手を出したものの感想を書き溜める場所
『Fate/stay night』 感想
公式はこちら

TYPE-MOONの名声を決定付けたFateの初代作品を
10年ぶりぐらいにプレイしてみました。
この作品が出た頃にはまさかFateシリーズが
これほど続くとは思わなかったですね。
そして月姫2がこれほど出ないとも思わなかったです。

まあそれはさておき。
久し振りにプレイしましたけどやっぱり面白いですねー。
画面サイズは小さいですしボイスも入ってないんですけど、
今でもフルプライスで買っても惜しくない出来です。
発売当時は3日ぐらいで一気にクリアした記憶がありますけど、
今回は2週間近くかかったところは年齢を感じさせられます。
でも毎晩楽しい時間を与えてくれたことには感謝したい。

今回プレイして改めて思ったのはこの作品、
ルート封印を上手く使ってるってことですね。
特にHFルートのセイバーオルタ登場やライダーの味方化、
士郎の生き様の変化は前2ルートがあってこそのものでしょう。
自分はルートごとに敵味方が変わる作品が大好きなのですが、
そのツボをゴリゴリ押してくれる作品です。
あと、追い詰められてのパートナー変更も好きなので
凛セイバー降臨のシーンもめっちゃ好きですね。
本気セイバーのステータスの高さは何度見ても笑う。

後に行くほど楽しみが深まる作品であるのは確かですが、
一番王道なのは初っ端のFateルートですね。
改めてプレイしてみると真っ当な戦闘がてんこ盛りで
掴みのルートとしてこれはこれで良く出来てる。
UBWルートでのアーチャー関連のゴタゴタや
HFルートでの黒い影関連の戦闘も面白くはあるのですが、
これらが最初のルートだとテンポが悪く感じてたでしょうね。
3つのルートというよりは、Fate→UBW→HFという順で
1つの作品として構成されているのがよく分かります。
各サーヴァントにしっかり見せ場があるのもお見事。

ただ、昔から欠点だと感じていた部分も2つあって、
それは今回のプレイでも感じられました。
一つはバーサーカーをエクスカリバー一発で殺し切ったこと、
もう一つは前2ルートでの桜の出番の少なさ。
まあバーサーカー関連はヤツの特殊能力を考えると
他のやりようが難しかったというのは分かるのですが、
桜についてはもうちっと出番があってもよかったかなと。
HFまで引っ張って一気に出すのが狙いなのかもしれませんが、
個人的には他ルートでももう少し匂わせて欲しかったです。


まとめ。
いまだ色褪せない名作という感じでしょうか。
システム面でこそ古さを感じさせるものの
シナリオ、キャラの良さは今プレイしても楽しめますし、
その後長く続く作品になったのにも改めて納得です。
最近のエロゲー業界ではこういう力作はご無沙汰気味ですが、
いつかまたこのレベルの作品に出会えると思いたいです。

それはそれとして今度はHFルートが映画化されるらしいですが、
このルートは序盤が結構地味なのが気になるところ。
ゲームならともかくアニメだと映えないように思えますが、
そこをどう料理するかも含めて楽しみですね。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

『9-nine-ここのつここのかここのいろ』Episode1 感想
公式はこちら。
9-nine-ここのつここのかここのいろ
ぱれっとの最新作にして分割作品の1本目でもある
『9-nine-ここのつここのかここのいろ』の感想です。

…うーむ、すっきりしない。
分割作品なので分かっていたことですけど、
謎は残りまくりですしなかなかの後味の悪さでした。
1ルート目として考えてもちょっと物足りないなー。

今回の作品は1周目で強制バッドエンドルートに入った後に
都ルートがオープンするという仕組みなのですが、
この都ルートの結末がイマイチでした。
一応、都と恋人関係になって最悪の結末は回避したのですが、
敵の正体や異世界の謎はほとんど明かされないですし、
いくらなんでもネタを温存させ過ぎな気がします。
バトル物でも最初のルートでは仮ボス的存在がいますけど、
この作品ではそういう存在がいないので全く盛り上がりません。
ここまで盛り上がらないと先も気にならないので本末転倒。
分割の悪い面がモロに出てしまった気がします。

