手を出したものの感想を書き溜める場所
『鬼手 小早川秀秋伝』大塚卓嗣 感想
鬼手 小早川秀秋伝
鬼手 小早川秀秋伝
posted with amazlet at 17.02.23
大塚 卓嗣
光文社
売り上げランキング: 510,057

小早川秀秋と日本史では裏切り者の代表みたいな扱いですが、
この本ではそんな小早川秀秋を主人公にしています。

基本的に無能として描かれることの多い秀秋ですが、
今回は主人公だけあってなかなか有能な動きを見せます。
小さい頃は才気を感じさせながらも秀吉が乱心すると
小早川家に非難して粛清回避のために無能を装う。
三成が挙兵すると即座に東軍に連絡を取りつつ
西軍の中核戦力としてできるだけダラダラ行動し、
東軍の岐阜進出を助け、更に京極家を仲間に引き込むなど
裏切り以外でも東軍の勝利に大きく貢献しています。

流石に主人公補正は大きいものの、関ヶ原の合戦前哨戦での
小早川の不可解な動きを見るとある程度説得力はありますね。
伏見での鳥居元忠との会談は面白かったですね。
数の力を信じる秀秋に対して決死の精鋭を信じる元忠。
どちらが正しいかはともかくとしてこの会談が
後の秀秋に大きな影響を与えたことは確かです。

肝心の関ヶ原本戦はというと、この本ではまず秀秋が
松尾山を奪った時点で宣戦布告をしたという解釈。
つまりまず小早川勢から手切れ宣言したわけで、
西軍が松尾山を攻めているうちに家康が到着してから
一気に西軍を攻め潰すという作戦だったわけで
これなら例の裏切り問題は発生しないはずだったのですが、
ここで三成が取った作戦がまさに鬼手でした。

それは松尾山を西軍の陣として取り込み
小早川勢が西軍だと大きく宣伝するということ。
これによって小早川勢が西軍をに味方しない場合は
裏切り者として世間の評判はがた落ちになり、
今後の政権での出世の芽も潰すという恐ろしい一手です。
そして西軍は敗れたもののこの策は見事に当たって
小早川秀秋の名前は地に落ちることに…。

とはいえ秀秋が生きていれば挽回できたんでしょうけど、
それからすぐに死んでしまうから救われない。
しかも毒殺で黒幕は最初から出ていたあの男という
ミステリー的などんでん返しも備えているのですが、
これについては若干強引過ぎた感じも。

しかし関ヶ原中の秀秋の行動を東軍のためと仮定して
再構成しているのは面白かったですし、
何より秀秋主人公という目新しさが良かったです。
今後も新鮮な楽しさを生み出し続けて欲しいですね。

テーマ:時代小説 - ジャンル:小説・文学

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第44話 感想
『魂を手にした男』

ついにギャラホ掌握に動き出したマッキーですが、
ガエリオとラスタルは即座にカウンター演説を行うことで
他のセブンスターズの動きを封じようとします。
息子を殺されかけたガエリオパパは怒り心頭。
他の老人たちもマッキーの味方にはならないようで…。

一方、ラスタルはガエリオ、イオクの心を掴み、
伝説頼りのマッキーとは格が違うところを見せ付けます。
腐敗を一掃する革命を主張するマッキーですが
かつてのアグニカ伝説に頼るマッキーよりも、
ラスタルの方がまだ実力主義に見えるような。
実際、いきなり伝説を持ち出されても
仲間になるのは考えの浅い青年将校ぐらいで
まともな人間だと仲間になってくれないでしょう。

しかしマッキー、アルミリアへの態度だけは真摯に見える。
アルミリアは明らかに雰囲気に流されて堕ちてますけど
あの娘はまだまだ子供だから仕方ないかもしれません。

セブンスターズの老人たちはマッキーへの強力を拒否。
マッキーへもラスタルへも協力しないという
一見汚く思える実に大人らしい対応ですが、
銃を持つ兵士に囲まれてこれを言えるということは
老人たちも見た目以上に肝が据わっていたということか。

静かに鉄華団に寄り添う大人たち。
デクスターさん、真っ先に逃げ出していいのに偉い。
まともな考えを語れる人間がいれば良かったんでしょうけど、
修羅場を潜ってきた子供たちの前ではなかなか難しいか。
メリビットさんもおっさんもいい人ではあるのですが。

ザックの逃げるべきだという考えは実に正しい。
こいつがポストビスケットの位置まで出世していれば
鉄華団ももう少し上手く立ち回ることができたかもですが、
ことここに至ってはどうしようもないですね。
考えるのは全部オルガ任せだからなぁ。

マッキーをぶん殴るオルガ。
改めて考えてみると情が原動力であるオルガにとって
マッキーは最も手を組んではいけない相手なのでは。
とりあえずあと1回だけマッキーに付き合うと言ったものの、
その1回が命取りになりそうな予感がヒシヒシと…。

そして日月とアトラちゃんが今から子作りしそうな
いい雰囲気になったところで次回へ続く。
しかしクーデリアさん、見事に蚊帳の外に置かれたなぁ。
このまま行くと学のないオルガたちと
育ちの悪いマッキーが無理な行動を起こして
大人たちに叱られる話になりそうですが、はてさて。
とはいえここからマッキーと鉄華団が勝ったとしても
スッキリしないでしょうしどうなるんだこれ。

テーマ:機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ - ジャンル:アニメ・コミック

『新選組颯爽録』門井慶喜 感想
新選組颯爽録
新選組颯爽録
posted with amazlet at 17.02.15
門井 慶喜
光文社
売り上げランキング: 592,455

門井さんによる新撰組を題材にした短編連作集。
内容としてはメジャーな人物の短編が3本、
マイナーな人物の短編が3本の計6本になっています。

メジャーな人物は他の作品でも散々書かれているので
独自の描写を出すのが難しいところはありますが、
剣術下手で戦闘力の低い土方や、山南と沖田の関係など、
面白い掘り下げ方をしていて楽しむことが出来ました。
芹沢の暗殺についてはこれまた使い古された素材で
本作でも特に目新しい展開もなかったのですが、
それでも面白いのは芹沢という人物の魅力ゆえですかね。
新撰組序盤の障害としてはこれ以上ない存在感ですし。

一方、マイナー人物側は凡人から見た新撰組という感じで
それぞれ登場人物をより自由に掘り下げています。
安富才助、村山謙吉、尾形俊太郎と各主人公を並べてみても
新撰組に詳しい人でなければまず分からないのでは。
しかしどの人物も地味なりに自分の生き方を貫いている点が
評価されているので、読後には爽快感が残りました。

特に尾形俊太郎の物語は痛快でしたね。
思想もなく給金目当ての文官として新撰組に入り、
度胸も機転もないせいで周囲に馬鹿にされながらも
ひたすら真面目に文筆仕事に励んだ結果が
近藤に評価されるというのはやっぱり気持ちいいです。
そして安定の悪役・武田観柳斎。
この人がかっこよく書かれる時代は来るのだろうか…。

新撰組の本を読む前にはいつも今更感を持つのですが、
読んでみるとなんだかんだで面白いですし、
きっとこれからも読み続けることになるんでしょうね。
本当に美味しい素材だと思います。

テーマ:時代小説 - ジャンル:小説・文学

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第43話 感想
『たどりついた真意』

ついに決起したマクギリス一派。
しかしギャラル本部は掌握したものの各支部は様子見。
更に宇宙ではラスタル艦隊が健在でまだ状況は読めません。
これだと反乱を起こすのは早まったように見えますが
マッキーにはまだ何か秘策があるようで…。

ここでマッキーの過去が判明。
スラム育ちだったのがファリド公に拾われて
慰み者にされつつも伸し上がったという
物語としてはよくある悲惨な環境という感じでした。
もう少し捻って欲しかった感はある。

ギャラル本部地下に封印されたガンダムバエル。
アグニカの魂が入ったこれこそがマッキーの切り札でした。
早速乗り込もうとするマッキーですが、
そこにヴィダールが現れついに彼の正体が明かされます。
ここでガエリオ以外だったら視聴者大爆発でしたけど
そんなことはなく普通にガエリオの素顔が現れました。
ガエリオは顔の傷のせいで渋くなっているものの、
自分としてはもっとメカ化していると思っていました。
いや仮面の目とかめっちゃ光ってましたし。

ガエリオは育ちのよさ故にマッキーに憧れつつ
本気で親友だと思ってたんですね…。
ガエリオとしては自分を殺したことへの復讐ではなく、
愛情や友情よりも権力を優先するマッキーの生き方を
否定するために戦うという結論に達した様子。
なんだろうこの主人公っぽさ。熱いぞガエリオ。

マッキーとの一騎打ちを望んでいるガエリオですが、
そこに三日月とバルバトスが登場しガエリオと激突。
初手こそ三日月に譲ったガエリオですが、
ついにガンダムヴィダールに秘められた力を解放します。
それは大方の予想通りアインの阿頼耶識システムでした。
アインの脳を解することでガンダムヴィダールは
全開モードの阿頼耶識と同等の能力を使えるらしい。
その言葉に偽りなく、ガンダムヴィダールは
バルバトスに対しても押し気味に戦闘を進めます。

しかしガエリオのことを語るヤマジンさんの顔。
彼女はガンダムヴィダールの謎を知っているようですが、
阿頼耶識のヤバさを知っているのにとても嬉しそうです。
ここの表情だけでヤマジンさんの株が爆上げですよ。

ガエリオの力はマッキーにとっても予想外でしたが、
マッキーもバエルを起動し状況は2対1に。
不利を悟ったガエリオはかつて三日月を
侮辱したことを謝罪し一旦この場から撤退します。
今回のガエリオ、徹底してかっこいいぞ。

バエルを起動したマッキーはギャラルの正当支配者として
自らの力を主張するものの、ラスタル陣営はカウンターとして
ガエリオがマッキーのことを糾弾したところで次回へ続く。

今回でマッキーの計画が明らかになったわけですが、
果たしてバエルの存在だけでギャラルを支配できるのか。
ラスタルの読みどおり失敗というかむしろ敵を増やしそうな?
しかもバエルの中にアグニカがいるというのが怪しい。
なんだかラスボスがアグニカになりそうな気もしてきましたよ。

テーマ:機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ - ジャンル:アニメ・コミック

『親鸞』三田誠広 感想
親鸞
親鸞
posted with amazlet at 17.02.09
三田 誠広
作品社
売り上げランキング: 94,334

浄土真宗の開祖として有名過ぎる親鸞の物語。

この作品の親鸞は基本的にはクソ真面目な求道者ですが、
自分でもそれを自覚していて要所要所で
その真面目さから脱却しようとしているのが面白いです。
教義である仏を信じれば悪人でも救われるというのは
当時としては型破りな考えだったわけですが、
本人も修行の場である比叡山を降り肉を食べ妻帯するなど、
端から見ると破戒僧と思えるような行動を取っています。

ただ、こういった行動も師の法然から真面目過ぎると
注意されたせいであり、その結果真面目にハメを外そうと
行動している姿にはどこか愛嬌を感じますね。
最初から衝動のままに行動するのではなく
何事も考えてから行動する真面目さは一貫しています。

しかし肉食妻帯という民衆に近い行動こそが親近感を生み、
じわじわと勢力を拡大していったというのは納得。
当時の民衆や武士からすれば仏に救われるのは
厳しい修行をする僧だけで、それがかえって仏に対する
信仰心を遠いものにしていたのかもしれません。
本作では、親鸞の師である浄土宗の法然や
高野山や善光寺の聖などを絡めることによって、
知的階級だけのものであった仏教が民衆のものへと
少しずつ変化していく流れを分かりやすく描いています。

そんな親鸞も私人としては褒められたものではない。
自分も父親の愛情を受けられなかったとはいえ、
自分の息子に対しても親としては放置同然の対応ですし、
その結果息子が邪教に走ってしまったのは手痛い失敗です。
他人から見ると穏やかで尊敬できる聖人なのですが、
身内に対して激しい愛情を表せなかったのは
彼にとっては大きな欠点だったのかもしれません。

貴族から武家へ権力が移り変わる大きな流れと、
それに伴う末法思想による仏教の変化を絡めつつ、
親鸞という人物を深く掘り下げた読み応えのある作品でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学