2017/10/09

『BALDR BRINGER』体験版 感想

公式はこちら

戯画が誇るバルドシリーズの新作にして最終章、
『BALDR BRINGER』を体験してみました。

これまでのバルドシリーズはサイバーパンクな世界観と
複雑なシナリオ、爽快感のあるアクションパートが魅力であり、
過去に出た作品もかなり楽しませていただいたのですが、
今作の体験版は正直、がっかりな出来でした。

冒頭で機械の身体を持った主人公が目覚めるシーンは
今までのシリーズの雰囲気を漂わせつつも新鮮な展開で
これから面白くなりそうな気配を感じたのですが、
それ以降はまったりした展開で盛り上がらなかったですね。
基本的にエリアの管理者である女の子を倒して
仲間にしていくを繰り返すだけのとても単調な流れ。
過去作のように先が気になる引きがなかったのは残念。

アクションパートも今までと比べるとダルかったです。
もっさりとしたダッシュで広いマップを彷徨いながら
目的地を探すの繰り返しで、体験版途中でお腹いっぱいに。
ワラワラ涌いてくる敵をひたすら倒すのも爽快感なし。
このシステムだと今までのように楽しめる気がしません。
なんでこんなめんどくさいことになっちゃったかなぁ。

ヒロインに関しては良くも悪くもエロゲらしい
可愛さを持っていて萌えやすいのですが、
エピソードを選んで進めるというシステムのせいで
本筋への関わりが薄く感じられました。
やっぱエロゲは分岐と個別ルートがないと物足りないです。
ヒロインの数だけは多いですけど、これなら数を減らして
ちゃんとした個別分岐を作って欲しかったですね。
まあ今回のシステムだとヒロインを減らすと
武器も減っちゃうというめんどくさいことになりますが…。


まとめ。
うーむ、どうしたもんかこれは。
今のところシナリオはヒロインを回収しているだけで
これまでとは比べ物にならないぐらいまったりしていますし、
アクションパートもお使いゲーム的なめんどくささが強い。
廉価ゲームならこういう淡々としたシナリオでも
良かったかもしれませんが、本家となると物足りないです。
主人公がシュミクラムでありながら、人工物らしからぬ
とぼけた性格なのは面白かったですけどね…。

主人公の設定を見た時点では結構期待していたのですが、
体験版がこの出来だと今回はスルーするしかない。
これがシリーズ最終章となると残念でなりません。
2017/10/03

『ゆらめく心に満ちた世界で、君の夢と欲望は叶うか』体験版 感想

公式はこちら

ほのぼの萌えゲーメーカー、CUBEの新作である
『ゆらめく心に満ちた世界で、君の夢と欲望は叶うか』
を体験してみました。

ほのぼの萌えゲーメーカーと書きましたが
今回の作品はサスペンス風の幻想作品という感じで、
これまでCUBEの印象からは大きく外れたものになっています。
南にある離島で美少女たちとの同居生活…と書くと
よくあるエロゲーのようにも感じられますが、
最初から不穏な雰囲気が漂っているのが大きな特徴ですね。

日常会話はほのぼのしている部分も多いのですが、
主人公が死亡したと思わせる場面が何度かあったり、
ヒロインがループを自覚しているような言動を見せたりと
思わせぶりな部分もかなり多いので油断できません。

ただ、頑張って伏線を見せているとは思うのですが、
思わせぶりな会話が多過ぎてテンポが悪く感じる面も。
ことあるごとに「知らないはずなのに…」とか
「前に喋ったっけ?」とか言われるせいで
体験版の最後の方ではげんなりしていたのも確かです。
ここらへんは気合が空回りしているように感じました。

ヒロインに関してもいつもより萌え方面は控えめ。
その代わりそれぞれ重い謎を匂わせる面が強いです。
すみれはこの世界の謎を知った上で利用していますし、
月乃とこのはの歪んだ関係も闇が深そう。

しかし主人公と巴の関係は微妙でした。
本来ブラコン妹って自分好みなはずなんですけど
本作の巴は立ち回りがいまいち好みではなかったですし、
兄である主人公も恋愛への対応が好みじゃない。
恋愛苦手系主人公って個人的にかなり苦手なので
よっぽど強烈な個性がないと好きになれないですね…。
後半で何か主人公の存在をひっくり返すような
どんでん返しがあればいいのですが。


まとめ。
話の仕掛けは凝っていそうではあるものの、
全体的にたどたどしくてパワー不足気味に感じました。
海の底や夜の闇といった幻想的なシチュエーションを
しつこい伏線アピールが台無しにしてしまってるような。
作品に入り込めそうになったところで引き戻される、
の繰り返しで最後まで集中できなかった感があります。
ヒロイン的にストライクな娘がいなかったのも痛い。

