FC2ブログ
2019/11/09

『隠蔽人類』鳥飼否宇 感想

隠蔽人類
隠蔽人類
posted with amazlet at 19.11.08
鳥飼否宇
光文社
売り上げランキング: 678,137

人類とほぼ同じ外見をしながら遺伝子情報が異なる
「隠蔽人類」に関するゴタゴタを描いたバカミス。
物語は5つの章から成り立っているのですが、
どの章も最後は強引などんでん返しが炸裂します。

最初に隠蔽人類の設定を見たときには
科学的な内容になるのかと思っていましたし、
実際序盤では結構真面目に研究していたのですが
1章の最後まで進むと「ああ、バカミスだな」と。

しかしバカミスとはいえミステリーなので
ちゃんとしたギミックもたくさん仕込まれています。
隠蔽人類の正体についてはとんでも理論であるものの、
最初の章からしっかり伏線が仕込まれていましたし、
毎回最後に探偵役が殺される展開は共通しているのに
殺され方が凝っている点も良かったですね。
探偵だけでなく犯人も次々と変わっていくので、
毎回気持ちをリセットして予想できたのも新鮮でした。

最後も全力で舞台をぶち壊して終わりましたし、
バカミスらしい爽快感はしっかり得ることができました。
真面目な人にはオススメできない小説ですが、
バカミスが好きなら楽しめる作品だと思います。
2019/11/01

『分かったで済むなら、名探偵はいらない』林 泰広 感想

分かったで済むなら、名探偵はいらない
林 泰広
光文社
売り上げランキング: 950,711

とある酒場で飲んでる刑事が居合わせた客の話を聞いて
事件の真相を推理していくという短編集。
ジャンルとしては安楽椅子探偵になるのでしょうか。

面白かったのは推理の小道具として
「ロミオとジュリエット」を使っている点。
どの短編にも共通しているのは、
「ロミオとジュリエット」を様々な登場人物視点で再構成し、
それを現実の事件に重ね合わせることによって
真相に辿り着くという流れですね。

私は「ロミオとジュリエット」は大昔に読んだだけで
今となっては話の内容すら覚えていないレベルなのですが、
ロミオとジュリエット以外の人物に感情移入することで
まったく違った様相を見せる物語を見ていると、
非常に深みのある作品であるように感じられました。

どの話も事件の話を聞く→ロミジュリの視点ネタ→
事件の視点を変えて解決というパターンなのですが、
最後までまったく飽きずに読まされたのはお見事。
あと、最初に語られた「106は素数」の謎にも
綺麗に決着をつけてくれたのが気持ち良かったです。
2019/10/29

『スレイヤーズ17 遥かなる帰路』神坂一  感想

スレイヤーズ17 遥かなる帰路 (ファンタジア文庫)
神坂 一
KADOKAWA (2019-10-19)
売り上げランキング: 103

めっちゃ久々のスレイヤーズの新作…
と思いましたけど、そういや去年出ていましたね。
第3部開始の前触れかとは思っていましたけど、
本当に新章が開始されるとなかなかに感慨深いです。
なんかもうホント90年代に戻った気分。

さて、今作は第3部の1巻目ということもあってか、
冒頭こそ急展開があったものの、
それ以降は新たない舞台に解説に終始した印象です。

新章といっても魔族側の戦力はだいぶ削られたのでは?
と思っていたのですが、この流れだと今度の敵は神側か?
将軍クラスの魔族ですらリナ相手にビビってるのは
笑いましたけど、確かに今更将軍級を敵にしても
それほど強敵!という印象がないことも確かですね。

そこで今作で敵となる竜族が出てくるわけですが、
魔族とはまた違った戦い方で新鮮ですね。
とはいえスレイヤーズ世界の竜族というと
どうしても魔族よりも格下という印象が強いですし、
1巻目ということもあって小手調べという感じ。
実際、それほど苦戦した印象はないですし…というか、
接近戦出来る相手だとガウリィが強過ぎる。
人間相手だとサクサク昏倒させますし、
竜族相手でも近付いてしまえば一刀両断で即死。
あらためてめっちゃくちゃつえーですねこいつ。

