FC2ブログ
2019/04/03

『タマユラミライ』体験版 感想

公式はこちら

Azuriteの新作『タマユラミライ』を体験してみました。

…うーむ、もうちょっと何か欲しいかも。
日常会話に関しては流石ベテラン籐太さんという感じで、
読みやすくテンポのいいラブコメという感じですね。
ヒロインも可愛いですし、安定感がある。

ただ、蘊蓄を語り出すと途端にテンポが悪くなります。
もともと籐太さんは設定語りが上手くないタイプだと
思っているのですが、今回もその欠点が出た感じ。
燃えゲーを作るのが上手いライターさんは
こういう長々とした設定語りが上手いんですけどね。

体験版のメインイベントである猿と狼の諍いも
いい話ではあるのですが、エロゲーとしては微妙。
脇役同士の話をやるよりも、まずはヒロインだけで
話を回して見せた方が良かったのでは…?
この話で尺を取られたせいでヒロインの魅力が
上っ面だけしか伝わって来なかったように見えます。

そんなわけでヒロインについても
可愛いとは思うものの購入しようとまではいかず。
こういうヒロインの掘り下げが浅い体験版だと
同居人であるみだりや白お姉ちゃんのような
最初からデレデレしてる存在が圧倒的に強いですね
逆にツンツンしかしてない由岐奈は不利だなー。
ここはもうちょっとフォローが欲しかったところです。


まとめ。
体験版でのスタートダッシュはいまいちでしたけど、
最後までプレイしてみるとそこそこ綺麗に纏まっていて
ヒロインも可愛かった…という感じになりそう。
なりそうではあるのですが、今のモチベだと
ちょっと手を出す気にはなれない感じですね。
ヒロインの中だとみだりは好みだったものの、
彼女だけのために買う気にはなれず。
体験版でヒロインが一堂に会してワイワイしてる姿を
見せてくれればまた違った印象だったかもしれませんが。
今のところはスルーする可能性が高いです。
2019/03/17

『缶詰少女ノ終末世界』体験版 感想

公式はこちら。
シルキーズプラス『缶詰少女ノ終末世界』
シルキーズプラスの新作である
『缶詰少女ノ終末世界』を体験してみました。
略称はカノセカになるらしい。

シルキーズプラスといえば基本的にはシナリオ重視で
色々な雰囲気の作品を出すメーカーというイメージですが、
それは今回も同じで、今回のライターである
渡辺僚一さん特有の雰囲気が強い作品となっています。
過去の作品で言えば「なつくる」や「あきくる」に似ていて、
シモネタ多めでおかしなキャラが多いSFという感じですね。

週末に憧れるヒロイン・更紗を中心として
謎部活が始まるという流れだけ見ると学園物っぽいですが、
同時に謎の殺人鬼視点でも物語が進んでいるのが実に不穏。
体験版はこの2つの視点が交差したところまでなのですが、
体験版の引きとしてはなかなか上手かったと思います。

ヒロインは更紗、辻花、八乙女の3人になるのかな。
性格は天然、強気、飄々という感じでバランスは良い。
渡辺さんの作品らしくどいつもこいつも反応が面白いですね。
八乙女を表す長い女という表現とにょろっとした動作は
他では見ない個性の出し方で新鮮でした。
体験版の最後では八乙女の裏の顔が明かされましたし、
更紗の存在感のなさも何か大きな理由がありそう。
普通に見える辻花にしても何か隠してそうですが、
それはそれとして3人ともなかなか可愛かったです。
あと嶽山のゲイネタ結構好きですわ。

ツバキサイドも面白いっちゃ面白いんですけど
こっちの方はシモネタがクドく感じたなー。
部活サイドが皆でワイワイしてアクティブなのに対して
こっちは一か所で話し合ってる場面が多いからかな。
部活サイドと比べるとテンポが悪く感じました。


まとめ。
いつもの渡辺僚一SF。
シモネタが多めですけどどこか不穏な雰囲気もあり、
先が気になってしまうというこれまで通りの作りですね。
「ふゆくる」は出せるか微妙ということだったので
残念に思っていたところですが、この作品もこれまでの
シリーズの雰囲気を引き継いでいるのは良かったですね。
4月によっぽど大きな作品が来ない限りは購入予定です。
2018/12/24

『宿星のガールフレンド2』 感想

公式はこちら。
mirai『宿星のガールフレンド2』12月21日発売!
miraiの新作である『宿星のガールフレンド2』の感想です

基本的なノリとしては前作と同じで、
ライトなイチャラブエロゲーに徹していましたね。
今回のマーヤは前作の夕里と違って一応クール系ですが、
主人公への態度は最初からかなり甘めで、
年上の先輩として甘やかしてくれるのが実に良い。
序盤から胸に顔を埋めさせてくれるのは素晴らしいです。

ただ、マーヤが最初から甘めだったせいで、
二人の関係の変化という点では前作より物足りなかったかな。
もちろん付き合いだしてからはイチャラブが増えますけど、
個人的にはもう少し変化があった方が好みでした。
マーヤ自身は最初から最後まで可愛かったですけどね。

シリアスについてはほとんどなかったですね。
前作夕里も少なめだったものの、一応夕里敗北からの
ギクシャクはあったのですが、今回はそういうのもなし。
ペトラ関連はもう少し引っ張るかと思いましたけど、
めちゃくちゃあっさり解決していましたし。
まあ謎シリアスがないというのは売りにもなりますが。

今回の魔神さん、最初は可愛かったんですけど
後半は普通の敵になってしまったのがちょっと惜しい。
この変化はグリッドマンのアレクシスに似ていましたね。
夕里編と比べるとパワーアップしているはずなのに
あっさり倒された感があるのも勿体ない。
でもここは燃えゲーではないので仕方ない面もあるかな。


まとめ。
夕里編より勢いが落ちた感はありましたけど、
これは自分がマーヤより夕里が好きというのも大きいか。
とはいえ、マーヤ自身は可愛かったですし、
おっぱいやお尻に癒される話だったので満足度は高いです。
お手軽イチャラブ魔法少女ものとしては
前作に引き続き優等生的な作品ではないでしょうか。

次の鹿子編も購入することは確定しているのですが、
夕里マーヤが非常に単純な娘だったのと比べて
鹿子はちょっと扱いが難しくなるかな?
とはいえ宿ガルの雰囲気を考えると
あまり重くなってしまうのもどうかと思いますし、
可愛らしいめんどくささを見せて欲しいところであります。
2018/12/15

『和香様の座する世界』体験版 感想

公式はこちら。
みなとカーニバル『和香様の座する世界』応援中!
マジ恋で有名なみなとそふとの関連メーカー、
みなとカーニバルの新作である
『和香様の座する世界』を体験してみました。

みなとそふとといえばタカヒロシナリオ。
それに対してみなとカーニバルのシナリオライターは
色々な有名どころを引っ張ってくるイメージですが
今回のシナリオライターはなんと田中ロミオ氏。
これまた大物を引っ張ってきたもんです。

今回の体験版は、主人公が謎の神・和香様を復活させて
様々なドタバタに巻き込まれていくという内容。
ロミオ作品としては衒学的な雰囲気は抑えめで、
家族計画やRewriteに近い雰囲気を感じました。
まあ日本神話とか妖怪とか出てきますけど、
オタク的には常識と言える範囲内ではないかと。

この作品の魅力はなんといっても和香様ですね。
偉そうなポンコツキャラというのはロミオ氏の得意技。
今回の和香様は復活当時こそ怖かったものの、
物分かりは良いですしツン要素はほぼないですね。
むしろやっすい料理で喜んだり褒めたりしてくれるので
甘やかし系の変化球みたいなところがあります。
ツン要素は妹である琉々葉に全部取られてますが、
姉妹ともにおバカなところがとても可愛いかったです。
ミドルプライスだからヒロインは2人っぽいですが、
2人とも面白くて可愛いのでこれなら問題なしですね。

ふることぶみはどこまで増えるのかなー。
選択肢潰しを強制されるので
あまり増え過ぎるとめんどくさそうですが…。


まとめ。
和香様が面白可愛かったので買います。
偉そうさとおバカさが絶妙で見てて飽きません。。
ヒロインは少ないですしボリュームは控えめっぽいですが、
そこらへんはミドルプライスということですし、
よっぽど短くなければ満足できるでしょう。
久々のロミオゲーなのでしっかり作っていただきたいところ。
2018/12/10

『封緘のグラセスタ』 感想

公式はこちら。
「封緘のグラセスタ」応援中!
RPGメーカー・エウシュリーの新作である
『封緘のグラセスタ』をクリアしてみました。
あくまで1周しただけの感想です。

クリアした印象としては割と無難なRPGという感じ。
レベル上げやアイテム収集、ダンジョン探索が嫌いでなければ
そこそこ楽しめる内容になっていると思います。

「そこそこ」というのは、楽しめたものの
引っかかる部分も多かったというのがあります。
ヒロインはどいつもこいつも魅力的ではあったものの、
個別イベントが少なめなのが惜しかったですね。
小さなイベントでいいので可愛さをアピールできるイベントが
各ヒロインにもう3~4個あれば満足感がだいぶ違ったはず。

シナリオの方は主人公がグダグダ悩まないこともあって
最後までテンポよく進みました。
ただ、最短距離で王になった感があるので
合間に2章ぐらい外伝的な話があってもよかったかなー。
主人公の部屋が魔族も天使もいる魔境になってるんだから
このシチュをもっと生かして欲しかったかも。

ゲーム部分もまずまずという感じでしたね。
HP共有性は若干味気無さがありますが、
キャラが落ちないので戦力管理しやすいのはメリットか。
それ以外の戦闘システムはよくあるものですけど、
再行動が強力過ぎるバランスは気になりました。
ラスボス戦で再行動連発されると一瞬で全滅する反面、
再行動が出なければあっさり勝ててしまいます。
味方も再行動をつけずに戦ってちょうどいいぐらいですし、
再行動スキル自体いらなかったような気がしますね。
2周目のやり込みステージでは必須かもしれませんが。

あと、UIの導線がちょっとめんどくさかったですねー。
アイテムのやり取りやスキル付け替えがなんか手間取る。
売りであるアイテム強化も面倒くささが目立ちました。
メニュー画面のキャラやアイテムの表示スタイルを弄れば
もっと効率よく動かせそうですが…難しいかな。
あと次の行き先へのヒントはもう少しバラ撒いても良かったかも。
高炉層への生き方が分からずしばらくさ迷ってました。


まとめ。
最近スマホゲーばかり触っていたので
しっかりとクリアできるか不安だったのですが、
無事、30時間弱プレイしてクリアすることが出来ました。
割と引っかかる部分は多かったのですが、
これだけの時間プレイできる面白さがあったのも確か。
エウ好きなら買って損はないレベルはキープしていたかと。
キャラが良かっただけにもう少し各自を掘り下げて
更に上を目指して欲しかったところですけどね。