ヒロインの都自身は可愛かったのですが、
上記の通りシナリオに恵まれなかったのが勿体無い。
一番盛り上がったのはお互いが告白するシーンですが、
謎解きがメインのゲームでそれはどうなのかと。
都ももう少し黒いところがあるかと思っていたんですけど、
結局能力の割にはいい子のまま終わっちゃいましたし、
なんだか終始淡々と進んで終わってしまいました。
能力を研究する場面など面白い部分もあったものの、
小ネタレベルの面白さで終わってしまったのが残念でした。


まとめ。
物足りなかったです。
ヒロインである都との仲は丁寧に進めているものの、
肝心の能力関連がほとんど進んでいないので後味が悪い。
最後にもう一戦あるだけでだいぶ変わったと思うのですが。
もしくは2ルートごとの上下編分割にして
もう少し謎解きしてくれれば良かったかもしれません。

正直、今回は期待に届かない出来だったのですが、
キャラは可愛かったことと単価が安いこともあって
他に候補がない月だと続編にも手を出してしまいそうです。
…メーカーの思惑通りなのかもしれませんけどね。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

『初情スプリンクル』体験版 感想
公式はこちら

Whirlpoolの最新作である
『初情スプリンクル』を体験してみました。

話の設定的としては、一般人である主人公が
魔法関連のゴタゴタ巻き込まれていくというよくあるもの。
主人公がスケベだったり、能力が淫魔関連のものだったりと
序盤からエロシチュが多めなのが特徴でしょうか。
強制発情シチュが多そうなのは少し好みが分かれるかな。
個人的にはいきなり発情させるよりもじわじわ高める方が好き。

テキストのノリはいつもの近江谷さんという感じで、
ヒロインとの軽快なボケツッコミが楽しめます。
まあこの方のテキストとは非常に相性がいいものの、
ストーリーの方は後半でズコーッとなるのがお約束ですが…。
しかし体験版では花房姉の雑な行動が気になりました。
このままトラブルを撒き散らすようだとヘイトを集めそう。

ヒロインに関しては今のところ小春姉一強ですね。
ぐいぐい甘やかしてくる姉というのは珍しくないですが、
それでもしっかり見せれば可愛いので問題なし。
毎日ご飯作ってくれるのにメニューが雑なのは面白いですね。
こういうアンバランスなキャラ付けって結構好きです。

羽月は典型的なチョロインですがちょくちょく入れてくる
ジャンプネタが微妙にツボなので好印象です。
みおは出番が多い割には立ち回りがサブキャラっぽい。
雫はクール系ですけど主人公への好感度が溢れてていいですね。
ただ個別でもラーメンネタばっかりだと見せ方によっては
ひたすらつまらなくなりそうな不安はあります。


まとめ。
キャラは可愛いですしテキストも好みなのですが、
それ以外で微妙に引っかかる部分も多いという
良くも悪くもいつものWhirlpoolという感じの作品でした。
なんとなーくプレイ後の感想まで予想できてしまうのは
これまで何度も味わってきた経験から来るものか。
ただ、今回は小春お姉ちゃんがかなり可愛かったので
発売時に姉が欲しければ優先度が高くなる可能性はあります。

とりあえずは他の7月勢の体験版待ちですかね。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

『ちっちゃな花嫁 〜まだまだつぼみだもんっ〜』体験版 感想
公式はこちら

ロリゲーメーカーGaletteの最新作である
『ちっちゃな花嫁 〜まだまだつぼみだもんっ〜』
を体験してみました。

花屋見習いである主人公がお店に来た幼女たちと
仲良くなっていくというこのゲーム。
今回の体験版はヒロインたちの幼さ描写メインという感じで、
エロは抑え目の非常に健全な内容になっていました。
今時エッチシーンを見せない体験版というのは珍しいかも。
後ほどそれ専用の体験版が出るのかもしれませんが。

