fc2ブログ
2023/04/19

ウマ娘・ネオユニヴァースシナリオ 感想

本日、ウマ娘でネオユニヴァースを引いたので、
早速育成シナリオをプレイしてみたのですが、
これがまた予想よりもはるかに良かったので感想を書きます。
ネタバレが満載なのでお気を付けください。

いやー、今回のシナリオは素晴らしかったですね。
このネオユニヴァースという娘、最初は宇宙人のように描かれて
その頭の良さで未来予測しているように見せてるんですよね。
しかし途中からは別の世界を見ているような流れになって、
ラストでこの世界線がトレーナー(デムーロさん?)と
ネオユニヴァースがずっと一緒にいられる
新世界(ネオユニヴァース)だと判明するのがもう完璧。

騎手と馬という関係がある世界もあれば、
トレーナーとウマ娘という世界もあるというのが
明確に描写されたのって初めてではないでしょうか。
並行世界というSF要素を使って現実の騎手と馬の関係を
ウマ娘世界に落とし込んで来るアイディアには脱帽しました。

シナリオ中のトレーナーとネオユニヴァースの関係も良く、
恋愛というよりは愛情を感じさせる場面が多かったですね。
トレーナーがネオユニヴァースを抱きしめる場面とか、
ラストでネオユニヴァースが愛を語る場面とか、
ああいう場面は今までのウマ娘ではなかったような気がします。
(あったらごめんなさい)
まさかウマ娘で前世物特有の深い愛情を見せられるとは…。

自分の気持ちを言語化できないネオユニヴァースと、
彼女に根気よく付き合うトレーナーの献身描写も素晴らしい。
個人的にはめちゃくちゃ刺さるカップルだったので、
プレイ中はずっと幸せになってくれ~と思ってました。

あと、ネオユニヴァースの声ってちょこ先輩の方なんですね。
言われてみれば声質は似ているんですけど、
ボソボソとした声でちゃんとうまぴょい歌ってるのには感服です。
こういう技術のある声優さんは尊敬してしまいますね…。

正直、ウマ娘の育成シナリオは作品の性質上、
シンプルなスポ根に寄ってしまうのでバリエーションを
広げにくく、マンネリ気味だと思っていたのですが、
こんなシナリオを出してくれるのなら捨てたもんじゃないです。
まあネオユニみたいなSFネタは乱発できるもんではないですが…。

ウマ娘もキャラが増え続けて今後はシナリオ製作も
ますます難しくなっていくと思いますが、
いい意味で予想を裏切ってくれるシナリオに期待したいですね。
2023/03/12

ブルーアーカイブ最終編をクリアしてあれこれ

またしばらくサボってしまいましたが、
ブルアカ最終編をクリアしたのでその感想を書きます。
あ、ネタバレあるので注意してくださいね。

このブルアカというゲーム、自分はローンチ時から
プレイしているのですが、最初の頃は色々アレでしたね。
アプリは重くてしょっちゅう落ちるし
ガチャは天井が高くて星3はなかなか手に入らなかったし、
キャラの数はそれなりにいても絆ストーリーはあっさりめで
ほとんどのキャラがいるだけという状態でした。

自分が真面目にプレイし始めたのはパヴァーヌ1章辺りから。
これは自分がモモイ好きというのが大きく、
パヴァーヌ1章は良いシナリオではあるものの地味なので
周りでもあまり話題になっていなかったのを覚えてます。
それが今ではトレンド入りの常連となったわけですが、
バニーで一瞬話題になってエデン3章辺りで更に話題になって
ストーリーも進行しやすくなって一気に新参が増えた感じですね。
まあこの辺りはシナリオの出来、演出ともにソシャゲでは
稀有なレベルですし、やはり良いものは話題になるんだなと。

個人的にブルアカのシナリオって若干好みではないのですが、
逆にそのマイナス分があってもこれだけ楽しめるというのは
このゲームが持つ底知れないポテンシャルを表しています。
シナリオの好き嫌いを語ると長くなる…特にエデン4章は
個人的にはめちゃくちゃ不満があるのですがまあそこは省略して、
最終編で一番感心した場面について語りますね。

それは…先生ではなくテラコを脱出させるシーン。
あそこについてはシナリオと演出が見事に合わさっていて、
ゲームの感動演出の新たな可能性を感じさせてくれました。
あんな状態になっても生徒を第一に考えてるプレ先、
そのプレ先が信頼して自分の生徒を託した先生(自分)、
そしてそんな二人の先生の生き方を一番近くで見ていた
プレイヤーがテラコを転送させる、という流れには脱帽です。
そうだよ、先生ならテラコを救わないはずがないんだよと
自然に思える展開になっていたのは本当に素晴らしい。
テラコを脱出させた後に感動で20秒ほど天を仰いでましたよ。

こういう演出ができるというのは、シナリオだけでなく、
企画運営やシステム開発がしっかりとこの未来を見て
ブルアカというコンテンツを育ててきたということ。
長期運営型アプリでこれができているところは少なく、
だからこそブルアカ開発陣の志の高さに感動すら覚えました。
この部分に限らずブルアカ運営ってプレイヤーを
ゲーム内に没入させて盛り上げようという意志が強く見えて、
ソシャゲというジャンルに真剣に取り組んでるんですよね。
リアイベを否定するわけではありませんが、アプリ内や
ネット上の企画でワクワクさせてくれるのは好感が持てます。

