手を出したものの感想を書き溜める場所
『Rewrite』第13話 感想
第13話「君とかわした約束」

思ってたより凄い勢いで世界滅亡してた。
これまでご町内でのゴタゴタにしか見えなかったのが
一気に大きな事態に発展した感がありますね。

そしてしれっと極大進化してる咲夜。
ゲンさんたちとの戦いにちはやが巻き込まれて
彼女を守るためにって感じなんですかね。
しかしこれはゴジラでも持ってこないと倒せないぞ。

このルートでのラスボスは江坂さんかー。
鍵を殺そうとする江坂さんに対して
身体強化しまくる瑚太朗ですがそれでも能力差は歴然。
この戦いは瑚太朗と江坂さんの関係を知っていると
なかなか切ないものがありますね…。
しかしそこで静流が乱入して戦いは江坂さんVS静流に。
ガーディアン最強同士の対決は熱いですけど、
当然まともな描写があるはずもなく省略されました。
このアニメこんなんばっかだぞ。

ギルパニの犠牲によって瑚太朗が助かったと思ったら
すぐに瑚太朗が樹木化する流れはギャグにしか見えない。
あいつらの犠牲はなんだったのか。
あと篝ちゃんの絶叫シーンもしつこいですね…。

とりあえず今回は全員が消えて終了。
泣かそうとしているのは分かるんですけど
如何せん展開が早過ぎてついていくのがやっとです。
しれっと死んでるっぽい吉野に笑ってしまった。
そしてエンディング後にモノリスの上で涙を流す
篝ちゃんのシーンを見せて2期へと続く。

うーん、かなりモヤッと終わり方ですね。
中途半端に全ルートに足を突っ込みつつ
一番いいところは見せなかったせいでとても物足りない。
作画も戦闘シーンも全体的に微妙でしたし、
BADエンドを見せるため1クールつき合わされたと思うと
ちゃぶ台をひっくり返したくなります。
2期ではもっと上手くやって欲しいところですが…
この出来だと期待するのはちょっと難しいですね。
まあそれでも原作好きなので見るんでしょうけども。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎 感想
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
伊坂 幸太郎
新潮社
売り上げランキング: 4,128

ケネディ暗殺事件を伊坂流に料理したお話。

今回は小説を読んだ直後に映画を見てみたのですが、
やっぱ小説の方が綺麗に纏まっていたと思います。
伊坂さんの話って時系列や設定が凝っているせいで
映像だけだとよく分からないシーンが結構あるんですよね。
原作読んでいたならともかく初見だとかなり厳しそう。

しかし小説の方は相変わらず面白かったです。
逃亡生活を助けてくれる人々が普通の主婦から殺人犯まで
バリエーション豊か過ぎるので最後まで飽きなかったですし、
重さと軽さが絶妙に混じっている雰囲気も伊坂さんらしい。

この手の冤罪物では最後に冤罪が晴れるのが定番ですが、
この話では冤罪のまま逃げ切るというのが珍しかったですね。
20年後には陰謀論が広まっているとはいえ、
結局真相は闇の中というのは独特な読後感があります。
個人的にはこういうモヤッとした終わり方は好きだったり。

しかしそれまで「よくできました」止まりだった青柳が
最後に「たいへんよくできました」を貰うという終わり方には
妙な爽快感があったのもまた事実。
顔を変えて逃亡生活というハッピーとは言えない結末なのに
それを大勝利したかのように感じさせてるのは凄い。
このやりきった感は伊坂小説の特徴の一つかもしれません。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

『Rewrite』第12話 感想
第12話「滅びの歌」

気分転換に収穫祭を楽しもうとするものの、
ルチアと小鳥にあっさり却下されるコタさん。
まあこの状況では当たり前ですね。
でも吉野が忘れられていなかったところは良いなぁ。

結界を破壊して現れたミドウ。
一応、地竜を使えてるところは流石ミドウというべきか。
小鳥は大量の木人を出撃させて足止めするものの歯が立たず、
最後は小鳥の両親の形をした魔物を捨て駒にすることに。
ここらへんは丁寧にやれば泣ける展開でしょうけど、
如何せん展開が早過ぎて盛り上がりに欠けるような…。
肝心なところでいない咲夜も迂闊過ぎるように見えます。
クリボイログとキリマンジャロはまた噛ませ犬か…。

篝を庇ってミドウと戦う瑚太朗ですが戦力差は歴然。
しかし瑚太朗が追い詰められたところで
ガーディアンの精鋭部隊が到着し状況は一変。
篝を狙うガーディアンと、篝を守ろうとする
瑚太朗とミドウというめんどくさい展開に陥ります。

戦いを優勢に進めるミドウですが、ガス欠により死亡。
ミドウたち3人組の過去が描写されたのは初めてだったかな。
ミドウの死に様自体は良かったですけど
戦闘シーンのしょぼさは擁護しようがなかったですし、
地竜さんもただでかいだけで絶望感が少なかったのは残念。

裏世界へ逃げ延びた瑚太朗たちですが、ついに救済が発動。
街には魔物が溢れ森が世界を寝食し始めたところで次回へ続く。
洲崎さん、あっさり殺されたけど彼の生き方は嫌いじゃない。
しかし篝ちゃんの絶叫シーンはシュール過ぎた…。

次回、恐らく最終回でしょうけど、
ここまでの流れを見てると盛り上がるかは微妙だなぁ。
まあアニメでやるには難しい作品だとは思いますけどね。
ともかく、ここまで見たので最後までお付き合いしましょう。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

『悔いてのち』永瀬隼介 感想
悔いてのち
悔いてのち
posted with amazlet at 16.09.17
永瀬 隼介
光文社
売り上げランキング: 669,077

後悔を抱えた男たちがそれぞれ過去のツケを払わされる話。

ストーリー的には妻を失った元刑事の行動をメインにしつつ、
悪のカリスマ、落ち目の政治家の執事という二人の過去を絡ませ
一つの結末を描いていくというものだったのですが、
この三人の中では執事の生き様が突き抜けていた反面、
他の二人の個性が薄くなってしまった感があります。

一番描写が多かったのは刑事についてですし、
彼が抱える過去への後悔も凄く伝わってきたのですが、
後悔について多く語らず綺麗に旅立った執事と比べると
どうしても地味で情けなく感じてしまうんですよね。
それだけ執事の立ち振る舞いが見事だったということですが
作品としては少しバランスが悪くなってしまった気がします。

しかし刑事以上にダメだったのが悪のカリスマ。
冒頭の語りには引き込まれたものの、ここがピークでした。
彼を知る者からは散々持ち上げられてはいたものの、
肝心の本人の人格がチンピラと変わらないレベルでしたし…。

ただ、物足りない部分もあったものの、
秘書、執事として政治家を支えた老人の凄みは味わえましたし、
老執事萌えな人なら一読の価値のある小説だったと思います。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

『Rewrite』第11話 感想
第11話「カウントダウン」

冒頭で加島桜の設定をさらっと説明。
ここらへんは原作プレイ済みならともかく
初見組にとってはなんだか分かりにくそうな気も。
まー転写関連はラスト辺りでもまたやるんでしょうけど。

森でフラフラしてたちはやは傷付いたルチアを発見。
更に瑚太朗たちにも出会って一気に仲間が増えました。
ルチアの重傷も治せる篝ちゃんのリボンすごい。
しかし小鳥のアトリエ、もう一大戦力である。

加島桜が昏睡状態に陥ったことによって
朱音さんへの転写は一気に進んだ模様。
ルチアから受けた毒で死にかけていたミドウですが、
朱音さんから地竜を与えられ篝ちゃん確保へ向かうことに。
地竜の燃費の悪さを考えると死にかけのミドウじゃ
まともに動かせないような気がしますが…。

一方、小鳥たちはというとお風呂シーンを見せつつ、
ルチアの能力について改めて小鳥たちに説明。
コタさんに裸を見られた篝ちゃんが照れているところは
篝ちゃんの進化が分かりやすく感じられて良いですね。

しかし事態は篝ちゃんを巡ってのガイア、ガーディアン、
そして小鳥軍団との三つ巴大戦不可避な流れ。
地竜はミドウだけじゃなく3人で動かすのかな。
あの3人なら確かに地竜を動かすのも不可能じゃないかも。
森での地竜の行動を察知したガーディアンも
精鋭部隊を送り込んで次回は戦闘待ったなしですね。

分かりやすい展開だと静流を仲間に引き込んで
朱音さんを助け出して…って感じなんでしょうけど、
果たしてそうそう上手く行くのかどうか…。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック