手を出したものの感想を書き溜める場所
トヨタ・ヴィッツハイブリッド 試乗感想
トヨタのヴィッツがビッグマイナーチェンジ。
本来ならフルモデルチェンジするタイミングなのですが、
TNGAプラットフォームの投入がまだまだ先になるため
マイナーチェンジでてこ入れする作戦らしい。
他社が次々と新型を投入する中、果たしてそれで戦えるのか。
というわけで今回のMCの最大の売りである
ハイブリッドグレードに早速試乗してきました。

今回のMCでは内外装の変更に剛性強化、ショック交換と、
ビッグマイナーチェンジに相応しい変更が行われています。
ヴィッツはこの世代の初期型にも乗ったことがあるのですが、
妙にバタバタとした安っぽい乗り味だった記憶があります。
しかしその後、1度目のビッグマイナーチェンジが入った後は
走りの質感が大きく上がっていたのも記憶に残っています。

今回は走りについては更に進化させたということもあって、
しっとりとしつつ安定感のある挙動については文句なし。
スポーティーというほどではありませんが、
乗り心地と安定感を両立させているのはなかなかのもの。
流石にスイフトやデミオと比べるとハンドリングは劣りますが、
それらよりも大人しく走りたいという人には
魅力的なバランスに仕上がっているのではないでしょうか。

エクステリアは更に口が大きくなってクドくなりましたけど、
個人的にはこういうクワッとしたデザインは嫌いじゃないです。
リアのデザインも分割ランプがいい感じですね。
MC前のデザインが好きじゃなかったのでこれも好印象。

ただ、内装に関しては相変わらずいまいちでした。
デザイン自体は平凡ではあるものの悪くないのですが、
どう調整してもドラポジが決まらなかったです。
テレスコ付きなのにここまでしっくり来ないのは珍しい。
足元もフットレストがないせいで左足が疲れます。
これは自分でフットレストをつける人が多いのも当然か。
スイッチ類があちこちにばらけているのも気持ち悪い。
確かに自動ブレーキ搭載以降、車のスイッチは増えましたけど、
新しい車はそこら辺を頑張ってまとめているのと比べると
ヴィッツのスイッチ配置はいかにも古臭い。
あと数年売るならもう少し頑張って欲しかったです。

HVシステムも今となっては目新しさがないですね。
目新しさがないのはガソリン車も同じですが、
ガソリン車と比べるとエンジン音の貧弱さが目立ちます。
もちろん燃費がいいというメリットはあるのですが、
個人的にはそろそろ分かりやすい進化が欲しいところ。
まあその手の楽しさを求める人はもう少し待って
GRでも買ってくださいってことなのかもしれませんが。


まとめ。
マイナーチェンジとしては気合が入っているものの、
他社のコンパクトカーと戦うには力不足な気がします。
足回りは悪くないのですが、その他の部分に関しては時代遅れ、
価格だけはトヨタ車らしく高いというのがなんとも。
せめて対人自動ブレーキやサイドカーテンエアバッグは標準装備、
オプションでACCを付けられるぐらいでもよかったのでは。

とはいうものの、自分の周りにも装備や性能を気にせず
なんとなくトヨタ車を買ってる人が多いですし、
そのまま儲けるのが商売としては正しいのでしょうね。
色々調べている身としては納得できないもやもやが残りますが。

そんな定番のトヨタ車への文句が出たところでお開きとします。

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

スズキ・スイフトRSt 試乗感想
スズキの最重要車種と言えるスイフトがモデルチェンジ。
先々代乗りとしては気になる存在なので早速試乗してきました。
グレードはRSt、話題のターボ車です。

エクステリアは最近の流行である大口グリルタイプ。
この手のグリルはデミオが代表車種みたいに言われていますが、
外車では珍しくないですしそちらの流行に乗ったのかな。
後ろのドアグリップの位置もルノーがよくやっていますし、
国産車でもヴェセルやジュークがやっていますね。
今時の流行と歴代スイフトの特徴が上手く合わさっていますが、
目新しさはそれほど感じられないデザインになっています。