バトル以外ではひたすら情報収集してましたね。
結界外の世界なので文字や地理が違うのは面白いですが、
リナの頭の良さもあって適応するのも早そうです。
新キャラ・ランが人懐っこくて戦闘力も高い
便利キャラということもあって話もテンポがいい。

前作16巻は単発だったので別として、
本格的なシリーズとなると楽しめるか不安でしたが、
アラフォーになってもまだ楽しめたということは
それだけスレイヤーズが凄いということか、
自分の精神年齢が成長していないということか…。
ひとまずは両方ということにしておきましょう。
2019/10/27

『大友落月記』赤神諒 感想

大友落月記
大友落月記
posted with amazlet at 19.10.27
赤神 諒
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 316,098

戦国時代初期の大友家の内紛、姓氏対立事件の物語。
この事件を扱った作品は初めて読みました。

話のストーリー自体はなかなか凝っていて、
大友義鑑が死に大友宗麟体制が確立される過程で
とばっちりを受けて滅ぼされた小原鑑元…
という形で、姓氏対立事件を描いています。

宗麟側近である田原紹忍が実力者である小原鑑元と組み
田原親宏を討伐しようとするものの、
親宏の奇策によって逆に紹忍が追い落とされ、
小原鑑元が単独で挙兵させられるという流れは
なかなか緊迫感のある陰謀劇でしたし、
敗北した小原鑑元にしても主君である宗麟に対しては
弓引けないという理由で敗北を受け入れる形にしたのは
格を落とさないように工夫されていると思います。

ただ、前半は話が動かないので結構退屈でした。
中盤で田原紹忍が失脚する辺りからは
話が走りっぱなしになるので全体的に見ると
半分まったり、半分全速力という感じなのですが、
前半はもう少し目を引くイベントが欲しかったかなと。
主人公である吉弘鎮信の性格が地味なので、
日常シーンがあまり面白くならないのが痛いですね。

あと、大友宗麟の気まぐれさを見てると
二階崩れで宗麟が跡を継いだのが失敗としか思えない。
赤神さんの大友シリーズはまだ続くようですし、
果たして男気を見せてくれる日が来るのでしょうか。
…史実を見てると微妙な気がしますが、
このシリーズ自体は面白いので追って行こうかなと。
2019/10/22

『炯眼に候』木下昌輝 感想

炯眼に候
炯眼に候
posted with amazlet at 19.10.22
木下 昌輝
文藝春秋
売り上げランキング: 335,431

織田信長を扱った短編集は数多くありますが、
本作は逸話の種明かしの焦点を当てているのが特徴。
水鏡や山中の猿といったちょっとマイナーなものから
長篠や鉄甲船といったメジャーなものまで扱いつつ、
それぞれの話で面白いギミックに繋げています。

ギミック自体はよく知られているものも多いので
序盤でオチが読める話もあるんですよね。
山中の猿の頭痛の原因とか、鉄甲船の使い方とか、
序盤から伏線がキッチリしていることもあって
すぐにオチが分かる人も多いのではないでしょうか。
意外性という点では最初の水鏡の話が一番かも?

ギミックについては今でこそ常識なのですが、
戦国時代には知られていない知識でもあるので、
その点を上手く利用してあの時代にそこに気付く
信長すげーという流れにしたのは上手いなと。
ただ、どの話もシンプルなギミックを使っているので、
人によっては拍子抜けしてしまうかもですね。
そこをコロンブスの卵みたいに納得できるかが
この作品を楽むための条件になりそうです。

どの短編も楽しめましたが、個人的には
信長の首の行方についての短編が一番でしたね。
長年の謎について一つの答えを貰った気分です。