FC2ブログ
2018/09/09

『未来ラジオと人工鳩』 感想

公式はこちら。
laplacian『未来ラジオと人工鳩』応援中!
SFエロゲーメーカーLaplacianの3作目に当たる
『未来ラジオと人工鳩』の感想です。

うーん、前作より粗が目立ってしまったかな。
SFエロゲーなんて多少の粗があるのは仕方がないですし、
そこを話の勢いやキャラの魅力で上手く誤魔化すのが
重要なのですが、この作品はそこが弱かったです。

体験版でも感じていた、かぐやのメインヒロインとしては
力不足という印象は結局最後まで覆りませんでした。
それなのに主人公がベタ惚れしているから違和感が凄い。
意識を共有しているという設定があるとはいえ、
自分の命や家族を捨ててまでかぐやを救うという展開に
最後の最後まで違和感が拭えなかったです。

ここはかぐやへの恋愛感情を掘り下げられなかった
シナリオの怠慢ですが、他のヒロインたちの掘り下げが
ちゃんとされていたかと言われるとそれも微妙なところ。
かぐやよりはマシとはいえ、普通のエロゲーと比べると
恋愛描写はあっさりで、全体的に物足りなさが残りました。

肝心のSF要素は、ループ物にしなかった点は好印象。
鳩による電波妨害やラジオによる情報伝達という設定も
どこか情緒のある雰囲気があって好きですね。
ただ、思いついた設定を放り込んだのはいいものの、
それだけであっさり終わってしまった感があります。
名作と言われるSFゲームの真相が判明したと思ったら
更に別の真相があって…というのが当たり前ですが、
それらと比べると盛り上がりが足りなかったです。


まとめ。
ヒロインの扱いにしても、SF設定にしても
終わってみると雑な印象ばかり残ってしまいました。
前作でも雑な部分はありましたが、
それでも今作と比べるとまだヒロインの個性や
謎解きのワクワク感は強かったような記憶があります。
前作から長所を減らして短所を伸ばすような
内容になってしまったのは残念。

次回作も面白い設定があれば手を出すかもですが、
期待はあまりしない方がいいと心に留めておきます。
2018/07/29

『宿星のガールフレンド夕里編』 感想

公式はこちら。
mirai『宿星のガールフレンド』7月27日発売!
miraiの新作、『宿星のガールフレンド』の感想です。

今回の作品は3部作の1作目。
正直、分割作品って悪いイメージがでかかったのですが、
この作品についてはブラボー!な出来でした。
廉価ゲームとしても1ルートとしてもボリュームは十分ですし、
シナリオとしてもこれだけできっちり完結しています。

分割作品で一番の不安点だった前座ヒロイン臭が
ほとんど感じられなかったのは良かったですね。
謎が残りまくったまま終わられるのは本当に萎えます。
今作も後続ヒロインの方が話がでかくなる可能性はありますが、
それでもあからさまな未完ENDではないなら許容範囲。
プレイ後の不完全燃焼感がほとんどない作品でした。

シナリオの内容も満足度が高かったです。
魔法少女物なのでシリアスやバトルはあるものの、
あくまで主人公とヒロインの関係を深めるスパイスであって、
基本的にはテンポのいい会話の飛び交うラブコメ。
同居人として少しずつ関係を深めていき、
付き合い出してからはひたすらイチャラブするという
エロゲーとしての基本がしっかり抑えられていましたね。

この作品の一番の魅力はヒロインである夕里でしょう。
ネアカでお馬鹿で天才という属性を持つ夕里ですが、
シナリオの方もひたすら彼女の可愛さでゴリ押しする流れ。
挫折知らずの天才故に打たれ弱いところもありますが
そこは主人公が持ち上げてあげればすぐ立ち直りますし、
誉めてくれる主人公にベタベタ懐くところは凄く可愛いです。
普段は主人公のことを凡人凡人と茶化すくせに
主人公のことを好きだという気持ちは明言するので
弄られているにもかかわらず爽快感があるんですよね。
序盤では男嫌いを公言していた夕里が
終盤ではごく自然に結婚を考えているのはとても感慨深い


あと、主人公と夕里の相性も良かったです。
自分のことを凡人と思いつつも努力を怠らず、
夕里の才能を認めてそこを誉めることは躊躇わない。
かといって決して夕里の言いなりなだけではなく
助言やツッコミはしっかりこなすというのは地味だけど良い。
今作のテンポのいい会話は二人がいてこそでしょう。
縁の下の力持ちとしてヒロインを生かせる良主人公でした。


まとめ。
完全に予想をいい方向に裏切ってくれました。
もともと夕里というヒロインは好きだったものの、
分割作品の1作目として微妙な扱いになるのかという不安が
かなり大きかったのですが、完全に杞憂でしたね。
最初から最後まで夕里は可愛かったですし、
良いイチャラブを見た後特有の充実感があります。
最近は年のせいで枯れ気味だったのですが、
久々に「同棲イチャラブは良いぞ…」と思える作品でした。

3部作とはいえヒロインの好みでは夕里一強だったので
夕里編のみ購入する予定だったのですが、
この出来ならマーヤ編も楽しめそうなので購入予定に変更。
作品の良さで掌を返させてくれるのは大歓迎なのです。
2018/07/16

『Deep One -ディープワン- 』体験版 感想

公式はこちら

Namelessのデビュー作である燃えゲー、
『Deep One -ディープワン- 』を体験してみました。

体験版の内容は戦闘シーンのチラ見せ程度なので
ボリュームはかなり少なかったですね。
ただ、そのチラ見せでも厳しそうなのが分かりました。
Fate超えを目指すという心意気は買っていたのですが…。

とにかく戦闘が面白くない。
キャラが厨二っぽいことを喋ってはいるのですが、
よく喋る割には意外性のある行動が少なく、
非常に間延びした戦闘シーンになっています。
厨二言語の使用はもう少し控えて欲しかったなぁ。
この手の独自言語はどうしても必要な場合だけ使って、
他は普通の言葉を使った方が綺麗だと思います。

演出は確かに力が入っているものの、
それも十年前のニトロプラスやageに届かない感じ。
しかも同じ演出を乱発して派手な戦いっぽく見せているため、
体験版の範囲だけでもワンパターンに感じられました。
折角のエロゲーなんだからもう少し文章を使って欲しい。

今回の体験版は短過ぎて体験できない体験版ですし、
それだけでもどないやねんって感じなのですが、
それ以上に売りであるバトル要素の出来が怪しかったです。


まとめ。
言い方は悪いですが、とりあえず厨二言語を並べて
画面をピカピカ光らせているだけのゲームに見えました。
エロゲーの演出については過去の名作でも
邪魔とかやり過ぎとか否定意見はありましたけど、
この作品は演出任せ過ぎるように感じられます。
エロゲーなんだから地の文でも燃えさせて欲しいなぁ。

正直、現時点での評価はかなり低いのですが、
最近は燃えゲー不足なので買う可能性はあります。
2018/07/14

『エロいもハリケーン!』体験版 感想

公式はこちら。
milimili『エロいもハリケーン! ~アイドルの妹がエロくてエロくてオレの理性に嵐の予感!?~』応援中です。
milimiliの新作である廉価ゲーム、
「エロいもハリケーン!」を体験してみました。

内容としては、やたらと距離感の近い妹と
馬鹿やったりスケベしたりするだけのゲームで、
更に黒髪の大人しげな美少女が混ざるよって感じです。

…いや本当にそれだけしかないです。
とはいえ廉価ゲームですし可愛い女の子と
イチャイチャするだけという割り切りはむしろ良い。
日常会話はシモネタばかりですけど
それも廉価ゲームと思えば十分許容範囲内です。
このままシリアスなしでお願いしたいところ。

妹のキャラ紹介で兄に対する恋愛感情はないと
書かれていたのでちと心配だったのですが、
しっかり仲の良さそうな兄妹だったのは一安心ですね。
今のところ恋愛よりも兄妹感情が強そうですが
それでもえっちしていい程度には好感度高いですし、
これぐらいの距離感ならそのままでもいいかなと。
いやもちろん近付いてくれてもいいですが。

黒髪ロングのさつきちゃんの存在感が薄めですが、
これから妹並みの存在感を見せてくれるのか、
それとも最後までおまけっぽい扱いなのか。
まあ廉価ゲームなので正直、どちらでも許せます。
この値段だとだいぶハードルが下がりますね。


まとめ。
ヒロイン2人のキャラは簡単に掴めましたし、
ゲームの方も今後こういう軽いノリで
えっちしていくんだろうなーと分かりやすいです。
お客の期待にはしっかり応えてくれそう。
もちろんこのまま余計なことをしなければですが…。

ヒロインにそれほど惹かれているわけでもないので
購入確定とは行きませんが、廉価ゲームですし
なんとなーく購入してしまうかもしれません。
2018/06/24

『未来ラジオと人工鳩』体験版 感想

公式はこちら。
laplacian『未来ラジオと人工鳩』応援中!
SFエロゲーメーカー、Laplacianの3作目である
『未来ラジオと人工鳩』を体験してみました。

日常会話はシモネタ多め…というか童貞弄りが多いですね。
個人的には好きなタイプの会話ではあるのですが、
ワンパターンでもあるので早めに飽きてしまう危険性も。
体験版の範囲では飽きなかったですけど、
今後はもう少しバリエーションが欲しいところです。

会話の面白さは妹に依存している面が多く、
妹がいなくなると途端にパワーダウンするのは難点か。
主人公のちょっと天然気味の性格も悪くないですが、
妹と比べると力不足であることは否めないですし、
他3人のヒロインもぐいぐい引っ張るタイプではないです。

とまあこういう書き方だと微妙な感じですが、
未来の放送が流れるラジオという設定はいいですし、
本編開始早々に主人公の死が予知されることで
話の先が気になる展開になるのは良かったです。
電波を中継する鳩と、その暴走によって
電波が使えなくなったという設定も面白い。
キャラ萌えよりもシナリオで引っ張る作品ですね。

ラストが「またループ物か…」と思わせておいて
主人公の記憶だけが消えているというオチも新鮮でした。
個人的にループ物が好きではないということもあって、
いい意味で予想を裏切られたのはかなり好印象です。
体験版の切り方としてはベストでしょう。

ただ、主人公がかぐやに即落ちしたのは気になりました。
かぐやは出番も遅めでインパクトのあるシーンもなく、
それなのに主人公がすぐに「好き」と言うのは違和感が。
タイムリミットが近いので少しずつ仲良くなるという
エロゲー定番の流れが使えないのは仕方ないですが、
それなら一発でプレイヤーをKOできるような
エキセントリックなキャラが良かったなぁ。


まとめ。
前作に引き続き設定は面白いですし、
体験版を切るタイミングも良くて続きが気になります。
ただ、ヒロインは妹を除くと前作より地味めで、
日常パートや個別ルートは厳しくなりそうな予感も。
好きなヒロインが一人ってのは辛いものがありますね。

とりあえず話の先は気になるので購入予定ですが、
他によさげなものがあればそっちに行くかもしれません。