ドアグリップは使い勝手が悪いので下の方が良かったですね。
買い物袋持った状態で開けるのがなかなか辛い。
トランクより後席に荷物を置くことが多いのでこれは痛いです。
あと、純正バックカメラの位置は悪い意味で目立ちます。
これはディーラーでも自覚しているようで、車外バックカメラを
ナンバープレートの上に付けることをオススメされました。

インテリアではメーターのかっこ良さが印象的でしたけど、
0が真下なのと220まで表示されているせいで見にくかったです。
スイスポならともかくそれ以外では180まででよかったのでは。
シートのサポートが肩まであって包まれ感があるのは良し。
後席とラゲッジがちょっと広くなっているのも良し。
でも室内中央のマップランプがなくなったのは微妙。
MCで追加されそうな気もしますが、コストカットを感じます。
樹脂の質感も先代の方が良かった気がします。

さて、肝心の走りはというと、流石に軽快です。
軽いボディにトルクの太いエンジンの組み合わせで
ちょこっと踏んだだけでもスイスイ加速していきます。
恐らく高速道路でも力不足に感じることはないでしょう。
3気筒の振動もそれほど感じられなかったのですが、
それでも4気筒よりは確実にブルブルしているので
今後の経年劣化が気になるところです。

ボディの挙動についてはいまいちでした。
これはアルトのときも感じたのですが、硬い足回りに
軽くて硬い箱が乗っている感じで妙にヒョコヒョコします。
個人的にはもっとドッシリしててフラットな方が好きだなー。
先々代や先代はコンパクトカーの割にドッシリしてたんですけど、
新型は良くも悪くもコンパクトカーらしい挙動です。
同乗者がいるならバレーノの方がいいんでしょうけど、
あっちは安全装備で劣ってるんだよなぁ…。


まとめ。
進化は感じられるものの、良し悪しはまた別。
エンジンやACC、自動ブレーキなどの各種装備は文句なし。
しかし乗り心地や使い勝手の面では引っかかる面も多かったです。
先代先々代は欧州車に通じるドッシリ感があったのですが、
新型は軽快なスポーティーさに割り切っている感じです。
軽量ボディではドッシリ感を出すのが難しかったのかもですが…。

3代目スイスポは2代目と比べて大人しくなったと言われますけど、
個人的にはあれは好ましい変化だったんですよね。
それを考えると今回のモデルチェンジは好みから外れる方向。
装備とコスパを考えると有力な選択肢ではありますが、
買い替えを即決するほどの魅力はないって感じでしょうか。
先代にこのエンジンと安全装備がついていれば即決でしたけどね。
ホント、コンパクトカーは一長一短で悩ましいです。

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

スズキ・バレーノ 試乗感想
時間が出来たのでスズキの輸入車に試乗してきました。

このバレーノ、インド産だったり1.0ターボだったり
何かと話題が多い車ですが、果たしてその出来や如何に…。

まず内装ですが、デザインはなんともチープな感じです。
最近の国産ではちょっと見ないデザインですが、
強いて言うならマーチなどのアジアンカーに近い雰囲気。
メーターの青い部分も塗装だったり、天井が毛羽立ってたりと
長く乗れば乗るほどチープな部分が気になって行きそうです。
スペースに関しては前後は問題ないのですが、
後席に座ると頭上スペースが厳しく感じられました。
折角スイフトを圧倒できる前後スペースがあるんだから
この際十分な高さも備えて欲しかったですね。
こうして見るとやはりフィットの室内空間は凄いなと。

走りに関しては思っていたよりも普通な印象。
1.0ターボは1.2NAと比べると明らかにパワーはありますが、
1.5NAと比べるとちょっとギクシャクしている感じですね。
超低速では非力でもターボが効き始めると一気にトルクが出て、
しかしそこから更に踏み込むと意外と伸び代がないという
いかにもダウンサイジングターボ的な動きです。
実用域でのトルクは十分ですが、ちょっと嫌な動き。
あと、振動や音質はやっぱり4気筒よりも劣りますけど、
これは慣れれば気にならなくなるレベルではないかと。
それよりもロードノイズが結構大きいのが気になりました。

足回りは硬めですけど角が取れていて乗り心地がいいですし、
路面のいい道路なら地面に吸い付くように走ります。
ただ、ちょっと大き目の段差を通る際には
フワッと浮いたような感触を覚えることがありました。
これは車体が軽いこととサスのストローク不足で
車体が浮いてしまっているのかしらん?
950kgって重量級の軽自動車よりも軽いからなぁ。
高さが低いのでアルトみたいに横転はしないでしょうが、
限界時の挙動には不安が残るところです。

試乗車の燃費計は9km/Lといまいちでしたけど、
試乗中にグングン上がっていったので実燃費は悪くなさそう。
しかしカラー液晶の表示は一見綺麗なんですけど、
いざ運転してみると他社と比べて忙しく動くので
運転中には目障りにも感じられました。
こういう機能へのセンスのなさはいかにもスズキですね。


まとめ。
全体的に悪くはないのですが、良くもないという感じです。
このクラスでACC付きで1.0ターボというのは魅力ですが、
サイドカーテンエアバッグが装備できなかったり
インテリアがチープだったりとそれなりに欠点もある。
この装備で170万という価格は決して高くないのですが、
やはりこの価格だと我慢する必要のある部分も多いですね。
自分としては、もう少しお金を出して他の車を狙います。

個人的にはスズキはに多少価格が高くなっても
安全性や快適性に力を入れた車を作って欲しいのですが、
売れなかったときのダメージを考えると難しいでしょうね…。

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

スズキ・バレーノについてあれこれ
久々の車ネタ。
今回は試乗レポートではなく、
スズキの話題の新型車「バレーノ」について書きます。

とりあえず「次期スイフトか」という問いのついては
今のところは「No」だと思っています。
以下、理由を述べていきます。

まず最大の理由がバレーノはインドで作るということ。
この車、元々はマルチスズキが国内シェアを確保するために
作りたがっていたもので、マルチスズキの高級ブランドである
「NEXA」で売るというのが最大の目的なんですよね。
「NEXA」ではバレーノ、スズキではスイフトという
ブランドによる色分けすることが目的なのに
これをスイフトとしてしまうと本末転倒でしょう。
マルチスズキをインドだと侮るなかれ。
既に日本国内のトヨタに匹敵する台数を売っていますし、
インドトップメーカーだけに車種数が必要なのです。

こうして見ると、バレーノとスイフトのサイズが被るから
バレーノ=次期スイフトという考えには穴があります。
インドではバレーノとスイフトは別のお店で売る車ですし、
バレーノだけだとスズキで売る車がなくなるんですよね。
欧州や日本で売る場合はサイズは被りますが、
スイフトより一回り大きいサイズに
ターボや追従式クルコンといった上級装備によって
価格的にも差別化することは可能かもれません。
ただ、スズキとしては欧州や日本では日本製スイフトを
売りたいでしょうし、積極的に売る気はないのかも?
マジャールスズキもバレーノにはノータッチですし、
あちらもスイフト待ちなのかもしれませんね。

インドにおけるスイフトの役割についてもう少し。
インドにおけるスイフトはハッチバックだけでなく
セダンである「ディザイア」も存在してるんですよね。
このディザイアはそれはもう不細工な車なんですが、
サイズに関しては4m未満で税金が安いのが強み。
バレーノセダンでは4mを切るのは不可能ですし、
ディザイアの客層を捨てることになってしまいます。
これが理由で、次期スイフトは若干小型化するのでは?
という説もどこかで見たような気がするのですが、
ソースが見つからないので自分の妄想かもしれません。

スズキのロードマップも見てみましょう。
今後Bセグ2車種、YRAとスイフトを投入するというのは
随分前に発表されていることなんですけど、
何故かバレーノがスイフト扱いされることが多い。
でもバレーノはYRAですしスイフトは別に計画されてるねんな。
そして相良工場では2016年後半からスイフトの増産を予定。
これはあくまで現行スイフトの増産計画ですし、
バレーノとスイフトをしばらく併売するからには
バレーノが次期スイフトとは言えないでしょう。

更に最近これまたインドでスクープされましたが、
コード「YSD」というコンパクトカーの存在があります。
このYSD、どうやらハッチバックとセダンの2タイプらしく、
まさに今のスイフトの位置にピッタリ収まるんですよね。
これこそが次期スイフトなのではないでしょうか。

というわけで自分はバレーノは次期スイフトではない派です。
まあ、プラットフォームが共通なのは確定していますし、
まったく別の車というわけではないと思いますけどね。
あと、個人的にはバレーノのデザインがいまいちなので
スイフトであって欲しくないという個人的感情もあります。

しかしインドのスズキ情報は本当に早い。
バレーノ=YRAの実車画像なんて1年前に出てましたし、
日本の車雑誌やサイトではとても追いつけませんね。
まあスズキの国内でのガードは堅過ぎると思いますけど。

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

スズキ・アルト 試乗感想
先代に比べて大幅に軽量化され、
ついにHV車に並ぶカタログ燃費を叩き出したアルト。
前々から気になっている車だったのですが、
今回ちょうど車検の代車として回ってきたので
ちょっと乗り回してきました。
ちなみにAGSではなくいつものCVT車です。

話題になった外装は個人的には可もなく不可もなく。
全体的なデザインは好きなんですけど
フロントマスクはもう少し複雑にして欲しかったかな。
レトロ感は出ていると思いますけど
個人的にはあまり好きではない顔です。

内装はとても安っぽい。
実際安い車なんだから仕方がない。
とはいえデザイン自体はカジュアルに纏まっていますし、
変に安っぽさを隠そうとするよりも好感が持てます。
でもエアコンパネルのデザインは嫌い。
実際に触ってみるとなかなか使いやすいんですけど、
個人的にはダイヤルがあるのが好きなんですよね。
シートは前席は適度に硬くホールド感もそこそこで
街乗り程度なら特に不満もなく過ごせそう。
後席は平坦過ぎますけど長時間座らなければOKかな?

走り出してまず感じるのは出足の良さ。
するすると滑るように走り始めるこの感じは
先代と比べて大幅な軽量化がされた恩恵か。
流石に加速時にはエンジンが唸りますけど、
それでも街乗りでは十分なパワーを発揮できます。

ただ、悪い意味で軽さを感じる面もあり。
剛性感は十分で足回りも固めなので
平坦な道をゆったり走る分には問題ないのですが
ちょっと路面が荒れると妙にフラフラするんですよね。
硬い足の上に頑丈で軽い箱が乗っている感じ。
軽快さと引き換えにドッシリ感は薄くなっているので
駄目な人は駄目そうな乗り心地かもしれません。
個人的にはあまり好きではない乗り心地です。

燃費は凄いですね。
雑に乗ってもリッター20kmを切らないです。
車体価格も安いですし経済性はかなりのものでは。
アイストは相変わらず違和感がありますが、
マイチェンでSエネが付けば少しは解消されるでしょう。


まとめ。
よくできた足車という感じでしょうか。
安いなりの部分は多々あるものの、
経済性の高さは折り紙つきですし
道具として使うのなら十分な出来だと思います。

ただ自分で買うならやっぱりもう少し上の車かな。
アルトの軽快さも魅力ではありますが、
乗り心地となるとワゴンRの方が好みですしね。
スズキは今後も軽量化に力を入れるようですけど、
こういう乗り心地の車が増えるとなると
購入候補から外れていくかもしれませんね。
小型車ぐらいの重量なら問題ないかもしれませんが。

テーマ:軽自動車 - ジャンル:車・バイク