ただ、序盤の進行はなかなか丁寧で、主人公が幼女相手に
親切に対応しているのは伝わってきましたね。
今のところ彼女たちに対する性的興味は薄そうですが、
それが今後どう反転していくのかは気になるところ。
そこの変化も丁寧にやってくれるのなら
ロリゲーとして美味しいんですけどはてさて。

ただ、幼女に対して優等生的に接しているシーンが長いと
物語としては盛り上がりに欠けるでしょうし、
今回の体験版もひたすらまったりと進んでいたので
最後までモチベが続くかは不安なところではあります。

ヒロインはクール系、無邪気系、幼馴染系、大人しい系。
クールな凜はクールぶっていても子供っぽさがダダ漏れですね。
ツンというよりは子供っぽい警戒という感じなのがいいです。
無邪気なリサは行動自体も幼いですけどおねしょとかやばい。
あとお母さんが美人でちょっと攻略したくなりました。

羽琉はロリ幼馴染ぼくっ娘という設定が扱いにくそう。
身体的な成長などロリ要素を感じさせる部分と
普通の幼馴染的な世話焼き要素が馴染んでなかったような。
ましろはオドオド系の王道という感じでストレートに可愛い。
保護欲をくすぐるロリコンホイホイの見本のような娘です。
ひたすら膝の上において愛でたくなる。


まとめ。
どことなくちぐはぐさの感じられる体験版でした。
幼女を相手にしているほっこり感はあるのですが、
シナリオ的に先が気になるかと言われると微妙ですし、
エッチシーンがなかったり音声バランスがおかしかったりと
製品版の出来が心配になる部分もありました。

発売直後に特攻するには不安な部分が多いですし、
発売後のロリコンたちの評価次第で手を出す感じですかね。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

『9-nine-ここのつここのかここのいろ』体験版 感想
公式はこちら。
9-nine-ここのつここのかここのいろ
ぱれっとの低価格分割作品である
『9-nine-ここのつここのかここのいろ』を体験してみました。

シナリオはここ最近のかずきふみさんの作品らしく、
不思議な事件を追いつつヒロインと仲良くなっていくタイプ。
ガチバトルではないものの、事件は命に関わるほど危険という
サスペンス風な味付けもかずきふみさんらしいです。

これ系の話では今更目新しさを出すのは難しいのですが、
この作品では主人公もヒロインも比較的落ち着いているので
異常事態に対しても無駄にジタバタしないのがいいですね。
プレイヤーが落ち着いてるのに作中で慌てられると
初っ端から作品に入り込めない感が出てしまうのですが、
そこを上手く処理しているのは上手いと思います。

今回のヒロインである九條都も好感が持てました。
落ち着いているものの喜怒哀楽ははっきりしていますし、
小柄で人形みたいな外見も見ていて非常に可愛いです。
あとはお金持ちだけど庶民的、正義感が強いのに
能力は盗人といったギャップをどう掘り下げてくるのか。

他ヒロインだと妹はいい感じでウザ可愛かったですが、
残る2人は顔を見せた程度でしたね。
公式でのオタク先輩の紹介がなかなか不穏な感じですが、
果たして今作でも本性を出してくるのでしょうか。
分割作品であるからには続編も売りたいでしょうし、
都以外のヒロインをどれだけ見せるかも気になるところです。


まとめ。
絵、シナリオともに安心感のある出来でした。
ヒロインは可愛かったですし、主人公も不快感なし。
普段は分割作品にはあまり手を出さないのですが、
このレベルの作品でこの価格だと流石にお得感があります。
現時点でヒロイン4人の中で都が一番好みなので
2作目からモチベが下がりそうなのが不安ではありますが、
それならそれで2作目から買わなくてもいいですしね。
4月は候補が少ないので買うとしたらこれでしょう。

しかしグリザイアは体験版出さないのかしらん。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム