FC2ブログ
2018/12/24

『宿星のガールフレンド2』 感想

公式はこちら。
mirai『宿星のガールフレンド2』12月21日発売!
miraiの新作である『宿星のガールフレンド2』の感想です

基本的なノリとしては前作と同じで、
ライトなイチャラブエロゲーに徹していましたね。
今回のマーヤは前作の夕里と違って一応クール系ですが、
主人公への態度は最初からかなり甘めで、
年上の先輩として甘やかしてくれるのが実に良い。
序盤から胸に顔を埋めさせてくれるのは素晴らしいです。

ただ、マーヤが最初から甘めだったせいで、
二人の関係の変化という点では前作より物足りなかったかな。
もちろん付き合いだしてからはイチャラブが増えますけど、
個人的にはもう少し変化があった方が好みでした。
マーヤ自身は最初から最後まで可愛かったですけどね。

シリアスについてはほとんどなかったですね。
前作夕里も少なめだったものの、一応夕里敗北からの
ギクシャクはあったのですが、今回はそういうのもなし。
ペトラ関連はもう少し引っ張るかと思いましたけど、
めちゃくちゃあっさり解決していましたし。
まあ謎シリアスがないというのは売りにもなりますが。

今回の魔神さん、最初は可愛かったんですけど
後半は普通の敵になってしまったのがちょっと惜しい。
この変化はグリッドマンのアレクシスに似ていましたね。
夕里編と比べるとパワーアップしているはずなのに
あっさり倒された感があるのも勿体ない。
でもここは燃えゲーではないので仕方ない面もあるかな。


まとめ。
夕里編より勢いが落ちた感はありましたけど、
これは自分がマーヤより夕里が好きというのも大きいか。
とはいえ、マーヤ自身は可愛かったですし、
おっぱいやお尻に癒される話だったので満足度は高いです。
お手軽イチャラブ魔法少女ものとしては
前作に引き続き優等生的な作品ではないでしょうか。

次の鹿子編も購入することは確定しているのですが、
夕里マーヤが非常に単純な娘だったのと比べて
鹿子はちょっと扱いが難しくなるかな?
とはいえ宿ガルの雰囲気を考えると
あまり重くなってしまうのもどうかと思いますし、
可愛らしいめんどくささを見せて欲しいところであります。
2018/12/15

『和香様の座する世界』体験版 感想

公式はこちら。
みなとカーニバル『和香様の座する世界』応援中!
マジ恋で有名なみなとそふとの関連メーカー、
みなとカーニバルの新作である
『和香様の座する世界』を体験してみました。

みなとそふとといえばタカヒロシナリオ。
それに対してみなとカーニバルのシナリオライターは
色々な有名どころを引っ張ってくるイメージですが
今回のシナリオライターはなんと田中ロミオ氏。
これまた大物を引っ張ってきたもんです。

今回の体験版は、主人公が謎の神・和香様を復活させて
様々なドタバタに巻き込まれていくという内容。
ロミオ作品としては衒学的な雰囲気は抑えめで、
家族計画やRewriteに近い雰囲気を感じました。
まあ日本神話とか妖怪とか出てきますけど、
オタク的には常識と言える範囲内ではないかと。

この作品の魅力はなんといっても和香様ですね。
偉そうなポンコツキャラというのはロミオ氏の得意技。
今回の和香様は復活当時こそ怖かったものの、
物分かりは良いですしツン要素はほぼないですね。
むしろやっすい料理で喜んだり褒めたりしてくれるので
甘やかし系の変化球みたいなところがあります。
ツン要素は妹である琉々葉に全部取られてますが、
姉妹ともにおバカなところがとても可愛いかったです。
ミドルプライスだからヒロインは2人っぽいですが、
2人とも面白くて可愛いのでこれなら問題なしですね。

ふることぶみはどこまで増えるのかなー。
選択肢潰しを強制されるので
あまり増え過ぎるとめんどくさそうですが…。


まとめ。
和香様が面白可愛かったので買います。
偉そうさとおバカさが絶妙で見てて飽きません。。
ヒロインは少ないですしボリュームは控えめっぽいですが、
そこらへんはミドルプライスということですし、
よっぽど短くなければ満足できるでしょう。
久々のロミオゲーなのでしっかり作っていただきたいところ。
2018/12/10

『封緘のグラセスタ』 感想

公式はこちら。
「封緘のグラセスタ」応援中!
RPGメーカー・エウシュリーの新作である
『封緘のグラセスタ』をクリアしてみました。
あくまで1周しただけの感想です。

クリアした印象としては割と無難なRPGという感じ。
レベル上げやアイテム収集、ダンジョン探索が嫌いでなければ
そこそこ楽しめる内容になっていると思います。

「そこそこ」というのは、楽しめたものの
引っかかる部分も多かったというのがあります。
ヒロインはどいつもこいつも魅力的ではあったものの、
個別イベントが少なめなのが惜しかったですね。
小さなイベントでいいので可愛さをアピールできるイベントが
各ヒロインにもう3~4個あれば満足感がだいぶ違ったはず。

シナリオの方は主人公がグダグダ悩まないこともあって
最後までテンポよく進みました。
ただ、最短距離で王になった感があるので
合間に2章ぐらい外伝的な話があってもよかったかなー。
主人公の部屋が魔族も天使もいる魔境になってるんだから
このシチュをもっと生かして欲しかったかも。

ゲーム部分もまずまずという感じでしたね。
HP共有性は若干味気無さがありますが、
キャラが落ちないので戦力管理しやすいのはメリットか。
それ以外の戦闘システムはよくあるものですけど、
再行動が強力過ぎるバランスは気になりました。
ラスボス戦で再行動連発されると一瞬で全滅する反面、
再行動が出なければあっさり勝ててしまいます。
味方も再行動をつけずに戦ってちょうどいいぐらいですし、
再行動スキル自体いらなかったような気がしますね。
2周目のやり込みステージでは必須かもしれませんが。

あと、UIの導線がちょっとめんどくさかったですねー。
アイテムのやり取りやスキル付け替えがなんか手間取る。
売りであるアイテム強化も面倒くささが目立ちました。
メニュー画面のキャラやアイテムの表示スタイルを弄れば
もっと効率よく動かせそうですが…難しいかな。
あと次の行き先へのヒントはもう少しバラ撒いても良かったかも。
高炉層への生き方が分からずしばらくさ迷ってました。


まとめ。
最近スマホゲーばかり触っていたので
しっかりとクリアできるか不安だったのですが、
無事、30時間弱プレイしてクリアすることが出来ました。
割と引っかかる部分は多かったのですが、
これだけの時間プレイできる面白さがあったのも確か。
エウ好きなら買って損はないレベルはキープしていたかと。
キャラが良かっただけにもう少し各自を掘り下げて
更に上を目指して欲しかったところですけどね。
2018/11/25

『捻くれモノの学園青春物語 ~俺と彼女の裏表~』体験版 感想

公式はこちら。
捻くれモノの学園青春物語〜俺と彼女の裏表〜 応援中!
りびどーそふとの最新作である、
『捻くれモノの学園青春物語 ~俺と彼女の裏表~』
を体験してみました。

なんだかラノベっぽいタイトルの本作ですが、
今のところ内容もラノベっぽい感じですね。
捻くれ者で陰キャな主人公が変な部活に巻き込まれ、
変なヒロインたちと協力してミッションをこなすうちに
充実感を得て前向きになっていくという流れです。

主人公が捻くれているせいで部活をするのにも
ミッションをこなすのにもいちいち無駄な抵抗をするので
ちょっと話のテンポが悪く感じられましたが、
これは序盤の陰キャパートだから仕方ないか。

ヒロインはコミュ障、ストーカー、馬鹿、ゲロイン、
そしてロリババアと癖が強めなキャラを揃えていますが、
今のところぶっ飛んでいるというほどでもないかな。
ストーカー幼馴染である雫のモブへの態度が
かなりきついのにちょっと引っかかったぐらいですね。

普通のエロゲーと比べるとモブの種類や出番が多めですが、
主人公やヒロインサイドが非リア充なのに比べると
モブサイドはリア充が多いですね。
ただモブサイドも思わせぶりな描写がちょくちょく入るので
単なるリア充では終わらない予感はある。

現時点ではよくある捻くれ男と謎部活物ですが
ライターが桜庭丸男さんであることを考えると
物語の根底をひっくり返すような仕掛けはあるかも?
前述したモブの思わせぶりな態度はそこに関係してきそう。
主人公やヒロインには強力な魅力を感じていないので
大仕掛けに期待したいところですね。


まとめ。
体験版の時点では購入確定とするには力不足ですね。
ただライターの過去作も踏まえて深読みするなら
何かやってくれそうな予感はありますし、
12月分としては購入候補に入るレベルではあります。
あとは他の作品の出来や私のエロゲモチベ次第ですかね。
2018/09/09

『未来ラジオと人工鳩』 感想

公式はこちら。
laplacian『未来ラジオと人工鳩』応援中!
SFエロゲーメーカーLaplacianの3作目に当たる
『未来ラジオと人工鳩』の感想です。

うーん、前作より粗が目立ってしまったかな。
SFエロゲーなんて多少の粗があるのは仕方がないですし、
そこを話の勢いやキャラの魅力で上手く誤魔化すのが
重要なのですが、この作品はそこが弱かったです。

体験版でも感じていた、かぐやのメインヒロインとしては
力不足という印象は結局最後まで覆りませんでした。
それなのに主人公がベタ惚れしているから違和感が凄い。
意識を共有しているという設定があるとはいえ、
自分の命や家族を捨ててまでかぐやを救うという展開に
最後の最後まで違和感が拭えなかったです。

ここはかぐやへの恋愛感情を掘り下げられなかった
シナリオの怠慢ですが、他のヒロインたちの掘り下げが
ちゃんとされていたかと言われるとそれも微妙なところ。
かぐやよりはマシとはいえ、普通のエロゲーと比べると
恋愛描写はあっさりで、全体的に物足りなさが残りました。

肝心のSF要素は、ループ物にしなかった点は好印象。
鳩による電波妨害やラジオによる情報伝達という設定も
どこか情緒のある雰囲気があって好きですね。
ただ、思いついた設定を放り込んだのはいいものの、
それだけであっさり終わってしまった感があります。
名作と言われるSFゲームの真相が判明したと思ったら
更に別の真相があって…というのが当たり前ですが、
それらと比べると盛り上がりが足りなかったです。


まとめ。
ヒロインの扱いにしても、SF設定にしても
終わってみると雑な印象ばかり残ってしまいました。
前作でも雑な部分はありましたが、
それでも今作と比べるとまだヒロインの個性や
謎解きのワクワク感は強かったような記憶があります。
前作から長所を減らして短所を伸ばすような
内容になってしまったのは残念。

次回作も面白い設定があれば手を出すかもですが、
期待はあまりしない方がいいと心に留めておきます。