
アクセルに対して自然に加速していくのが気持ちいい。
個人的にはターボやモーター駆動丸出しの
低速トルクモリモリな加速感よりも好みです。
ここ最近のパワートレインでは一番好印象かも。

足回りはしっとりとしててフラット感がありますね。
初期ロールはあるものの奥で粘るので安定感があります。
しかしそれよりも驚いたのはボディの剛性感。
とにかく微振動が少ないので非常に乗り心地がいい。
多少荒く運転してもまったく酔わないのには驚きました。
これが環状構造や接着剤を多用した効果なのか。
また一つ、小型車のボディのレベルが上がった気がします。

ハンドリングはバランス型という感じで、
中央辺りのレスポンスが少し曖昧ではあるものの、
ハンドルに釣られてヒョコヒョコしないのは良いですね。
重さはある程度速度が出ているとちょうどいいですが、
低速だと結構軽くなるのでここら辺は慣れが必要かな。


まとめ。
先代ヴィッツは正直眼中になかったのですが、
今回のヤリスは購入候補の一角になれる車でした。
乗る味自体は適度にドッシリしていた先々代スイフトに近い。
これで見切りさえよければ2人程度で使うには
ベストマッチな車だと思うのでそこだけが惜しいですね。

このタイプは他にマツダ2やスイフトがありますが、
その中でヤリスは一歩リードという感じでしょうか。
2020/02/02

トヨタ・ヤリス 展示車試乗感想

乗ってきました。
といっても今回は触ったり座ったりだけで運転はなし。
これで試乗と言っていいのか微妙なところですが、
とりあえず乗って感じたことをメモしておこうかなと。

まず良かった点。
運転席の出来がいい。
足元空間は広めですしシートは大きくてとても自然に座れます。
チルトテレスコやシートの調整範囲も大きいおかげで、
足を伸ばすセダン寄りの姿勢からコンパクトカーっぽい姿勢まで
自分の好みに合わせて調整できるのが素晴らしいですね。
この前席はコンパクトカーで一番好きかもしれません。

後席は前席で足を延ばすと狭くなるのですが、
前席で普通に足を曲げる座り方をするとそれほど狭くない。
あとシートが結構抉ってあるので意外にホールド感があります。
こういう後席シートは珍しいので、ちょっと距離を乗って
疲労感を確かめてみたくなりました。

ディスプレイオーディオがでかそうと思っていましたが、
実際座ってみると自然に視界に収まる感じでよく出来ています。
シートを低めにしない限りはディスプレイの上端が窓の下端より
下になるので、視界的にはほとんど邪魔になりませんし、
ちょっと前に出ているので手動での操作もしやすい。
ディスプレイの下の物置も手が届きやすくてグッド。

第一印象が微妙だった妙な形状のドアハンドルですが、
これは実際に触ってみるとかなり開けやすくなっています。
手前に親指を引っかけて軽い力でハンドルを引くだけで開く。
いやはや、使いもせずに馬鹿にするもんじゃないですね。
これ考えた人はなかなか大したもんだと思います。

逆に気になった点。
Aピラーは太めで結構圧迫感がありますね。
ピラーが運転席に近いので普段の視界は十分なのですが、
ちょっと頭を動かした際に目が入ると結構気になります。

あと、後席ヘッドレストの大きさが前席と大差ないので
後ろを振り向いた際の視界は結構狭いです。
後ろに常時2人座ってる感じですね。
ここは収納式にして欲しかったところ。
普通に頭を預けられますし安全性は高そうですが。

内装の質感については最低グレードだったのでそれなり。
自分としては革巻きハンドルでメーターが見やすければ
十分なので、そこはあまり重視していません。


座ってみて感じたのはだいたいこんな感じですかね。
思っていた以上に長所と短所がスパッと分かれる印象ですが、
運転席という点では現行コンパクトカーで一番かも。
実際に動かせるのは2月末みたいなので
その頃に改めて試乗に行ってみたいと思います。
2019/11/24

ダイハツ・ロッキー 試乗感想

ダイハツの新型コンパクトSUV、ロッキーの試乗レポートです。
トヨタのライズとは兄弟車。
前から4mギリギリで5ナンバーいっぱいのSUVがあれば
大ヒットするのではないかと思っていたのですが、
この車はそこをドンピシャで突いてきてるんですよね。
そういう意味でも今後の売れ行きには注目している車です。

さてまずは外見なのですが、思っていたより小さく見えます。
実際にコンパクトカーサイズなので相応なのですが、
デザインが大型SUVちっくなので少し違和感がありますね。
このデザインで4.5m級ならかっこ良かったでしょうけど、
4m弱ならもう少し穏やかな造形が良かったかもしれません。

広さに関してはこのサイズでは十分という感じで、
フィットノートよりはちょっと狭いものの、
4人で乗るには十分なスペースが確保されています。
シートは前後ともに若干小さめですが、
前席はサポート性に気を使ったと書かれている通り
小さい割にはしっかりサポートしてくれる感じ。
ラゲッジは奥行きはほどほどですが、とにかく縦に深い。
後席を倒さなくても上手く積めばかなり入りそうです。