さて、ここまでの運営方針は絶賛したいブルアカですが、
その今後については若干不安点もあったりします。
カルバノグ2章が来る前に株を落とした不知火カヤの存在や、
次の決戦が来たときにまた同じメンバーが出撃すると
流石に文句が出そうなのはどうするの問題とか。
ただ、これまでの出来を見るとだいたいは良い方向に
裏切ってくれているので、今後が楽しみな作品のは確か。
特に最推しであるミヤコが活躍するはずのカルバノグは
エデン超えのクオリティを期待してるので頼むぞブルアカくん!
2022/09/01

『終のステラ』体験版 感想

公式はこちら

ゲームやアニメを手広く作るKeyの新作、
『終のステラ』の体験版をプレイしてみました。

今回のライターは田中ロミオさん。
シナリオライターとしては大御所の一人ではありますが、
個人的には結構当たり外れのあるライターさんです。
でもKeyと組んだRewriteは大当たりでしたね。

今回の作品はバリバリのSFタイプ。
高度な文明が滅んだ後のポストアポカリプスな世界観ですね。
そんな世界を舞台に、主人公の青年が謎の依頼を受けて
遺跡で眠っていた美少女アンドロイドと出会い、
彼女を護衛しながら廃墟を冒険していくというお話です。

正直、体験版の前半は悪い意味で定番な印象でした。
ちょっと捻くれてるリアリストの青年と
天真爛漫な少女アンドロイドという組み合わせもそうですし、
遺跡の中での出会いというシチュもよくある場面です。
ヒロインであるフィリアは明るくて優しいけど警戒心が薄く、
あまり好きになれない足手まとい系ヒロインに見えました。

体験版後半になるとちょっとエンジンがかかってきて、
廃墟となったハイテク都市に潜入していくシチュは
ワクワクするものがあり、ちょっと先が気になってきました。
主人公が容赦なく敵を殺していったところも好印象。
フィリアが善意方面に振り切ってる分、主人公が
容赦ないところを見せてようやくバランスが取れた感じです。

今のところキャラ、設定ともに新鮮味が非常に薄く
凄く面白いという作品ではないのですが、
体験版後半にちょっと面白くなってきたのも確か。
購入確定とするには体験版の範囲内で
もう少しインパクトが欲しかったところなのですが、
DL版だと非常に安いので一応、購入候補に挙げておきます。
2022/02/16

『MOTHER2 ギーグの逆襲』 感想

めちゃくちゃ今更なのですが、MOTHER2をクリアしました。
アラフォー世代ならプレイした人は多いと思うのですが、
自分はこれまでプレイしたことがなかったんですよね。
それが今回たまたまSwitchに降りてきたので、
この機会にオタク的教養を高めるべく挑戦してみました。

で、クリアした感想なのですが。
いやー、変なゲームでしたね。
ゲームの構造としてはRPGなのですが、雰囲気は独特。
子供たちが主人公な割に話や設定には毒が混じっていて、
これは子供の頃にプレイしていたら衝撃だったろうなぁと。
メカに改造されてラストダンジョンに向かうところなんて
普通に怖くてちょっと引いちゃいましたからね。
ラスボスの人格崩壊っぷりもホラーでしたし。

あと「スターマン」とか「どせいさん」とか
スマブラでしか知らなかったキャラクターの原点を
ようやく知ることが出来てスッキリしましたね。
スターマンって重要キャラかと思っていたんですけど
普通に雑魚としていっぱい出てきてビックリしました。

RPGとしてはHPがゼロになるまでに回復すれば
生き残ることができるのは面白かったですね。
あと昔のRPGっぽくたまに雑魚相手でも瞬殺されたりとか
ボス攻略法がヒントなしだと分かりにくかったりとか、
割と戦闘の難易度は高めに感じられました。
逆にペンシルロケットの強さはやばかったですね。
噂では聞いていましたけど、噂以上の強さでした。

そんな感じで、今までプレイこそしていなかったものの
ゲームについての断片的な知識はあったのですが
今回原作に触れることで裏付けできたのは良かったです。
オンリーワンな世界観のあるゲームだと思いますし、
名作、あるいは迷作と言われるのも納得な内容でした。
さて、次はどんなレトロゲームをプレイしようかな。
2022/01/24

『メンヘラフレシア -Flowering Abyss-』 感想

公式はこちら
フリーゲーム「メンヘラフレシア」がSwitchに移植された
「メンヘラフレシア -Flowering Abyss-」の感想です。
元のゲームは触ったことがないのですが、
移植のニュースがTLで流れてきたので購入してみました。

内容としては、メンヘラヒロイン入門ソフトという感じ。
メンヘラヒロインとしては定番の結末を押さえてありますが、
1ヒロインのルートはかなり短いのであっさり終わります。
エロゲーに慣れている人には物足りない気がする。

どのヒロインも割とあっさり暴力に走るので、
普通のヒロインが壊れていく流れは期待しない方が良いかと。
個人的にはヒロインの数を少なくして
もう少しネットリとした描写をして欲しかったです。
プレイ前はメンヘラヒロインが対決する場面があるかと
思っていたのですが、そういう場面がなかったのも残念。

あと、ヒロインも狂っているのですが、
主人公はヒロインとは別の意味で社会不適合者ですね。
女性に対して普通にブスブス言いますし、
そんな性格なので殺されても可哀想だとは思えませんでした。


まとめ。
声優さんの熱演もあるので価格を考えると悪くないですが、
価格以上の楽しめたということもなかったです。
やっぱりこういうメンヘラヒロインは
マトモに可愛い部分をこれ以上ないぐらい見せてから
それを叩き壊すのが醍醐味だと思うのですが、
この作品は全体的にあっさりしてましたからね。
微妙に空いてしまった時間にやることがなくて
サクッとメンヘラを味わい人には良いかもしれません。