手を出したものの感想を書き溜める場所
『恋愛フェイズ』体験版 感想
公式はこちら。
『恋愛フェイズ』応援中!
大手メーカー戯画の新作萌えゲーである
『恋愛フェイズ』を体験してみました。
戯画の萌えゲーといえば妙に設定に凝っているものと
ごく普通の設定のものが交互に来るイメージですが、
これは後者側の普通の萌えゲー枠に当たります。

体験版の内容はダイジェストとエロシーンの詰め合わせ。
個人的にはダイジェストだと話の雰囲気が掴みにくいので
あまり好きではないのですが、この体験版の場合は
シーン数を増やすことでそこをカバーしています。
それでもやっぱり、序盤の1時間程度を
普通にプレイできる方がありがたいとは思いますが。

一応各ヒロインに焦点を当てるシーンもあるので
ヒロイン紹介としての役目も十分果たしていますね。
…と思ってたら、5人目のヒロインがいるんかい。
まあ、ある意味隠しヒロインに近い存在ですし
体験版で隠したのもわざとでしょうけど。

恋人のいない主人公が一念発起して動き始め
不器用ながらも女の子に声をかける姿は好感が持てます。
ただ、ヒロインにだだ甘お姉ちゃんがいるのを見ると
そこまで頑張る必要があるのかはちょっと疑問かも。
この設定ならデレキャラなしスタートでも良かった気が。
ツンキャラに対するデレキャラを用意した方が
日常会話の雰囲気が良くなるとは思いますけどね。

体験版のヒロインはツン担当の霞、デレ担当の涼羽、
癒し担当のゆき、ロリ担当のこころの4人。
この中では年下幼馴染のこころが好みです。
公式サイトを見ると5人目が紹介されていますけど
げっちゅ屋などの紹介ページでは隠されてますし
見せたいのか隠したいのかよく分からん扱いですね。
とはいえヒロインの属性バランスは悪くないですし、
ツン担当の霞にしても抜けているところが結構あるので
それほど当たりがキツいようには感じられませんでした。
萌えゲーとしてはなかなか良いキャラ付けではないかと。


まとめ。
戯画らしい萌えゲー。
特にインパクトのある設定も展開もないですが
それだけに気を張らずゆる~くプレイできそうです。
とはいえ、他の萌えゲーとの差が付きにくいのも確か。
サイトでアピールしているイチャラブ要素にしても
今時の萌えゲーでは珍しいことではないですし、
もう少し何かしらの個性が欲しかったところです。
自分的には5人目のヒロインがツボっぽいので
体験版で本格参戦するシーンが見たかったです。

9月は他にも色々と話題作が出るのですが、
逆に普通の作品をプレイしたいのなら
この作品をチョイスするのもありかもしれません。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
参考になりました!!
2015/09/27(日) 09:10:17 | URL | 名無しさん@ニュース3ch #3/VKSDZ2 [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
そう言って頂けるとありがたいです。
2015/09/28(月) 23:03:03 | URL | 四階堂 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック