2017/08/19

企画『好きなエロゲを3つ挙げろ』

面白い企画に誘って頂いたので参加してみました。

『好きなエロゲを3つ挙げろ』

エロゲ歴が20年に近付きつつある割には
プレイ本数が少なめな自分ですが、
たまには昔を思い起こしてみるのも悪くないでしょう。
これが上位3作品だったら頭が痛くなるところですけど、
今回は好きな作品3つという緩めの縛りだったので助かった。
そんなわけで今回自分が選ぶにあたって重視したのは
好きな点について書きやすいかという点。
その結果、

Fate/stay night
ドラクリウス
恋する少女と想いのキセキ~Poupee de souhaits~


以上の3作品でいくことになりました。
いつも通りシンプルにサラッと語るつもりですが、
記事の性質上ネタバレが多めなので気にする方はご注意を。


■Fate/stay night
はい、言わずと知れた超人気作品であり、
エロゲーマーでなくても知っているアレでございます。
10年以上昔の作品でありながら今でも派生作品が出続け、
複数回のアニメ化、ソシャゲも大人気というその成功っぷりは
もはやエロゲ界のガンダムと言っても過言ではない(ないか?

この作品の好きな部分はルート構成ですね。
エロゲではルートロックのある作品は珍しくないですし、
ルートごとに明かされていく謎や、反転する敵味方関係というのは
他の作品でもやっていることですが、この作品のそれは特に好き。
セイバーやライダーの各ルートでの扱いの違いは、
燃えゲーのキャラとしては理想的なものだったと思いますし、
士郎の思想の変遷は3ルートあってこそ楽しめるものでしょう。
ちなみに本作で一番燃えたのはVSセイバーオルタ戦。
この微妙に歪んだ性癖に共感してくれる方もいるはず(多分
ちなみに最近FGOで丸くなってるオルタもそれはそれで好きです。

ループ物でなく3ルートが独立していたのも良かったです。
個人的には全てのルートが一つに収束するよりも、
お互いが決して交わらずに拡散していく作りの方が好き。
それぞれのルートで取り返しの付かない喪失があればより良し。
ループ物もよくプレイしますしプレイ中は楽しんでいるのですが、
やっぱエロゲは複数のルートが並立している方が好きなのです。


■ドラクリウス
さて、お次はエロゲーではよくある吸血鬼物。
流石にFateと比べるとマイナーではあるものの、
古参のエロゲーマーなら知ってる人はそこそこいるレベルかな?
ライターはグリザイアシリーズで有名な藤崎竜太さん。
藤崎さんのテキストはエロゲではトップレベルに好みなのですが、
この方の作品でどれを推すかとなるとドラクリウスを取ります。

この作品で好きな部分は、

ベルチェママーーーーーーッ!!!

はい、ロリママ吸血鬼であるベルチェさんでございます。
個人的には母性を感じさせるロリキャラって大好物なのですが、
ベルチェの良いところは父の使用人ってところなんですよね。
単に母性があるだけでなく立場的にも継母に近いですし、
ベルチェ自身も最初は主人公のことを愛する人の忘れ形見として
見ているので名実ともに母に相応しい存在と言えるのでしょう。
もちろんロリに母性があるだけでも萌えるのですが、
そこに父親との関係が混ざることでより甘味が増すのです。伝われ。

ベルチェに対してリカ、リアンという二大ヒロインの
凄まじい物分かりの悪さもお互いの魅力を引き立てていました。
二人がおバカだからこそベルチェの落ち着きが光りますし、
この二人にしても最初がアレ過ぎたことによって
終盤のかっこ良さの衝撃がブーストされているとも言えます。
総じて女性陣の描写にいちいちツボをくすぐられる点が多いので
今でもちょくちょく起動している作品です。


■恋する少女と想いのキセキ~Poupee de souhaits~
多分今回選んだ3作の中ではぶっちぎりでマイナーでしょうね。
ライターは某ライターさんの変名とも言われる近江谷宥さん。
多産であることもあって作品の出来が安定しない御方ですが、
直近の『初情スプリンクル』は良いラブコメ作品でした。

しかし今回挙げた「恋する(ry」はシリアス寄りの作品。
決して万人向けとは言いがたいこの作品のどこがよかったのか。
それはメインヒロインであるトワのルートの終盤の流れです。
最初はこれについて詳しく書こうと思っていたのですが
ごちゃごちゃしてしまったので端折って言わせていただくと、
要は主人公とヒロイン(人形)だけで隠遁する結末なんですよ。

これだけならそんなに珍しくないのですが、
ヒロインが主人公との心中願望を持っていたり
主人公がそれを全面的に受け入れてたり
他のキャラからそんな関係を気持ち悪いと責められたりと、
ラストに至る過程もなかなか黒く重く染まっていたのがナイス。

あと、エピローグも綺麗でした。
数年後には人形に宿ったヒロインの精神が経年劣化していて
かつての思い出をほとんど忘れてしまっているものの、
主人公への愛情だけは覚えているシーンは胸に刺さります。
こういう記憶が消えても想いだけ残ってるシチュはホント好き。
そんな感じで決して派手な作品ではないのですが、
物語の終盤に私好みの展開が群れを成して入ってきた結果、
好きな作品と言われてパッと思い浮かんでしまうぐらい
記憶に残っているという珍しいタイプの作品なのです。

以上で今回の企画記事は終了。
企画してくれたぐぬぬさん、誘ってくれたゆず茶さんには
この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございましたー。

以下、今回の企画に参加している皆様の記事を貼ります。
それなんてえrg
そこはかとなくエロゲを綴る
気がつけば複数買い。
すときゃすてぃくす
悩むなら はじめてしまおう エロゲーマー
私情主義
Reverie Note -Egoistic-
御巫祭り(改)
Ossan Gamer Diary
飢えた鼠はエロゲを噛みぬ
おいしいデザートは最後に
よい子わるい子ふつうの子 2
立ち寄らば大樹の陰
買わぬ買わんの右往左往は浮き立つほどに浮き立ちて明け暮れないの物語
エロゲ価格相場を見守るブログ
ビビろぐ
2017/08/15

『初情スプリンクル』 感想

公式はこちら

安定して新作を出し続けているWhirlpoolの最新作、
『初情スプリンクル』の感想となります。
実は1週間ほど前にコンプしていたのですが、
性質の悪い風邪をこじらせているせいでこのタイミングに。
皆様も風邪にはお気を付けくださいませ。

さて、感想です。
エロゲーでは定番の淫魔能力に目覚めた主人公が
魔女を巡るドタバタに巻き込まれていくという本作。
作品のノリとしてはいつも通りのワルプルに近いのですが、
ラブコメとしてのバランスの良さは歴代屈指だったと思います。

これまでのワルプル作品…というか近江谷さんの作品は
前半はノリのいいラブコメが繰り広げられながらも
後半のシリアスで失速してしまうことが多かったのですが、
今回はその後半の扱いが上手かったことが好印象の原因ですね。

この手の作品でのシリアスの欠点としては、
作中では真面目な話が展開されていくにつれて
プレイヤーが冷めていってしまうというのがありますが、
今回は真面目な設定を見せつつも最後までドタバタコメディを
維持しているのでプレイしていて安心して楽しめました。

個人的にはこういう、コメディやイチャラブを維持したまま
話の規模大きくして盛り上げるパターンが好きなのですが、
どうにも深刻ぶってしまう作品が多いのが困り物です。
シリアスが似合う作品ならいいんですけど。

ヒロインが全員可愛いのも良かったですね。
どの娘もなかなかのめんどくささを持ちつつ
主人公との関係を少しずつ深めていく姿が描かれていました。
個人的に見ていて一番楽しかったのは羽月かな。
やたらと偉そうに見えて責任感の強さの人一倍ですし、
何気に作中では一番の苦労人だと思います。
強気と弱気を繰り返してめんどくさいのかと思いきや、
扱いさえ覚えてしまえばただただ可愛くなるのも素晴らしい。
個別ルートのネタもいい意味でしょーもなくてツボでした。
特に質問と分身ではニヤニヤしっぱなしでしたよ。


まとめ。
ドタバタコメディとしてはなかなか完成度が高い作品。
ヒロインそれぞれの個性をいい方向に掘り下げていますし、
ストーリー後半になってもドタバタコメディの形を崩さず
シリアスをほどよく綺麗に制御して着地させています。

体験版の記事でも購入した際の記事でも
後半の展開には期待していないと書きましたけど、
今回はいい意味で予想を裏切ってくれました。
こういう最初から最後までノリが変わらない作品だと
体験版が気に入った人にオススメしやすいです。
次回作もこういう方向でお願いしたい。
2017/07/28

『アオイトリ』体験版 感想

公式はこちら

最近安定してきた感のあるPurpleSoftwareの新作、
『アオイトリ』を体験してみました。

本作の主人公は触れた相手を幸せに出来る能力持ち。
そんな能力もあって女学園ではモテモテで
相手が望むままにセックスしまくっていたわけですが、
そんな彼が吸血鬼の少女や自称・悪魔との出会いによって
自分を見つめ直す3日間の物語…というのが体験版の内容です。

今回の体験版では学園パートがほとんど存在しないため
ヒロインとしてはメアリーの独壇場になりますが、
その分、主人公とメアリーの掘り下げに集中できたおかげで
短編としては綺麗に完結した内容になっています。
メアリーの関しては今後やる事があるのか心配ですが。

主人公に関しては相手に幸せを与えるだけかと思いきや、
かなり万能な力を持っていることが明らかになったせいで
これからのストーリーが読めなくなりましたね。
まあ流石に世界を地獄に変えるみたいなことはなさそうですが、
設定的にはそれが実現できそうなぐらいでしたし。
この設定を個別ルートでどう生かすかは
ライターの腕に託されるというのが恐ろしいところです。

ヒロインの中で唯一ロックされているというあかり。
彼女の抱える歪みは体験版でも垣間見ることが出来ましたけど、
前作アマツツミのほたるを超えられるかはまだまだ未知数。
個人的に胸の大きさのせいであかりがほたるに勝つには
相当なインパクトが必要だと思っているのですが、
それだけの物を見せてくれるのなら良作間違いなしでしょう。
あとさりげなく言霊使いの話が出てたのは
前作プレイヤーならニヤリとする場面でしたね。


まとめ。
体験版だけでも短編としては綺麗に纏まっていて
購入候補としてはある程度期待はできる出来だったのですが、
自分的には今のところアマツツミとそこそこ差があります。
まあ、向こうはほたるのキャラがツボで
しかもメインヒロインという最高のシチュでしたけど、
今回は話は気になってもヒロインはあまり…という感じ。

体験版第二弾は学園パートがメインになるみたいですし、
そこでどれだけヒロインに萌えられるかによって
購入するかどうかを決めたいと思います。
2017/07/22

『BLADE×BULLET 金輪のソレイユ』体験版 感想

公式はこちら。
SkyFish 最新作『BLADE×BULLET 金輪のソレイユ』を応援しています!!
SkyFishのヴァルキリーシリーズの新作である
『金輪のソレイユ』を体験してみました。

今回は初っ端から人類が滅亡寸前ということもあって、
話の方もシリアス成分多めなバランスでしたね。
7人の戦乙女が最後の一人になるまで潰し合うというのは
今となっては特に目新しくない設定とはいえ、
やりようによってはいくらでも面白くなりそうです。

ただ、その方法が1戦ごとに対戦相手が決められる
タイマン方式っぽいのは微妙に感じました。
この手のバトロワ系の話でいつ仕掛けるか、
誰と手を組むかといった駆け引きが使えないのは惜しい。
このルールだと多人数バトルがなさそうなのも残念ですね。
もっとも、この手のルールが破られるのもお約束ですし、
今後の展開次第では化けるかもしれませんが。

キャラとして一番面白かったのは主人公。
丁寧語で飄々としてて快楽主義的な面がありながらも
非道過ぎる真似はしないという性格は
脇役の強キャラでは結構見るのですが、
主人公として使っているのは珍しい気がします。
相方のレギンレイブは真面目でおバカですが、
主人公との相性はなかなか良いのではないでしょうか。

他のヒロインについては今のところ
ヒロインというよりは脇役という印象が強いです。
これはストーリー重視で各自の萌えシーンが少ない弊害か。
ヨルはビジュアル的にも性格的にも好みですけど
体験版では人間モードが一瞬しか出ないのが残念。
まあそういう萌えシーンの代わりに
鬼畜エロシーンをぶっ込んで来るところが
いつものソレイユシリーズらしさではあるのですが…。


まとめ。
体験版はサクサク進めましたしそこそこ面白かったのですが、
フルプライスで買うとなると躊躇する感じですね。
ヒロインはレギンレイブ一強状態ですし、
話も先が気になって仕方がないほどのパワーはないです。
もう一歩、ヒロインの魅力を高めるか
話の爆発力を高めるかすれば購入候補に入るのですが…。
自分の中でSkyFishは毎回これぐらいの位置ですね。
2017/07/08

『お家に帰るまでがましまろです』体験版 感想

公式はこちら。
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』
萌えゲーメーカーま~まれぇどの新作である
『お家に帰るまでがましまろです』を体験してみました。

内容としてはエロゲー定番ジャンルの一つである
洋菓子店を舞台にしたものになりますね。
これ系の話だと喫茶店の次に洋菓子店が多いような?
可愛いヒロインに似合う舞台だと言われると納得ですが。

行き倒れていた有能主人公が拾われて
居候先で活躍していくというのも定番の展開ですね。
エロゲーでも似た導入部の作品は色々ありますが、
漫画だと最近完結した「ハヤテのごとく」が思い浮かびます。

お話的には赤字経営な洋菓子店を再建するために
主人公を中心に色々な手段を模索していくわけですが、
基本的にそれほど意外性のある展開があるわけでもなく、
お店の知名度を上げて客を増やすという手堅い流れなので
読んでいてちょっと退屈に感じる部分も多かったですね。

主人公はよく動いているものの、小賢しく感じる場面も多く、
有能に見せようとして空回りしているように感じました。
ヒロインの好みでは汐がワントップかなぁ。
お姉さんぶっているロリっ娘で黒髪ロングとかポイント高い。
ロリ授乳手コキをぶち込んできたのは拍手を送りたいです。

とまあ、だいたいそんな感じだったのですが、
体験版最後の白い粉関連についてはやっちまった感が。
ここまで主人公に頼っていたヒロインたちが
逆に主人公を助けるというのをやりたかったんでしょうけど、
唐突な麻薬捜査は置いてけぼり感が半端ないです。
今後もこういう展開があると思うと安心できないですよ…。


まとめ。
喫茶店物としては定番でちょっと退屈な内容だったものの
汐狙いでワンチャンあるかと思っていたら、
最後の白い粉関連で突き落とされた感じですかね。
まさに謎シリアスという言葉が相応しい謎っぷり。
せめて洋菓子店とかキャラの過去を掘り下げる方向の
シリアスだったらまだ少しは納得できたのですが…。

この流れだと自分で購入することはなさそうですけど、
発売後に謎シリアスがどれぐらいあったかは調べたいですね。