オチは気になっているので回避確定ではないですが、
11月に『アオイトリ』が出るならそっちを買うと思います。
2017/09/19

『セヴンデイズ あなたとすごす七日間』体験版 感想

公式はこちら

LIFE0のデビュー作である全年齢対象ゲーム、
『セヴンデイズ あなたとすごす七日間』を体験してみました。
触った後に全年齢対象だと気付いたのは秘密だ。

呪いのビデオを見た主人公が美少女幽霊に取り付かれ、
彼女の未練を解消する手助けすることになるというこの作品。
これだけならよくありそうな話ですが、
変わっているのはこの幽霊が7人の幽霊の集合体である点。
そして49日の7日ずつを使ってそれぞれの未練を
解消していくというのが物語の大きな筋というわけです。

日常パートは一昔前の泣きゲーに近い印象で、
基本的には軽快な会話で進みつつも
シリアスな別れの気配を感じさせながら進みます。
この手の話だと最後に生き返るにしてもお別れするにしても
今となっては新鮮さは薄いのですが、
そこを意外性や演出でどうカバーするかは気になりますね。
最初のループ展開を見ると単純に成仏させていって
終わりということにはならない気もしますが。

ヒロインが7人と多めなのは難しいところです。
予定通り7日ごとに成仏していくとすると
最後に辿り着くまでに何度も別れを見せられるわけで、
後半に辿り着く頃にはマンネリ化してそう。
キャラが減って雰囲気が重くなると
体験版のワイワイした雰囲気もなくなるでしょうし、
果たして面白さをどう維持していくのか…。

あとは全年齢対象でミドルプライスという点。
自分はエロを重視するタイプではないですけど、
それでもエロがないと寂しい気分になってしまいます。
しかし4800円という価格は気軽に手を出せる範囲…
と思いつつもやっぱりエロありで5800円ぐらいだと
エロゲーマーとしては妙な安心感があるので
できればこの辺りを狙って欲しかったところですね。
表声優さんを使った方が売りやすいのかもしれませんが。


まとめ。
ヒロインを一人成仏させるところまで見せて欲しかったかも。
そこまで見せてくれればヒロインの扱い方も
ある程度把握できて購入するかの判断もしやすかったでしょう。
現時点では、日常会話やキャラクターは悪くないものの、
強烈な魅力に欠ける作品という印象でした。

そんな感じで若干厳しめの評価になっていますが、
今月は特に欲しい作品がないことや価格の安さもあって、
購入候補としては結構高めな位置にいたりします。
先月は恋愛教室を踏んでいるので
2ヶ月連続で踏むのは避けたいところですが…。
2017/09/11

『恋愛教室』 感想

公式はこちら。
恋愛教室応援中!
UnN/Aのデビュー作である『恋愛教室』の感想です。

いやー、久々に爆死しました。
体験版の印象が予想外に悪くなかったので
化けるかなーと思っていたのですが、甘くなかったですね。
とりあえずダラダラとダメだった点を書いていきます。

まずはヒロインが4人しかいなかったこと。
人気投票でヒロインが決まると宣伝していたのに
第3回人気投票の結果が反映されないとは思わなかったです。
直前になっても公式ページで反応がなかったものの
1位のセドナルートはあると思っていたのですが甘かった。

次に個別ルートの短さ。
この作品、謎シリアスがないといえば聞こえはいいですが、
実際には個別ルート後半のシリアスに入りそうな場面で
突然スタッフロールが始まってエピローグが流れます。
そんな感じなので伏線らしきものは投げっぱなしですし、
ボリュームも通常のエロゲーのルートより短い。
それでいてヒロインが4人しかいないからどうしようもない。
この個別ルートの長さならヒロイン10人は欲しいです。

「恋愛教室」というタイトルの意味も薄かったです。
中盤で教室全体を巻き込んだ恋愛ごっこが始まったときには
「さあこれからが本番か…」と思ったものですが、
それがダイジェストで終わったのには驚愕しましたよ。
恋愛教室とはなんだったのか。
個別ルートになると他のヒロインの出番がなくなって
パワーダウンするという予想は見事に的中しました。
いや全然まったく嬉しくないですけど。


まとめ。
個別ルートの感想も書こうか迷ったのですが力尽きました。
彗ルートはまだマシでしたけど他はお察しということで。
ルートに入ると突然デレるステラはある意味面白かったですが。