エンジンは3気筒1.0ターボということでトルク感があり、
郊外をゆったり走る分には静かで燃費もいいです。
ただ、3000回転以上になると軽自動車っぽい音が出ます。
クロスビーと比べるとクロスビーの方が静かですが、
音質はロッキーの方が聞き慣れた感じで好みかな。
スズキの直噴ターボはドロドロした音が苦手なんですよね…。

足回りは乗り心地と操安性を上手く両立している印象。
ロールは少なめですし段差で跳ねる場面も少ないです。
クロスビーは幅が狭くて高さがあったせいで
カーブが怖かったのですが、ロッキーは不安なし。
ダイハツの小型車作りがワンランク上がったことを
実感させてくれる走りを体感することができました。

そんな感じでバランスのいい車に仕上がっているのですが、
一点気になったのがセンターコンソール横の小物入れ。
自分はここにふくらはぎを当てて身体を支えるんですけど、
ここに穴が開いてるせいで上手く当てられないんですよね。
普段センターコンソールを使ってないなら問題ないですけど、
使ってる自分にとっては割と致命的な欠点でした。


まとめ。
そんな感じで、SUVとしては非常にバランスがいい印象。
全長全幅はコンパクトカーど真ん中のサイズですし、
室内やラゲッジも実用的なスペースを確保。
パワーも走りも及第点ですし、迷ったらこれという感じ。
クロスビー対抗と言われることが多いですが
クロスビーより一回り大きく小回りも効かないので
コンパクトカー全車種対抗という感じでしょうか。

ただ、実用面とは関係ない弱点として、
実物だと意外と小さく見えるという点があります。
普段から4m以下の車に乗っている人ならともかく、
格上のSUVからの乗り換えは思ってたより少ないかもですね。
とはいえ、以前から待望していたサイズのSUVなので、
今後の販売台数の行方をじっくり見守りたいと思います。
2017/12/26

スズキ・クロスビー 試乗感想

病み上がりですが、リハビリがてら試乗してきました。

今回のターゲットはスズキの新型SUVであるクロスビー。
ハスラーの人気は大分落ち着いてきた感がありますが、
果たしてこちらも第2のヒット作となれるのか。
とりあえず乗ってみた感想としては…
良いところと悪いところがはっきりしている車だったなと。

まず良かったところは快適性ですね。
ここ最近のスズキ車は軽量化に特化していた反面、
騒音や振動では他社より明らかに劣っていたのですが、
クロスビーに関しては他社よりちょい下程度でした。
ステアリングの振動は同じターボのスイフトよりも少なく、
ロードノイズについても他のスズキ車より静か。
イグニスと比べるとかなり重くなりましたけど、
それで快適性がこれだけ上がるなら文句ないでしょう。
スイフトも20kgぐらい増やして遮音制振を強化して欲しい。

逆に悪かったのは操縦安定性。
これは正直、スズキの小型車では最低レベルでした。
背が高いうえに最低地上高も高いせいでとにかく不安定。
カーブでは接地感のなさがひたすら怖く、
カーブが近付くたびにノロノロ運転するハメに。
ターボのおかげでパワーが十分とはいえ、
この挙動ではちょっと高速を走る気にはなれません。
ハイト系のソリオと比べても明らかに重心が高い。
この重心の高さだと車幅は3ナンバーぐらい欲しいなぁ。
他にもステアリングが軽過ぎたりシートが柔らか過ぎたりと、
運転する立場からするとネガな部分が多かったです。

その他。
デザインに関しては文句なし。
内装の質感は決して高くないですけど
遊び心のあるデザインによって上手く誤魔化しています。
収納ギミックは多いもののラゲッジはかなり小さめ。
アウトドアを謳っているのにこの容量で大丈夫なのだろうか。
やっぱり全長はもう10cmぐらい欲しかったところです。


まとめ。
快適性は予想以上で操縦安定性は予想以下。
正直、最近のスズキの軽量プラットフォームでは
騒音問題を解決できないかと思っていたのですが、
重量と引き換えに解決するという真っ当な手段に出た模様。
スイフトもMCで遮音材増やしてくれないかなー。
上級仕様のスイフトスタイルだけでもいいのでやって欲しい。

しかしそれを台無しにするのが操縦安定性。
まあ実際にはかなり無茶をしなければ
横転したりしないでしょうけど、
それでもこの重心の高さは気に入らないです。
やっぱAセグSUVだとイグニスぐらい上を絞り込まないと
安定感が得られないのかもしれません。
まあ開放感では圧倒的にクロスビーが上ですし、
挙動にしても軽ハイトよりマシだと思えば割り切れるので
イグニスより日本向けなのは確かでしょうけどね。
世界戦略車ではなく、良くも悪くも日本の
軽自動車的発想の延長線上にある車だと思いました。