FC2ブログ
2019/02/16

『コードギアス 復活のルルーシュ』 感想

見てきました!
TVシリーズはあれはあれでよい終わり方でしたけど
やっぱビターエンド的なやるせなさは残っていたりして、
モヤモヤを抱え続けてきた人は多いのではないでしょうか。
本作はそんな気持ちに見事に応えてくれる映画だったと思います。

内容としては、とにかくC.C.が可愛いということに尽きますね。

…つーかほんっっっっと可愛過ぎてやばかった!!!!

自分はギアスヒロインではC.C.派だったので死にました。
全ての感想が吹き飛んで「ルルC.C.最高」だけが残るレベルです。
いや見る前からC.C.が正妻というのは聞いていましたけど、
まさかここまで凄まじい破壊力だとは思ってなかったですよ…。

まず序盤、壊れたルルーシュを連れて世界中を回るシーンだけで
「もう無理…しんどい」ってなりますし尊さが強過ぎる。
何もできないルルーシュを食べさせ、荷物を持ち、
危険からは守るという母親ムーヴでもういきなり泣きそう。
前情報でバブみを感じるとは聞いていたんですけど、
思っていたレベルを遥かに超えていました。
劇場で何度のたうち回りそうになったことか。

ルルを連れて旅してたのがカレンにバレた時のC.C.の挙動が
親にえっちな本見つかった時と同じで笑いました。
ルルーシュを復活させたことをカレンに攻められて
完全に自分の身勝手故だと返すところもいいですよね。
こうね、周囲だけでなくルルーシュ本人にとっても
死なせておいた方がいいのかと思いつつも、
自分の気持ちのため復活させようとしているのがたまらんです。

ルルーシュが復活してからの正妻っぷりも完璧で、
空気を読むべきところ出てくるはしっかり読みつつも
要所要所ではルルーシュをサポートしてるところが素晴らしい。
やっぱこの二人には複座ナイトメアが似合うよ。
更にルルーシュがヘタれそうになったときに銃口を向けて
自分の想いを叫ぶシーンがこれまたエモいんですよね…。

ラスト、C.C.がナナリーと和解したルルーシュを置いて
一人で去っていくところはホント期待通りでしたし、
心の中で「ルルーシュ行け!行け!」って思ってたら
ルルーシュが追っかけて来たところでこっちも涙腺崩壊ですよ。
もう一生二人で幸せになってくれってもんですよ。
ホント自分のカプ厨的好みを刺激しまくってくれる作品でした。
満足し過ぎていまだに思い出したらクラクラしてきます。

この映画の殊勲賞は間違いなくC.C.でしたけど、
他のキャラも締めの映画に相応しく活躍してましたね。
TV版だと悲劇的な別れ方をしたキャラたちが
一丸となってナナリーを助ける展開はまさに最終決戦。
ルルーシュが生きてたと分かった時にスザクが
嬉しさ混じりでマジ切れしてるシーンはエモかった。
実際ルルーシュは死んでたので騙したわけではないですけど、
それでも黙って殴られるルルーシュがまた良い。
そうだよな…お前たちはそういう関係だよな…。

カレンと咲世子とロイドもめっちゃ出番多かったですね。
素直になったカレンの反応には癒されます。
こやつもなんだかんだでC.C.とはいい友達だよなぁ。
咲世子は生身戦闘が非常に多かったですし、
ロイドもやたらと激戦区に放り込まれてメガネ大活躍でした。

スザクとカレンがデカブツで出撃して苦戦…かーらーの
パージ無双は相変わらずのバケモノっぷりで痛快。
パージする前のカレンの平謝りにはめっちゃ笑いました。
大量のザコを相手にしつつボスまで落とした
コーネリアとギルフォードの活躍も十分過ぎますし、
逆転のヒントを出した扇と玉城もナイス。


いやはや、個人的には大満足の作品でした。
ルルC好きとしてはホント、よくやってくれたとしか。
限られた時間内での強引な展開や出番の偏りはあるので
流石に万人におススメとまでは言いませんが、
ルルーシュとC.C.のゴールが見たい人にはおススメ、
ルルC好きなら絶対に見とけってレベルでしたね。
映画館で尊さのあまり悶えそうになったのは初めてかも。
10年経って推しカプがハッピーエンドを迎える…
こんなことがあるからオタクは辞められないですね。
2018/12/09

『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』 感想

見てきました。
ガンダム映画を劇場で見るのは00以来です。

ざっくりした感想としては、
面白かったけど新鮮さや爽快感は少なかった、
という感じですかね。

戦闘はかなり多くて森林地帯での奇襲や超高速戦闘、
コロニー内戦闘とバリエーションも豊か。
これだけでロボットアニメ好きなら見て損なしでしょう。
特に序盤のディジェの動きやナラティブA装備の戦闘は
スピード感溢れててて何度も見たくなる出来でした。
ここは公式の無料配信で何度も見ることができますけど、
それだけ自信がある出来ってことでしょうか。

逆にコロニー内での戦闘はF91の方が良かったです。
F91にあった空薬莢に当たって死ぬようなエグさがない。
今回やる気があったのはゾルタンだけというのも大きいか。
予告を見て随伴機も交えたゴチャゴチャの市街地戦闘を
見られるかと期待していただけにちょっと残念でした。
ガンダムなのにインコムかよ発言は面白かったですが。
(Mk-VやSガンダムの存在は…)

ネオジオングもビームや触手で頑張っていましたけど
やっぱMAはもっさりした戦闘になってしまいますね。
超兵器としてのやばさは伝わってきましたけど、
メカアニメとして驚くような戦い方がなかったのが残念。
MAとしては00のガデラーザのような超高速で
超火力をバラ撒いていくような戦い方の方が好きですわ。

ストーリーに関しては福井さんらしい無難さでした。
幼馴染3人組の過去や、フェネクス捜索から
地球の危機へつながる自然な流れは熟練技ではあるのですが、
これまたよくある展開なので意外性はほとんどなかったです。
死者の力を借りてというのはガンダムではよくありますが、
だからこそ焼き直し感が強くてマンネリ気味でしたね。
ミシェルの死に方はSEEDを思い出してしまった。
執事や隊長のキャラも悪くないんですけど、
他のアニメでもいそうな分かりやすい感じでしたね。
ここら辺は尺が短いので仕方ない面もありますが、
ビルギットとかはもっと印象に残るキャラだったからなぁ。


そんな感じで、ガンダムファンとしては楽しめましたが、
これまでのガンダムの復習という感じが強く、
新しいガンダムとしての勢いはあまり感じられなかったです。
これはニュータイプとサイコミュという設定自体が
古くなっているという面も大きいような気がしますが、
福井さんはこの辺りの設定が好きそうだからなぁ。

ガンダム好きからは賛否が分かれる作品でしょうけど、
その賛否を考えることで自分のガンダムに対する思いを
改めて深めることができるのではないでしょうか。
良くも悪くも一見の価値のある作品でした。
2018/11/21

ゾンビランドサガ第7話 感想

『けれどゾンビメンタル SAGA』

ゾンビランドサガ7話がアイドルアニメとして完璧過ぎた件。
いやね、最初はなんか面白いネタアニメだなーと思って
見ていたのですがね、まさかここまでやってくれるとはなー。

前回6話で喧嘩別れした愛と純子。
まずこの時点からして既に僕好みなんですよね。
自分のアイドル観を持ってる娘たちがぶつかり合うの良い。
僕は昭和アイドルも平成アイドルも好きですぞ。

方針の違いから引き籠ってしまった純子。
愛と並んでトップアイドル経験者であり
フランシュシュの主力である純子がいないのは痛過ぎる。

しかしここでついに幸太郎が動く!
今までも奇行が目立つものの仕事はしっかり取ってくるなど
さりげなく有能っぽさがあるように見えましたが、
純子を激励する幸太郎の姿は完全に有能Pそのものでした。
個性を生かせ。生かすために仲間とステージに立て。
これな! これこそ僕がアイドル物に求めてたものですよ!
ホント、アイドル物としては最高の説得シーンでした。
その後「扉を直せ」と押し付けるのも幸太郎らしい。

立ち直った純子が轢かれるのも期待通り。
しかしその後に純子が自分は昭和のアイドルだと
堂々名乗り上げるのはカッコ良かったなー。
「俺がガンダムだ」とかそういう宣言っていいですよね。

そしてついに始まったライブシーン。
脇役ユニットが意外とちゃんとライブしてたのは良かった。
こういうシーンがあるとお祭りなのが実感できますね。
緊張してハートが飛び出すちんちく可愛い。
たえとサキはなんかいいコンビになってきたな。

いよいよフランシュシュの出番が来たものの、
かつて落雷で死んだ愛はやはり実力が発揮できずボロボロ…
かーらーの、純子がセンターに飛び出す流れがもう最高。
純子の歌声クッソかっこいいですし、
そこから皆で立て直していくのも最高過ぎます。

落雷とゾンビ設定を生かしたライブ後半も最高でした。
愛のトラウマをゾンビ設定で吹き飛ばしたのは見事ですし、
ライブを続行させた幸太郎もファインプレー。
今回の幸太郎はほんま有能P過ぎる。
帯電パワーを使ったライブはまさに伝説誕生という感じ。
泣いてるデスおじに完全に感情移入してしまいましたよ。

そんな感じで今回は最高オブ最高な回だったので
久々にアニメの感想を書いてしまいました。
自分がアイドル物に求めている要素というのがありまして、
まずアイドルが自分にとっての理想のアイドルについて
しっかりビジョンを持っていること、
アイドルをフォローするPの活躍が描かれていること、
ライブ本番中のドラマが描かれていることなどがあるのですが、
今回はそこを見事に抑えてくれた内容でした。
これだけドストライクな回は滅多にないですが、
それをやってくれたゾンビランドサガには感謝しかない。
これは最終回にも期待させていただきます。
2017/04/02

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第50話 感想

『未来もいい日に』

次々と脱出する鉄華団メンバーですが、
三日月と昭弘のガンダムコンビは殿に残ることに。
最後の最後でガンダムの名前を名乗りあげるの、いいなぁ。

たった2機といえどこちらはガンダム。
ギャラルの雑兵では歯が立たず撃破され続けるものの、
そこへ例によってダインスレイヴが炸裂します。
序盤はMSの数が勝負を決める感じだったのに
ここ最近はダインスレイヴの数で決まる感じですね…。

バルバトスとグシオンは大破したものの戦闘は続行。
瀕死の昭弘ですが眼前にイオク様が現れたことで奮起し、
最後の根性をひねり出してイオク様を討ち取りました。
イオク様の悪運も昭弘の執念には及ばなかったか。南無。

三日月とバルバトスも雑兵相手に猛威を振るうものの、
最後は同時に力尽きる形でジュリエッタに討たれました。
三日月の独白は切なかったですね。
何も持ってなかった彼が最後に数々の絆を自覚したのは
僅かでも救いになってくれたと思いたい。

そしてエピローグ。
マクギリスと鉄華団は討たれたものの、
火星は独立性を強め世界は少しずつよい方向へ。
ラスタルとクーデリアはヒューマンデブリの救済に合意。
ガエリオとジュリエッタが仲良さそうなのは微笑ましい。
鉄華団組の大部分は幸せな道を歩み始めた一方で、
ライドのように暗殺者として堕ちる者もいて…。

最後は三日月とアトラの子供、アカツキが出て物語は終了。
でもアカツキよりもアトラちゃんの成長に驚きだよ。

そまあそんな感じで終わってしまった鉄血。
色々言われそうな終わり方ですが結末は嫌いじゃないです。
ただ、そこに至る経緯で雑な部分があったのも確かで、
こういうオチにするならマッキーに対するガエリオ、
三日月に対するジュリエッタの描写をもっと増やせば
すっきりしたと思いますし、ダインスレイヴ無双や
オルガの最期についてももっと凝って欲しかったところ。
話の筋自体は好きなので構成をやり直して欲しいですが…
まあ今回は劇場版もなさそうだし難しいか。
こういう新興組織の隆盛から衰退までの流れって
個人的にはかなり好きなので惜しい。
2017/03/26

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第49話 感想

『マクギリス・ファリド』

オルガ、普通に見張りに殺されたっぽい。
これ完全に油断して姿を晒したオルガの失態っすね…。
オルガの死に直面しても落ち着いている三日月。
少しは動揺するかと思ったけどそこまで柔じゃなかったかー。
普通ならここで動揺して立て直すまで数話使いそうですが、
これでもブレないというのが三日月の個性でしょう。

地上では鉄華団基地への総攻撃が開始された頃、
宇宙でもマッキーがラスタル艦隊への突撃を開始。
マッキーはこの期に及んでも諦めていないどころか、
むしろ単機でラスタルを討つことに燃えている様子。
たった一人の力でも世界を変えられることを証明することで
虐げられている者たちに希望を与えるというその考え、
理解できなくもないですが、その先にあるのは修羅の国。
今の世界に満足する者たちには受け入れられない考えです。

そんなマッキーの前に立ち塞がるのはやはりガエリオ。
二人の因縁もいよいよ決着の時か。
一方、地上ではハッシュが死にそうに。
いや機体が爆発してないので生き残る可能性もありますが、
最近の流れを見ていると死んでそうな気がします。
しかしハッシュがやられたとき三日月がちょっと焦ってるの、
最初と比べて随分仲良くなった感があって良いですね…。

バエルVSキマリスの一騎打ち。
今まで大人の汚い強さを見せ付けてきたラスタルも
この戦いは見守る構えのようで、二機は激しく激突します。
アインの力を持ってしても押され気味だったガエリオですが、
機体のダメージを考えない無茶な攻撃によって
戦いの流れは徐々にガエリオ側に傾いていきます。
はぁー、お互いの機体がボロボロになっていくのたまんねぇ!
そして最後は両機体ともに大破と。
久々にいいロボットバトルを堪能させて頂きました。

気体を捨てて脱出したマッキーの前にガエリオが。
仮面が銃弾を弾くシーンはちょっとギャグっぽいなぁ。
でもマッキーとガエリオのやり取りはちょっと泣けました。
マッキーがガエリオやカルタと一緒にいるときを
本当に心地よく感じていたというのは切ないですし、
ガエリオがマッキーを許しそうになるのもまた切ない。
この二人の関係は本当に好きだなぁ。

さて、後は鉄華団が何人生き残るかですが、
物語の盛り上がりとしてはちょっと苦しいか。
一応、地上にはジュリエッタが向かっているとはいえ
三日月とのバトルが今回ほど盛り上がるとは思えないですし、
どうにも消化試合的な印象が拭えません。
こういう予想を裏切ってくれるといいのですが…はてさて。