企画を見た時点で面白そうだという気持ちが3割、
やばそうだという気持ちが7割だったので
当然の結果といえばそうなんですが、
それでもいい意味で予想を裏切って欲しかったです。
これなら最初から短めのルートをたくさん詰め込んだ
多人数ヒロイン形式にすれば良かったのでは。

ボリュームもシステムも褒められたものではないので
現時点ではまったくオススメできない作品ですが、
自分としては久々の爆死体験だったので
ちょっとスッキリした面もあったりなかったり。
最近は年のせいか比較的安全なゲームばかり買っているので、
たまにはこういう経験をするのもいいかもしれませんね。
爆死健康法、意外といけるのでは?(ないない
2017/09/08

艦隊これくしょん 2017年夏イベント感想

E-7甲を終わらせたのでイベントの感想とか。

今回の難易度選択は甲甲甲乙乙甲甲。
E-3甲で結構沼ってしまったので
前半の壁と言われていたE-4を乙で抜けてE-5も乙。
手間はかかるもののそれほど難しそうなE-6は甲を選択し、
甲11のためにE-7も甲でフィニッシュという流れでした。

E-3甲でもかなり苦戦したのですが、やはりE-7甲は別格で、
今となっては覚えているのはE-7のことばかりです。
まずギミックを解除するだけでも結構疲れましたね。
手順は多いですし編成の縛りも厳しくて1日潰れました。
ギミック解除だけでも1海域分の労力が必要なのでは。

ボス削りは比較的スムーズに行きました。
編成はひたすら機動部隊で突撃。
この段階では速吸は入れずに第二艦隊は
軽巡駆逐駆逐戦艦戦艦雷巡という打撃力重視の編成。
これなら開幕で生き残った相手がいてもそこそこ戦えるので
道中撤退はそれほど気にならないレベルでした。
戦艦が2隻いると第2艦隊打撃力が増えるのもいいですが、
敵の雷撃での大破撤退が減るのも大きかったです。

しかしラスダンに入ってからがイベントの本番。
第2艦隊の戦艦を抜いて速吸を入れると全然ダメで
Gマスでいきなり大破することも珍しくなかったです。
その後の潜水マスや3ダイソンでも大破しまくりですし、
比較的マシな空母夏姫マスでも油断は出来ません。

こりゃあかん、ということで早々に全員に女神を装備。
今回の編成では由良のみ穴がなかったので即増設。
今回は女神をガンガン使う覚悟を決めて
ようやくラスダンのスタート地点に立てるって感じですね。

あとはひたすらぶん回すのみ。
最初はGマスか潜水マスで大破すると撤退していたのですが、
大破進軍を繰り返すうちに意外と女神発動率が低いことが
実感できたので、最後の方ではGマスで大破しても進軍して
ボス戦の回数を稼ぐことを優先していました。
途中撤退するとキラを付け直すのがしんどいですし。

最終的には洋上補給16、ダメコン10を使ってクリア。
大破や中破が多い状況での強引な進軍が多かったですし
そこを削ればもう少し節約できたかもしれませんが、
ラスダンをクリアした際も霞が道中で女神復活、
暁ちゃんがボス戦で女神復活という女神頼りの進軍だったので
結果的にはガンガン使う方針を取って良かったかなと。
女神の付け忘れが怖くて何度も点検しましたし、
それでもたまに確信が持てなくなって撤退しましたけどね。
ラストを決めたのは大井っちの連撃。
最高レベルの艦娘が決めてくれるとテンションあがるわー。

今回のE-7甲はなんとかクリアできましたけど
今までとは違って完全に女神課金前提のプレイでした。
ほぼ無傷で道中を抜けられることがあるのは確かなので
女神なしでクリアできるという意見も分かるのですが、
その手間を考えると女神なしでやる気は起こらないです。
恐らくかつてないほど女神は売れてるでしょうし
運営側としてはウハウハなんでしょうけど、
今後の大規模イベントがこれ以上の難易度となると辛いなぁ。

それ以外での手間が増え過ぎているのも問題ですね。
今回のイベントは7ステージとは言ってもダブルゲージや
手間のかかるギミックが多くて非常にめんどくさい。
熟練度やキラ付け、連合艦隊に基地航空隊と、
1出撃ごとの時間も延びている状況ですし、
イベント全体にかかる時間が増え過ぎていると思います。
そろそろ戦闘スキップを実装するとか、
キラや熟練度前提の難易度調整をやめるなどの
抜本的な方針転換が必要になっている気が。
ここらで一旦シンプルなシステムに立ち返るのか、
それとも更に複雑化し時間がかかるようになるのか…。
次の大規模イベントが良くも悪くも楽しみです。